マリーンズ流行語大賞に選ばれたレアード選手の「幕張寿司」

マリーンズ流行語大賞が「幕張寿司」に決定。レアード「めちゃくちゃウレシイ」

千葉ロッテマリーンズ

 千葉ロッテマリーンズ流行語大賞が「幕張寿司」に決まった。球団公式インスタグラム内にて11月11日から11月28日の期間に募集し1200件のコメントを元に2019マリーンズ流行語大賞選考委員会スタッフが決定した。

 アリゾナ・フェニックスの自宅で吉報を聞いたレアード選手は「幕張寿司さいGO(通常は「さあ、行こう」と「最高」の両方の意味だが、今回に関しては最高のみ)。めちゃくちゃウレシイ!ホンマにウレシイ!来年も沢山のスシを握れるようにガンバリマス!目標?日本一のスシ!個人的には通算200本塁打を達成したいね!来年も開幕から幕張寿司オープンだよ。カモン!」とコメントした。

 なお最終にノミネートされたのは次の通り。「ゴッドハンド」、「柿の種バッテリー」、「ホームランラグーン」、「THANK9」、「ガンバルガス」、「幕張寿司」、「東條登場」、「YES!マーティン」、「柿沼友哉エンジェル」、「オジマだよ!」。

 2019マリーンズ流行語大賞選考委員会は年間大賞決定の決め手について「非常に悩みましたが、やはり今回は年間大賞ということで一年間を通して使われた言葉とさせていただきました。レアード選手はマリーンズの選手として30本塁打を05年14年ぶりに達成。オールスターにはマリーンズの選手としては13年以来となるファン投票での選出になりました。なによりも開幕戦で逆転アーチを放ってベンチで握った寿司。そしてそこから4試合連続で寿司を握るなど今年のマリーンズを引っ張ってくれたのは幕張寿司だったと思います。さらにレアード選手の寿司ポーズがご縁となって北辰水産様が一、三塁のベンチ上に寿司の看板を設置していただくなど話題となりましたし、球場で販売をしたレアード選手の幕張寿司は大変な人気を博し、寿司関連グッズも沢山、誕生しました。それらの要素を含めて栄えある初代マリーンズ流行語大賞は幕張寿司とさせていただきます」と解説した。

クラブ名
千葉ロッテマリーンズ
クラブ説明文

球団に関するニュース、球団広報によるコラム、オフィシャルライターによるチームのこぼれ話や球団情報をお届けします。お楽しみに!!

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント