2021年6月13日

3回東京4日 曇り 15:45

前へ

11R

エプソムカップGIII

次へ

直前情報

  • 11プレシャスブルー
    昨年は新潟大賞典で3着。前走の福島民報杯も2着と活躍。柴田善騎手も「状態はいいと思う」と語っており、7歳にして衰えを見せていない点は好感が持てる。ただ、過去10回の当レースで7歳以上は(0.0.2.46)と苦戦。直線のスピード勝負では若い馬に分がある。雨が降って時計が掛かれば。
  • 12マイラプソディ
    デビューから3連勝で京都2歳Sを制し2〜3歳時はクラシックで期待されたが、共同通信杯4着で底が割れてからは苦戦。近2走は古馬相手のリステッド競走で5着と2着に善戦している。一応の格好は示しているが、いずれも人気より下の着順で及第点と言える。重賞で好走するにはもうワンパンチ足りないか。
  • 23ヴェロックス
    2〜3歳時は皐月賞2着、日本ダービー3着と活躍も古馬になって伸び悩み。好走は2走前の中日新聞杯3着しかない。戦歴から荒れた馬場が苦手で前走の日経新春杯も内の荒れた馬場を通った分、直線では伸びを欠いた。週末の東京競馬場は雨の可能性もあり、当日の天気には注意したい。スピード活かせる状況なら巻き返しも。
  • 24セダブリランテス
    デビューから3連勝で重賞勝利など素質はあったが怪我に悩まされ、8歳にしてキャリアはまだ8走。前走の六甲Sはおよそ1年ぶりの出走となった。田中助手は「中間はコースで2本追えており、前走よりいい」とコメント。能力さえ発揮できれば通用するのは間違いないが。7歳以上は過去10年で(0.0.2.46)。
  • 35エアアルマス
    久しぶりの芝戦となった前走の京王杯SCは10着に敗戦。現状、芝では3勝クラスを勝てなかった身なので、慣れが見込める続戦とはいえ重賞では荷が重い。それでいて58kgを背負っているのもマイナス。過去10回の当レースで57.5kg以上の馬の成績は(0.1.1.7)と苦戦している。当日雨でも降れば。
  • 36ヒュミドール
    近走はステイヤーズS5着、ダイヤモンドS5着、日経賞4着と長距離戦で活躍。前走は2000mの新潟大賞典に出走するも11着に敗れており、1800mへのさらなる短縮は疑問。実際、過去10回の当レースにおいても距離短縮組は(2.3.5.47)と同距離、延長組に劣っている。馬場が渋ってスタミナ問われれば。
  • 47ファルコニア
    川田騎手がヴェロックスではなくこちらに騎乗。昨年は京都新聞杯でアドマイヤビルゴに先着して3着。近3走は条件戦で2、1、1着と好走しオープンクラスに昇級した。ただ、過去10回の当レースで前走3勝クラスからの参戦は(0.1.1.6)と勝利無し。重賞初挑戦ではないとはいえ苦戦傾向なのは頭に入れておきたい。
  • 48アルジャンナ
    クラシックで期待を集めていた馬も、脚元の不安で思うような成果をあげられなかったが、復帰戦の洛陽Sを叩いて前走のマイラーズCで2着に好走。勝ち馬ケイデンスコールとは0.2秒差も、直線で進路を探すシーンがありまともならという手応え。やはり素質は高く、2歳時にコントレイル相手に2着した舞台で重賞制覇へ。
  • 59ヤシャマル
    条件戦を3連勝でオープンに昇級。尾形師も「馬体重の変化を見ても成長力がすごいし、すこぶる順調」と唸るように昨年暮れから10kgも増加。それに伴い調教も良くなっており、最終追い切りでは美浦坂路で4ハロン52.9秒、ラスト1ハロン11.9秒と好時計を記録。昇級組は苦戦も勢いは無視できない。
  • 510ワンダープチュック
    今年で7歳となるが4走前に3勝クラスを突破。オープンクラスでは前走メイSで4着に善戦している。最終追い切りは栗東坂路で4ハロン51.6秒の好時計を記録しており、河内師も「休み明けを使った上積みはありそう」と好感触。とはいえ、7歳以上は過去10年で(0.0.2.46)。さすがに厳しいか。
  • 611ニシノデイジー
    2歳時こそ重賞2勝にG1を3着と活躍したが、結局2歳を最後に好走は無し。特に古馬との戦いとなってからは掲示板すら載れていない。高木師は「今回はブリンカーを着用。調教では効果があった」と語っており、2歳時のポテンシャルを考えれば馬具効果で一変に期待する手はあるが。
  • 612ミラアイトーン
    近3走はリステッド競走で全て3着。いずれも1600mで、菊沢師は「マイル戦では決め手不足なので1800mで改めて」とコメントしている。距離延長組は過去10年で(4.3.2.35)と好成績で、1600mは(3.3.2.29)とさらに優秀。複勝回収率も100%を超えている。7歳以上は不振も臨戦過程は○。
  • 713サトノフラッグ
    昨年の菊花賞3着馬も古馬との戦いとなった近2走はAJCC11着、金鯱賞7着。いずれも人気以下の成績に敗れている。国枝師も「もう少しピリッとして欲しい」とトーンは高くない。過去10年の当レースで4歳馬が(7.6.3.17)と好成績を収めており、重賞で敗れた馬でも巻き返してはいるが...。
  • 714ガロアクリーク
    昨年の皐月賞3着馬。ただし、この世代はコントレイルが大阪杯で3着と一応の格好は示したが全体的に低調。古馬との対戦となった2走前のディセンバーSは1番人気に推されるも3着に敗戦している。過去10年の当レースで4歳馬が(7.6.3.17)と好走の大半を占めるが、今年は危険な可能性も。
  • 715ザダル
    前走は昨年の毎日王冠で3番人気に支持されるも5着に敗れた。今回は半年以上の休み明けとなる一戦で、このパターンは過去10年で(0.0.0.8)と苦戦している。ほとんどが二桁人気馬とはいえ、最高着順が9着と善戦すらできていないのは気になる材料。大竹師は「久々でも態勢は整った」と語るが。
  • 816シュリ
    近3走でリステッド競走を2勝。重賞の京都金杯も勝ち馬ケイデンスコールから0.3秒差の5着とG3クラスなら十分勝ち負けの能力を有する。池江師は「トモがしっかりしてきて成績も安定」と語り、ここまで大事に使われてきた結果が今につながっている。デムーロ騎手はこのレース(0.2.0.1)と好成績。
  • 817アドマイヤビルゴ
    セレクトセールで5億8千万の値が付いた高額馬。オープンまで駒を進めたが、重賞は3度挑戦しいまだ3着内はない。小柄な馬で線の細さが課題だが、藤本助手は「体の数字は変わらないが、中身が詰まって筋肉量が増えてきたように思います」とコメント。3度の重賞はG2以上で、G3クラスなら通用するレベルにはあるか。
  • 818アトミックフォース
    昨年は5着に善戦。前走のメイSも3着に好走するなど東京競馬場では安定している。その前走は武藤師曰く「途中で絡まれてペースを乱されたのが痛かった」との事。近走は馬体重が安定しておらず5走前は460kg台、4走前は490kg台。470〜480kg台だと安定しているので当日の体重が要注意だろう。

提供:競馬最強の法則WEB

6月13日(日)

種目一覧