©?CEREZO OSAKA

積み重ねてきた堅守とビルドアップを武器に、神戸から“シーズンダブル”を目指す

セレッソ大阪

シーズンも大詰めの今季のJ1リーグ。現在、勝点53で5位のセレッソ大阪は、勝点38で10位のヴィッセル神戸のホームに乗り込み、第32節を戦う。

神戸とは、開幕戦で激突。ボールを握られる時間こそ長かったが、組織的な守備で対応し、神戸にほぼ決定機を作らせずにいると、後半、山下達也(現・柏レイソル)が渾身のヘディングを叩き込み、1-0で勝利した。もっとも、当時から神戸は監督も変わり、夏には現ベルギー代表のトーマス フェルマーレンに元日本代表の酒井高徳、飯倉大樹とディフェンス陣を大幅に補強。「開幕戦のイメージはなくした方がいい」と古巣戦になる藤田直之も話すなど、陣容は様変わりしている。

戦い方も、「開幕戦で対戦したときはボールをつなぐ意識が高かったけど、いまは速い選手も前にいて、後ろからつなぐだけではなく、カウンターも鋭い」と神戸を分析するのは木本恭生。「自分たち守備陣はリスク管理をしっかりすることが大事になる」(木本)と試合を見据える。速さのある古橋亨梧やダヴド ビジャに対し、1本のパスで裏を取る形も狙ってくる神戸。セレッソとしては、アンドレス イニエスタやトーマス フェルマーレンらパスの出どころへの警戒は怠ってはならない。そして、何と言っても、昨季は桜の主将を務めていた山口蛍が相手にはいる。守備における寄せの速さや、精度の高い長短のパスといった武器だけではなく、今季は攻撃参加からゴールを陥れる決定力も発揮しており、セレッソとしては、要注意人物の一人であることは間違いない。

©?CEREZO OSAKA

ここまで神戸が奪った53得点はリーグ3位。セレッソとしては、守備に神経を使う一戦になりそうだが、どれだけボールを握って押し返す時間を作れるかもポイント。前節、決勝点を挙げた奥埜博亮も、「相手の隙を見つけていくこと、自分たちで相手の隙を作っていくことが大事になる」と“神戸攻略”を見据える。得点数が多い一方、失点数も上から3番目に多い神戸。「自分たちがボールを握って相手を走らせ、相手の攻撃的な選手たちに良さを出させない」(藤田)ことも重要な要素になるだろう。

新たなサッカーに取り組み、右肩上がりで歩んできた今季のセレッソ。その締めくくりは非常に重要だ。タレント揃いの神戸を相手に敵地で難しい展開を強いられる可能性もあるが、リーグ最少失点を誇る堅守、そして、積み上げてきたビルドアップや崩しの質を発揮し、開幕戦のリベンジを期す神戸を返り討ちにし、“シーズンダブル”を果たしたい。(文=小田尚史)

関連リンク

クラブ名
セレッソ大阪
クラブ説明文

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント