©J.LEAGUE

悲願の初優勝に向けて突き進むFC東京。昨季との違いで見えた強さの秘訣とは?【Jリーグ】

Jリーグ

第22節まで終えた今季の明治安田生命J1リーグで、圧倒的な強さを示しているFC東京。ここまで15勝3分4敗で勝点48を獲得し、2位の鹿島に7ポイント差をつけて首位を独走している。

悲願の初優勝に向けて突き進むFC東京の強さの秘訣とは何か?昨季のデータと比較しながら、その理由を紐解いていく。

下の表は今季22節までと昨季全日程終了時との得点パターンと失点パターンを比較したもの。FC東京が際立って伸ばしているのが、カウンターでの得点だ。昨季から増やした1試合平均得点0.4点のうち、0.29点はカウンターによるもので、とりわけショートカウンターでの得点率を高めている。1試合平均0.32点はリーグトップの数字であり、この攻撃パターンこそが、今季のFC東京の肝となっている。



一方失点パターンを見ていくと、セットプレーからの失点を大幅に減らしていることが分かる。セットプレーでの失点はここまでわずかに2つのみ。このポイントの改善が、リーグ最少の堅守を実現する要因となっている。



優勝に向けて不安があるとすれば、アウェイゲームのデータだ。昨季はホーム、アウェイともにほぼ同様のスタッツだったが、今季はホームとアウェイとの数字に大きな隔たりが生じている。

なかでも得点の数が格段に少なく、得意とするカウンターでの得点がわずかに1点のみ。その原因はボール奪取のエリアに見出せる。アウェイのほうがボールを奪う位置が低くなっており、ショートカウンターを発動させることが難しくなっていると言えそうだ。



FC東京は、ラグビーワールドカップ開催の影響によりホームの味の素スタジアムを使用できず、第24節から第31節までをアウェイで戦うことになる。この過酷なアウェイ8連戦で、どれだけ勝点を積み上げることができるか。アウェイでの得点力をホームと近いレベルにまで引き上げることが、初優勝のポイントとなるかもしれない。

データ提供:データスタジアム

関連リンク

クラブ名
Jリーグ
クラブ説明文

公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が運営するJリーグの公式サイトです。日程、結果、順位表、試合の速報などの試合に関連する情報はもちろん、Jリーグに最近興味を持った人から毎週末スタジアムに足を運ぶ熱狂的なファン・サポーターまで、みなさんにJリーグをもっと楽しんでいただける様々なコンテンツを掲載しています。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント