軍記ひろし

【フットサル 第18節/名古屋×大分】均衡した展開になったアウェイでの首位攻防戦。「お互いに勝つチャンスがあるゲームができたことは良かった」(大分 伊藤雅範監督)

SAL

9月15日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第18節 名古屋オーシャンズ対バサジィ大分が武田テバオーシャンアリーナで行われた。

首位・名古屋のホームに乗り込んでの一戦は、前半3分に早くも失点を喫してしまう。それでも、崩れることはなく均衡した試合展開で攻め続け、シュートを6本放つがゴールは決まらず前半戦が終了。

1点ビハインドで迎えた後半、前半戦のように名古屋のゴールを脅かすが最後を決めきれない。そんな展開が続いていると、36分にGKの岩永汰紀が相手のシュートをエリアから少し出たところで手で触れてしまい、決定機阻止の判定で退場に。

このFKを決められ2点を追う展開に。そして大分はパワープレーを仕掛け、ゴールチャンスを作りにいくが時間は尽きてしまい、試合終了。名古屋との勝ち点差が4に離れる結果になってしまった。

名古屋との勝ち点差は4に

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──試合を振り返って。


ゲームとしては「これが名古屋オーシャンズ」というゲームだったと思います。お互いに勝つチャンスがあるゲームができた、そこに関しては良かったのではない感と思います。

──拮抗した展開の中、無得点に終わってしまった要因は?

名古屋を相手に多くのチャンスを作るのは難しいです。その少ないチャンスを決めることはできなかったし、1点目、最初の時間帯に圧力に押されてしまったのもある。2点目、少し、僕たちにとっては不運な失点になってしまったかなと。それについては別に誰かを批判するとかではなく僕らからしたら少し不運だったかなと。

──勝ち点差が4に開いたが、残りのシーズンをどう過ごすか?

まだバサジィ大分の監督としてやるべきことはチームをプレーオフに連れていくこと。それをしっかりと達成できるように、チームを導いていきたいと思います。

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント