2019-20 NHK杯・女子FS

2019/11/23 16:50開始

コストルナヤが優勝、紀平は2位

順位表

${item.title}
${item.list_title_name} ${item.list_title_name} ${title.number} ${title.sub}

※各得点項目をタップで降順表示になります。

総括

【写真:坂本清】

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦となるNHK杯が23日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われた。

女子フリースケーティングでは、ロシアのアリョーナ・コストルナヤが154.96点をたたき出し、合計240.00点で優勝。紀平梨花は151.95点(合計231.84点)で2位となり、GPファイナル進出を決めた。横井ゆは菜は4位、山下真瑚は5位だった。

テキスト速報

12:カレン・チェン

【写真:坂本清】

カレン・チェン(米国)の演技がスタート。
曲は「イルミネーション」。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

冒頭の3ルッツは高さもありきれいに着氷。続く3フリップはやや回転不足か。2アクセル+3トウループは2つ目のトウループがシングルになると、続く3サルコウはダブルに。2アクセル+1オイラー+3サルコウの3連続は2アクセルで乱れ、連続にならず。3ルッツ+2トウループは、3ルッツでバランスを崩しコンビネーションにできず。最後の3ループは転倒。最後は音楽に合わせた美しいスピンで演技をまとめた。演技後は浮かない表情。

合計点は165.70点。FSの得点は98.49点。

11:アリョーナ・コストルナヤ

【写真:坂本清】

アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)の演技がスタート。
曲は「トワイライト」より。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

冒頭の3アクセル+2トウループは高さもありきれいに着氷。続く3アクセルは飛び上がるタイミングが合わず着氷が乱れた。3ループはきれいに着氷。音楽に合った伸びやかなステップシークエンスから、3フリップ+3トウループのコンビネーションはきれいに着氷。3フリップ+1オイラー+3サルコウの3連続も着氷させると、リズミカルなステップから、最後の3ルッツも流れのある着氷。演技後は少し納得のいかない表情を浮かべた。

合計点は240.00点。FSの得点は154.96点。

10:紀平梨花

【写真:坂本清】

紀平梨花(日本)の演技がスタート。
曲は「International Angel of Peace」より。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

冒頭は4サルコウの予定だったが3サルコウに。3アクセル+2トウループのコンビネーションはきれいに着氷。3ルッツは両手を上げた流れのある着氷。スピンを挟んで、2本目の3アクセルも着氷。後半の3フリップ+3トウループのコンビネーションも着氷させると、2アクセル+2トウループ+2ルッツの3連続を着氷。最後の3ループも両手を上げて着氷。演技後は片手でガッツポーズ。会場からは大歓声が送られた。

合計点は231.84点。FSの得点は151.95点。

9:イム・ウンス

【写真:坂本清】

イム・ウンス(韓国)の演技がスタート。
曲は「サブリナ」より。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

3ルッツ+3トウループは3ルッツで転倒しコンビネーションにできず。続く3ループもバランスを崩す。2アクセル+3トウループ3フリップは2アクセルに。3サルコウは着氷。3フリップ+2トウループ+2ループの3連続は2ループをつけられず。2アクセルは勢いをつけられず転倒。演技後は膝をつき、涙も見られた。

合計点は172.47点。FSの得点は107.19点。

8:アリーナ・ザギトワ

【写真:坂本清】

アリーナ・ザギトワ(ロシア)の演技がスタート。
曲は「奇跡の始まり」ほか。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

冒頭の3ルッツ+3ループをきれいに着氷させると、続く2アクセル+3トウループのコンビネーションも着氷。3サルコウは両手を上げて着氷し、2アクセルも流れのある着氷。後半の3ルッツを着氷させると、3フリップ+2トウループ+2ループの3連続も着氷。最後の3フリップも両手を上げて着氷。リズミカルな音楽に合わせたステップで場内からは手拍子。

合計点は217.99点。FSの得点は151.15点。

7:山下真瑚

【写真:坂本清】

山下真瑚(日本)の演技がスタート。
曲は「「セント オブ ウーマン」より」。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

冒頭の3ルッツ+3トウループはスピードもありきれいに着氷。続く2アクセルも着氷させると、3ループも着氷。3サルコウ+2トウループ+2ループの3連続を着氷させると、3ルッツ+3トウループのコンビネーションもきれいに着氷。3フリップも着氷させ、最後の2アクセルも高さもあり着氷。ジャンプの構成はすべて予定通りに。伸びやかなステップで会場を魅了した。演技後には笑顔がこぼれた。

合計点は189.25点。FSの得点は123.55点。

6:スター・アンドリュース

【写真:坂本清】

スター・アンドリュース(米国)の演技がスタート。
曲は「サロメの舞 七つのヴェールの踊り」。
<男子FSは安藤美姫がリアルタイム解説!>

冒頭はコレオシークエンスから入る構成。3トウループ+3トウループは、1つ目のジャンプでエッジが引っかかりコンビネーションにならず。3ルッツはバランスを崩し転倒。
3ループ+2トウループは、両手を上げて着氷。2アクセル+1オイラー+3サルコウの3連続は着氷するも、やや回転不足か。続く3ループも回転が足りず。ジャンプはやや乱れが見られた。最後はスピンで演技をまとめた。

合計点は166.72点。FSの得点は107.80点。

5:横井ゆは菜

【写真:坂本清】

横井ゆは菜(日本)の演技がスタート。
曲は「オペラ座の怪人」。

冒頭の2アクセルをきれいに着氷させるも、続く3ルッツはダブルに。音楽に合った伸びやかなステップから、3ループはきれいに着氷。3フリップも着氷させると、3サルコウ+3トウループもきれいに着氷。3ルッツ+2トウループを着氷させると、最後の2アクセル+3トウループ+2トウループの3連続は2つ目のトウループがダブルに。後半の連続ジャンプをすべて着氷させ、会場から拍手が送られた。

合計点は189.54点。FSの得点は126.87点。

4:ソフィア・サモドゥロワ

【写真:坂本清】

ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)の演技がスタート。
曲は「ムーランルージュ」より。

冒頭の3フリップ+3トウループは片手を上げ着氷。3ルッツも着氷させると、3ループも片手を上げ流れのある着氷。ステップでたっぷりと魅せると、3フリップも着氷。続く2アクセル+3トウループのコンビネーションも着氷させると、3サルコウ+2トウループ+2ループの3連続も片手を上げ着氷。最後の2アクセルも着氷させ、ジャンプはすべて予定通りに。最後はキレのあるスピン、ステップで演技を終えた。

合計点は183.27点。FSの得点は119.42点。

3:ミーガン・ウェッシンバーグ

【写真;坂本清】

ミーガン・ウェッシンバーグ(米国)の演技がスタート。
曲は「Prelude」ほか。

冒頭の3ルッツは両手を上げて飛ぶもダブルに。3トウループは転倒。3サルコウ+2トウループは、3サルコウで着氷が乱れコンビネーションにできず。悪い流れを断ち切れず、続く2アクセルはシングルに。3トウループ+2トウループ+2ループの3連続はきれいに着氷。続く3サルコウは2サルコウ+2トウループのコンビネーションにしリカバリー。最後の2アクセルは転倒。演技後の表情には陰りが見られた。

合計点は131.73点。FSの得点は86.95点。

2:マエベレニス・メイテ

【写真:坂本清】

マエベレニス・メイテ(フランス)の演技がスタート。
曲は「Hometown Glory」。

2アクセル+3トウループは高さもありきれいに着氷。3ルッツ+2トウループは、3フリップは着氷。単独の3ループは着氷させるも、3サルコウ+1オイラー+2サルコウは、3サルコウでバランスを崩し手をついてしまう。続く3ルッツでも転倒。最後の2アクセルに2トウループをつけコンビネーションに。後半のジャンプにはやや疲れが見られた。

合計点は159.98点。FSの得点は110.21点。

1:カイラニ・クレイン

【写真:坂本清】

カイラニ・クレイン(オーストラリア)の演技がスタート。
曲は「レクイエム フォー ドリーム」より。

冒頭の3フリップは着氷するも、やや回転不足か。3ルッツ+2トウループのコンビネーションは着氷。2アクセル+1オイラー+3サルコウも着氷させ、3ループも着氷。前半のジャンプはすべて構成通り。後半最初の3ルッツを着氷させると、3ループ+2トウループのコンビネーションも着氷。最後の2アクセルも着氷させ、音楽に乗ったステップ、スピンを丁寧にこなし演技を終えた。演技後は笑顔。

合計点は165.46点。FSの得点は109.64点。

見どころ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦となるNHK杯は23日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われる。女子フリースケーティング(FS)には日本から紀平梨花、山下真瑚、横井ゆは菜が出場する。

22日に行われたショートプログラム(SP)では、紀平が79.89点で2位発進。山下は5位に入った。FSでも良い演技を見せ、GPファイナル進出を決めたい。

リアルタイム解説とは?

【©️sunao noto】

NHK杯男子SP、FSの演技を、指導者や振り付け師としても活躍する安藤美姫さん(写真)が解説。演技のポイントや選手の状態についてなど、フィギュアをより楽しむための情報をお届けします。
お楽しみに!

関連リンク

安藤美姫のリアルタイム解説を見るならスポーツナビアプリ(無料)

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。