第39回大阪国際女子マラソン

2020/1/26(日)12:10

松田瑞生が設定記録クリアで優勝 五輪代表へ前進

${title.title}

${thead.title01} ${thead.title02} ${thead.title03} ${thead.title04}
${item.rank} ${player.name} ${player.name} ${item.text03.name} ${item.text03.name} ${item.text04.point} ${item.text04.point_sub}

※タイムは速報値

総括

設定記録を突破した松田瑞生。五輪女子マラソン最後の代表枠、最有力候補に躍り出た【写真は共同】

 第39回大阪国際女子マラソン大会が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居を発着点とする42.195キロのコースで行われ、松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分47秒(速報値)で2年ぶり2度目の優勝。東京五輪代表の派遣設定記録となる2時間22分22秒を切った松田は、3月の名古屋ウィメンズマラソンでこのタイムを上回る選手が出なかった場合、東京五輪女子マラソンの代表に内定する。

 東京五輪のマラソン代表残り1枠を巡る争いとなるMGCファイナルチャレンジの対象となった今レース。ペースメーカーがハイペースでレースをつくる中、序盤は松田、福士加代子(ワコール)、小原怜(天満屋)が先頭集団につける。しかし17キロで小原が遅れると、中間点付近から福士がペースダウンし、25キロすぎで途中棄権。松田は24キロすぎに先頭集団から抜け出すと、並走していたミミ・ベレテ(バーレーン)を31キロすぎで引き離し独走。そのままゴールテープを切った。

テキスト速報

  • スタート前

    5大会連続の五輪を目指す福士加代子(ワコール)や小原怜(天満屋)、松田瑞生(ダイハツ)らがスタートラインに並んで号砲を待つ。

  • スタート

    全選手が一斉にスタート。現地の天候は晴れ。気温10.2度、湿度62%、南南西の風0.6メートル。

  • 1.0キロ

    3分18秒で先頭集団が通過。ペースメーカーの新谷仁美(東京陸協)や招待選手などが先頭集団でレースを展開し、ヤンマ―スタジアム長居から大阪市街へ飛び出した。

  • 4.0キロ

    海外からの招待選手に交じり松田、小原らが先頭集団の前方でレースを引っ張る。

  • 5.0キロ

    先頭の松田らが16分36秒で通過。フィニッシュ予想タイムは2時間20分05秒とハイペースでレースが進む。先頭集団の中には福士、谷本観月(天満屋)、竹地志帆(ヤマダ電機)らの姿も見える。

  • 7.0キロ

    ハイペースでレースは進行。ミミ・ベレテ(バーレーン)、ボルネス・ジェプキルイ(ケニア)、昨年のレースを制したファツマ・サド(エチオピア)らも先頭集団につける。竹地が先頭集団からやや離される。

  • 9.0キロ

    10人となった先頭集団が通過。ぺースメーカーの新谷が松田に声をかける。

  • 10.0キロ

    先頭の松田、谷本、小原、福士らが33分07秒で通過。フィニッシュ予想は2時間19分44秒。代表入りの条件の一つとなる2時間22分22秒を大きく上回るペース。直後の給水地点では松田が他の選手と交錯しそうになるも、無事スペシャルドリンクを手にする。

  • 12.0キロ手前

    谷本が先頭集団から遅れる。谷本は辛そうな表情を見せる。

  • 12.0キロ

    ペースメーカーの新谷が役割を終えレースから離脱。新谷は選手たちに身振り手振りでエールを送る。

  • 13.0キロ

    この1キロは3分18秒と依然としてハイペースを刻む。先頭集団後方につける福士には笑みが見える。

  • 15.0キロ

    先頭が49分44秒で通過。フィニッシュ予想は2時間19分53秒。先頭集団の日本人選手は松田、福士、小原の3人。海外招待選手はハフタムネッシュ・テスファイ(エチオピア)ら6人。9人がかたまりとなってレースが進行。10位の谷本は50分02秒で通過。

  • 17.0キロすぎ

    小原が先頭集団から離され始める。

  • 19.0キロすぎ

    先頭集団の8人が中之島エリアに差し掛かる。給水地点で松田、福士がドリンクを手にする。

  • 20.0キロ

    先頭集団の松田らが1時間06分17秒で通過。フィニッシュ予想は2時間19分50秒。先頭集団からやや遅れた福士は1時間06分21秒で通過。8位福士、9位小原の差は16秒。

  • 中間点

    先頭の松田が1時間09分54秒で通過。依然として速いペースを刻む。福士は先頭の松田から10秒遅れる。

  • 折り返し

    先頭の松田らが地元の声援を受け、道頓堀橋南詰の折り返し地点を駆け抜ける。苦しそうな表情を見せる福士は、先頭から22秒差で通過。

  • 24.0キロすぎ

    先頭集団から松田とベレテが抜け出す。

  • 25.0キロ

    先頭の松田とベレテが1時間22分52秒で通過。フィニッシュ予想は2時間19分51秒。

  • 25.0キロすぎ

    福士が途中棄権。

  • 28.0キロすぎ

    先頭の松田、ベレテが大阪城公園を駆け抜ける。松田はしっかり腕を振り、快調にペースを刻む。

  • 30.0キロ

    先頭の松田とベレテが1時間39分51秒で通過。フィニッシュ予想は2時間20分26秒とペースが落ちるが、依然として東京五輪代表の派遣設定記録となる2時間22分22秒を切るペース。シンタエフ・レウェテン(エチオピア)が追い上げ、松田らとの差を4秒に縮める。日本人は小原が8位、谷本が9位で続き、松田との差は小原が2分35秒、谷本が4分00秒。

  • 31.0キロすぎ

    松田が仕掛け、ベレテを引き離す。

  • 33.0キロすぎ

    先頭の松田がやや苦しそうな表情を見せるも、懸命に腕を振る。

  • 35.0キロ

    先頭の松田が1時間56分45秒で通過。フィニッシュ予想は2時間20分45秒。後続は並走するレウェテンとベレテが7秒遅れで追いかける。日本人2位の小原は2時間00分49秒で通過。

  • 38.0キロ

    松田が後続を引き離し、先頭を独走する。

  • 40.0キロ

    松田が2時間14分10秒で通過。フィニッシュ予想は2時間21分31秒。沿道から大きな声援がとぶ。

  • フィニッシュ

    大歓声を背にヤンマースタジアム長居に入った松田が、2時間21分47秒でフィニッシュ。東京五輪代表の派遣設定記録となる2時間22分22秒を切り、五輪代表へ大きく前進。2位にはベレテ、3位にはレウェテンが続く。日本人2位は山口遥(AC・KITA)で2時間26分35秒、同3位は田中華絵(資生堂)で2時間27分51秒でゴールテープを切る(※タイムは速報値)。

関連リンク