2019-20 NHK杯・男子SP

2019/11/22 19:05開始

羽生が首位発進 島田は6位、山本は7位

順位表

${item.title}
${item.list_title_name} ${item.list_title_name} ${title.number} ${title.sub}

※各得点項目をタップで降順表示になります。

総括

【写真:坂本清】

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦となるNHK杯は22日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナで男子ショートプログラムが行われた。

男子ショートプログラム(SP)では、羽生結弦が唯一の100点台となる109.34点で首位発進。フランスのケビン・エイモズが91.47点で続き、3位にはロシアのセルゲイ・ボロノフがつけた。島田高志郎は6位、山本草太は7位から巻き返しを狙う。

テキスト速報

12:アレクセイ・ビチェンコ

【写真:坂本清】

アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)の演技がスタート。
曲は「Words」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の3アクセルはシングルに。4トウループ+3トウループの予定も、4トウループで転倒しコンビネーションにできず。最後の3ルッツに2トウループをつけてリカバリー。壮大な音楽を力強く表現し演技をまとめた。

得点は61.97点。

11:羽生結弦

【写真:坂本清】

羽生結弦(日本)の演技がスタート。
曲は「秋によせて」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4サルコウは余裕のある着氷。続く3アクセルも流れのある着氷を見せ、最後の4トウループ+3トウループのコンビネーションもきれいに着氷。ステップやスピンも高い表現力で魅せた。クリーンな演技に会場からは大歓声。

得点は109.34点。

10:ジェイソン・ブラウン

【写真:坂本清】

ジェイソン・ブラウン(米国)の演技がスタート。
曲は「I Can’t Go On Without You」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の3フリップはきれいに着氷。続く3アクセルは直前に失速し転倒。3ルッツ+3トウループは、3ルッツで転倒しコンビネーションにできず。しっとりとした音楽を情感たっぷりに魅せた。演技終了後はうつむく場面も。

得点は73.73点。

9:ケビン・エイモズ

【写真:坂本清】

ケビン・エイモズ(フランス)の演技がスタート。
曲は「The Question Of U」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4トウループは着氷が乱れるもこらえた。3ルッツ+3トウループのコンビネーションはきれいに着氷。最後の3アクセルは高さもあり、流れのある着氷。音楽にマッチしたアクロバティックな振り付けで魅せた。会場からは歓声も。

得点は91.47点。

8:セルゲイ・ボロノフ

【写真:坂本清】

セルゲイ・ボロノフ(ロシア)の演技がスタート。
曲は「Somebody to Love」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4トウループ+3トウループはきれいに着氷。単独の3ルッツも余裕のある着氷。最後の3アクセルも着氷。曲調に合わせた力強いステップで会場を魅了した。最後はガッツポーズ。

得点は88.63点。

7:樋渡知樹

【写真:坂本清】

樋渡知樹(米国)の演技がスタート。
曲は「Love Runs Out」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4トウループはこらえるも膝をついてしまう。3アクセルは軸が乱れ転倒。3ルッツ+3トウループのコンビネーションは着氷。リズミカルな曲調に合わせたステップ、スピンに会場からは手拍子。

得点は64.54点。

6:島田高志郎

【写真:坂本清】

島田高志郎(日本)の演技がスタート。
曲は「Stay」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の3アクセルはきれいに着氷するも、4トウループは軸が傾き転倒。最後の3ルッツ+3トウループはきれいに着氷。ステップではバランスを崩し転倒してしまうアクシデントも。演技終了後は思わず頭を抱えた。

得点は75.98点。

5:マーカー・イグナトフ

【写真:坂本清】

マーカー・イグナトフ(ロシア)の演技がスタート。
曲は「In This Shirt」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

4サルコウ+3トウループは高さもあり、きれいに着氷。続く4トウループもきれいに着氷するも、最後の3アクセルで転倒。ゆったりとした伸びやかなステップと、力強いスピンで演技を終えた。

得点は78.47点。

4:山本草太

【写真:坂本清】

山本草太(日本)の演技がスタート。
曲は「エデンの東」より。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4サルコウ+3トウループは着氷。続く4トウループはダブルに。最後の3アクセルはやや着氷が乱れるもこらえた。ゆったりとした音楽に合った丁寧なステップで演技を終え、会場からは歓声が上がった。

得点は74.88点。

3:コンラド・オルゼル

【写真;坂本清】

コンラド・オルゼル(カナダ)の演技がスタート。
曲は「In My Blood」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4フリップ+3トウループは、4トウループで転倒。4ルッツを3ルッツ+3トウループに変更しリカバリー。最後の3アクセルを着氷。長身を生かしたダイナミックなステップで魅せた。

得点は70.35点。

2:アントン・シュレポフ

【写真:坂本清】

アントン・シュレポフ(ロシア)の演技がスタート。
曲は「Call Out My Name ほか」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の3フリップは着氷。3アクセルは高さもあり余裕のある着氷。最後の3ルッツ+3トウループのコンビネーションはやや回転不足か。スピンで引っかかるアクシデントはあったが、リズミカルなステップで演技をまとめた。

得点は71.76点。

1:ロマン・サドブスキ

【写真:坂本清】

ロマン・サドブスキ(カナダ)の演技がスタート。
曲は「Fly Me to the Moon」。
<安藤美姫のリアルタイム解説はこちら!>

冒頭の4サルコウは単独になるもきれいに着氷。3アクセルは着氷がやや乱れる。3ルッツはリカバリーを狙うも、シングルトウループに。ゆったりとした音楽に合った伸びやかな演技を見せた。

得点は78.51点。

リアルタイム解説とは?

【©️sunao noto】

NHK杯男子SP、FSの演技を、指導者や振り付け師としても活躍する安藤美姫さん(写真)が解説。演技のポイントや選手の状態についてなど、フィギュアをより楽しむための情報をお届けします。
お楽しみに!

関連リンク

安藤美姫のリアルタイム解説を見るならスポーツナビアプリ(無料)

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。