<Photo:Matt Roberts/Getty Images>

ニュースタイルの鈴木愛 圧倒的な存在感

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)

国内唯一の全米女子プロゴルフ協会公式戦。また、LPGAツアー第36戦『TOTOジャパンクラシック』(賞金総額1,500,000ドル、優勝賞金225,000ドル)大会第2日が11月9日、滋賀県大津市・瀬田ゴルフコース北コース(6,659ヤード/パー72)で行われた。この日も好調だったのは鈴木愛。通算12アンダーで、単独首位をキープした。2位は通算9アンダーのギャビー・ロペス。通算8アンダーの3位タイでハナ・グリーン、キムヒョージュが続く。渋野日向子は通算6アンダー、7位タイから逆転を目指す。(天候:晴れ 気温:16.4℃ 風速:1.4m/s)

 世界基準の闘争心で、鈴木愛が65をマークした。「スコアはまったく気にしていない。7アンダーとは知らなかった」。サラリといってのけたところが、かっこういい。7バーディー、ノーボギーの内容に、「1番からの3連続バーディーで、勝負のいい流れがつくれた。おかげで気持ちに余裕が出て、楽にプレーができたと思います」と語った。それにしても、15番のバーディー奪取は圧巻。9メートルをはかったように決めている。

 ただし、チャンスばかりではなかった。世界のトップを相手に、タフで長い18ホール。訪れるピンチも、強い意志ではねのけた。パー4の7番。第2打のライは、木の枝にスタイミーになっていた。直接、グリーンを狙えない。「つま先上りの、左足下がりでフェードはかけられない。だから、4Uで低く打ち出し、木の間を抜いた」という。プロフェッショナルのいい仕事だ。

 そのために練習を繰り返す。ピンチを想定して、クラブを握る。ただし、「この秋、左手のけがで休んでしまった。故障個所と相談しながらでから、練習量は以前とは比較にならない。今は、1/3程度です。というわけで、自分へあまり期待をしていない。無理をしないことで、最近は気持ちに余裕が出た。練習をしてうまくいかなければ、誰しも腹立たしくなる。だから、現状では、練習不足ですから、仕方がないと思うようになった」。複雑な胸中を吐露した。

 3打差のアドバンテージを握って最終日を迎える。「アメリカツアーの優勝スコアを、速報でチェックする。最終日、3アンダーはマストでしょう。5-6アンダーを出さないと優勝へ届かない。優勝って目標の先に待っているものですよね」。何やら達観した様子だ。故障は、精神面で補う。心技体の充実がオーラとなってコースへ漂う。

 振り返れば、前週から5日間連続で首位を渡していない。LPGAツアーで史上2人目の2週連続完全Vは目前だ。日本には鈴木愛がいる。誇らしい。(森谷 清)

クラブ名
日本女子プロゴルフ協会(LPGA)
クラブ説明文

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が運営する公式サイトです。女子プロゴルフツアーのスケジュールをはじめ、試合速報、選手のスタッツ、各大会の最新ニュースやクォリファイングトーナメント(QT)、プロテスト、レッスンの情報などを配信中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント