マラソングランドチャンピオンシップ

2019/9/15(日)8:50

中村と服部が東京五輪代表内定 大迫は3位

ゴール - 解説

暑い中でのレースを制したのは、富士通の中村匠吾だった。その勝因を、八木氏はどう分析する?【最新の解説はアプリで公開中!】

全ランキングを見るならスポーツナビアプリ(無料)

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 10.0以上
Android 4.4以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

15キロ - 解説

集団から山本憲二選手と神野大地選手が飛び出し、井上大仁選手らがついていきました。神野選手はちょっと力を使っているのか、肩甲骨が大きく揺れているのが気になります。上りが得意な選手ですから、最後まで温存していきたいですね。(八木氏)【最新の解説はアプリで公開中!】

  • 山本選手、服部選手が軸に?

    服部勇馬選手のフォームが前傾姿勢で頭の位置が変わらず、とても綺麗です。終盤のロングスパートには絶対の自信を持っているはずですし、期待できそうです。山本選手は太ももを使った走りなので、ラストの上りまでもつれるようなことがあればおもしろいですね。太ももを使った走りは体が浮かず、パワーで押していけるのが特徴です。(八木氏)
  • 集団の中で心理戦が

    現状では前を追うという心理より、少しでも可能性を残しつつも集団の中での駆け引きが中心になっているように感じられます。乱してみる選手、じっと消耗を避ける選手、好不調の兼ね合いなどがあって心理戦が展開されている感じがしますね。(神屋氏)

10キロ - 解説

設楽選手が沿道の声援に応えています。余裕ですね。集団はもう2位狙いに切り替えたかもしれません。1人が飛び出したらついてって先頭との差を詰めたいところですが、誰かがいってくれないかな、と全員が思っている状態ではないでしょうか。(八木氏)【最新の解説はアプリで公開中!】

  • 集団のなかで良い動きをしている選手は?

    集団のなかでは佐藤悠基さんがリラックスして良い状態に見えます。僕ら世代のスーパースターなのですが、淡々としたなかに強さがあり、勝負に徹しているときの走りです。転倒した谷川選手は流血もあり、ちょっと辛いかもしれませんね。(八木氏)
  • 20キロまでのポイントは?

    いつも通り、あくまでまだ序盤という意識で余裕を持って20キロ地点を通過したいですね。同時に思い切った仕掛けを警戒する頭の切り替えのスムーズさも必要となります。条件が悪ければ少しでも変に消耗しないよう、どのペースでなら力を出しきれるかを計算しておきたいです。(神屋氏)
  • 設楽はいつも通りの感覚

    設楽選手は下りをいつも通りの感覚で走っている感じですね。無理した走りではないと思います。集団側はマラソン全体を考えて自分たちのペース感覚で走っていると思います。まだまだ序盤なので後半のことを考えると無理して追いたくはないと思います。集団を見ていると給水もかなり慎重に、丁寧にとって暑さ対策をしていますね。設楽選手は暑さをさほど感じていない印象を受けますね。(神屋氏)
  • 後方集団、追い上げのポイントは?

    集団が前を追うとしても設楽選手のペースが落ちてきたという情報が得られた場合と、中間点を過ぎた段階での余裕度で判断するように考えられますね。これだけの集団の中から単独で追う、追うとしても誰かにペースメイクのような形で利用されるのは避けたいという心理も働きますよね。(神屋氏)

スタート - 解説

スタートしてすぐに集団が横長になりました。こうなると完全にスローペースですね。設楽選手だけがすぐ飛び出しましたが、力を使わずに走っているので、このまま最後まで単独走でいききる可能性がありますね。後ろは大迫選手をマークしているのでしょうか。1枠目はほぼ決まったとすら言えるかもしれません。(八木氏)【最新の解説はアプリで公開中!】

  • 大迫選手の走りが気になる

    大迫選手の走り方が気になりますね。上下動して、頭が揺れているように見えるので、こうなると体力を消耗してしまいます。前回の途中棄権の記憶がどうしても脳に残ってしまい、本来の走りができていないのかもしれません。目線がいろいろと動くのもネガティブ要素です。(八木氏)
  • トップ選手が集うレース、各選手の戦略は?

    ある程度のペースで周りの様子を伺いながらゴールまで逆算して走る選手が多いのではないでしょうか。ただ30人も力が拮抗している選手がいる中で、思い切って勝負や仕掛けをし、レースを乱しにいく選手も出てくる可能性もあります。設楽選手がスッと前に出ましたね。最初の1km、5kmのタイムに注目です。後方の選手はタイムではなく自身の体感で速いと感じているかどうかですね。(神屋氏)

レース前 - 解説

現地の気温は25℃、湿度も下がっていくようですね。今日は良好なコンディションと言えるのではないでしょうか。力通りの展開になると思います。ただ沿道でうちわが揺れている様子や、選手が帽子を被っているのを見ると、暑さを感じることもあるのかもしれません。(八木氏)

  • 最近の涼しさも選手のプラスに

    ここのところ涼しかったですし、選手の調整もうまくできているのではないでしょうか。調整期間の天候も選手の調子には重要な要素で、暑すぎると内臓にダメージが出たりするのですが、その心配はなさそうです。力通りの展開になると思います。(八木氏)
  • 東京五輪仕様のコースを攻略するには?

    後半の坂を意識して気象条件と自分のコンディションを計算してどれだけ余力を残せるか、仕掛けるタイミングを図るかが大切になると考えられます。カーブや日陰など細かな位置取りやチョイスも地道に効いてきますね(神屋氏)

リアルタイム解説とは?

【写真:八木勇樹】

男子のレース模様を、プロランナーの八木勇樹さん(写真)と、駒澤大OBで現在はランニングアドバイザーを務める神屋伸行さんが解説。勝負ポイントや選手の状態についてなど、レースをより楽しむための情報をお届けします。お楽しみに!

関連リンク