IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャンピングタイガー

<国内男子ゴルフ>虎つながりでウッズに奮起。踊る虎さん、歓喜のV3

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

■国内男子ゴルフ/「平和・PGMチャンピオンシップ」(11月7日〜10日、沖縄県国頭郡恩納村・PGMゴルフリゾート沖縄)」10日・最終日

踊る虎さんが、目下賞金1位に競り勝った。韓国のベテラン、崔虎星(チェホソン)がボギーなしの4アンダー「67」を記録。今平周吾との接戦を制した。

1差の単独首位で迎えた最終日は風が止み、穏やかに広がる沖縄の青空。「1ストロークの戦いになる」。昨年の若き賞金王との一騎打ちに「朝は緊張していた」と、ナーバスな幕開け。4番で早々に並ばれた。
8番ではついに逆転を許して、「今日5つは獲らないと、勝てない」と、腹を据えた。
11番のバーディで、再び首位を奪い返して右足立ち、左足立ちと身軽に、ほいほいっと体をひるがえして歓喜のステップ。

46歳だが「年齢は考えない。ゴルフへの情熱は、若い選手の何倍も強い」。
それでも春先に、いつも出遅れてしまうのはひどい花粉症のせいだ。
今年は疲れも重なった。
昨季、世界中に拡散したユニークなスイングと、愉快なパフォーマンスに各国ツアーからオファーが殺到。
推薦でペブルビーチプロアマなど米3戦と、欧州1戦に挑戦。3月には、ケニアのナイロビにも遠征した。
長時間の移動で腰などを痛めて前半期は予選落ちと棄権を3回ずつ重ねたが、「向こうの選手の集中力と練習量には驚いた。自分ももっと頑張らないと」。
奮起にさらに拍車をかけたのは、”虎つながり”のウッズの活躍だ。
先月の「ZOZOチャンピオンシップ」で、歴代最多に並ぶ82勝に感動。「やはりレジェンドですね」。
韓国の虎も負けられない。

前夜、シャワーを浴びるついでに、単独首位に立ったその日、着用した南国柄のシャツをジャブジャブ洗濯。
「明日も良いスコアで回れますように」。ゲンを担いで、最終日も同じウェアで臨んだ。
晴れ渡る沖縄の海には、故郷を重ねた。
生まれ育った港湾都市、浦項(ポハン)の実家は海岸線から30メートルと離れておらず、「風が吹くとすぐそこまで波が来て、子どものころはよく、玄関まで流れ込んだ砂を手でかき出したりしたものです」。
昨年11月にツアー2勝目を飾ったカシオワールドオープンも、美しい海を眺めるコースで「海には愛着がある」という。
19歳まで住んだ懐かしい海沿いの生家には、病床で吉報を待つ父。
「父親のトンマンは81歳になりますが、健康状態がよくない。なんとか優勝していい報告がしたかった」。
今平とタイで迎えた17番で、5メートルをねじ込んだ。
46歳が、若き賞金1位をそのまま2差で振りちぎった。

海の向こうのふる郷にも見えるよう、両腕で特大のガッツポーズを作った虎さん。
この1勝で、シーズン最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の出場権を、今年も手にして「選手として非常に光栄。今年も最後まで頑張ります」。
韓国のタイガースター(虎星)はまだまだ踊る、輝き続ける。

関連リンク

クラブ名
日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
クラブ説明文

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント