IDでもっと便利に新規取得

ログイン

進化を示す

<国内男子ゴルフ>小林伸太郎が今季初の決勝ラウンドで示す成長の跡

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

■国内男子ゴルフ/賞金レースとシード権争い「カシオワールドオープン」(11月28日〜12月1日、高知県安芸郡芸西村・kochi黒潮カントリークラブ)」29日・大会2日目

まさに大逆転のシード復活を目指す小林伸太郎が、2日目も67を並べて通算10アンダーで首位と2打差の単独首位に立った。

前日の大雨からすっきりとした晴れ間が戻ったコースで、序盤から、一気に上昇の契機をつかんだ。

この日は、ティが前に出された2番のパー3は、実測175ヤード。奥のピンに対して7Iで攻めて、ピン右4メートルに。
このチャンスを沈めて、弾みがついた。
そこから、たて続けにピンに絡めて4連続バーディで、波に乗った。

プロ8年目の16年に、やっと得た初シードもすぐ翌年に手放し、それから苦節3年。
今年はレギュラー二部の「AbemaTVツアー」で、自身のゴルフを再構築した。
「コーチと掲げた目標が、1回すべてを見直してみよう、ということ。今までのこだわりを見直して、本当に必要なことにチャレンジしてみた」という。

幸いにもレギュラーツアーでシード権争いに奔走していたころにはなかった時間の余裕もあった。
「毎週、試合があると、取り組む時間がないが、今年はクラブやスイングに、時間をかけることができた。突貫工事じゃない分、しっかりとしたものができた」という。

今年は、AbemaTVツアーの「石川遼 everyone PROJECT Challenge」で、アマの杉原大河さんにプレーオフで敗れて「次の日に、ヘルペスができた」というほどの悔しさも味わったが、それもひとつの良い経験。

「遠回りではない。時間をかけて、成長することができたと思う。色んな角度から、ゴルフを見ることよって後退することなく、進化ができた。今はシードを持っていたころよりゴルフが上手いと断言できる」。
その真価を示すチャンス到来だ。

7月のセガサミーカップで、今季初出場も予選落ち。
それから今週までレギュラーツアーは出番がなく、獲得賞金はまだ0円。ランキングもついていない。

主催者推薦を受けて、今季2勝目が実現した今大会で、やっと今季初の予選通過を果たして、初賞金は約束されたが「1打に一生懸命だから、お金のことを考える余裕がないし、それが成功している」。
まさに無欲の一発大逆転はあるか。

関連リンク

クラブ名
日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
クラブ説明文

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント