マラソングランドチャンピオンシップ

2019/9/15(日)9:10

優勝の前田穂、2位の鈴木が東京五輪代表 3位は小原

${title.title}

${thead.title01} ${thead.title02} ${thead.title03} ${thead.title04}
${item.rank} ${player.name} ${player.name} ${item.text03.name} ${item.text03.name} ${item.text04.point} ${item.text04.point_sub}

総括

女子は前田穂南が優勝。2位の鈴木亜由子とともに東京五輪への切符を勝ち取った【写真は共同】

 2020年東京五輪マラソン日本代表選考レースの「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする42.195キロのコースで行われ、前田穂南(天満屋)が2時間25分15秒で優勝、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2時間29分02秒で2位に入り、ともに代表に内定した。

 レースは序盤、一山麻緒(ワコール)が前に出て集団を引っ張り、最初の5キロを16分31秒と夏のレースにしては速いペースで進行する。10キロ手前から前田穂が先頭に立つと、中間点付近から後続を引き離し独走状態。そのまま後続の追随を許さず、フィニッシュテープを切った。

 2位争いは、鈴木が3位・小原怜(天満屋)との差を一時40秒ほどに広げたが、最後のスパートで小原が追い上げを見せ接戦に。しかし、小原は4秒追いつかず、今回で東京五輪の切符を手に入れることはできなかった。

 東京五輪の女子マラソン代表の残り1枠は、12月から20年3月にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」で派遣設定記録2時間22分22秒を切るランナーの最上位が選ばれる。記録を切る選手が現れなかった場合は、小原が代表に内定する。

【関連リンク】
・東京五輪代表内定者一覧
・残り1枠の内定方法(マラソン選考基準)

テキスト速報

  • ゴール

    前田穂が2時間25分15秒の1位でゴール! 両手を広げてフィニッシュテープを切る。2位に鈴木が入り、この2名が東京五輪のマラソン代表に内定。鈴木は笑顔でゴールテープを切った。鈴木から4秒遅れて3位に小原が入る。

  • 41.0キロ付近

    3位・小原が2位・鈴木との差を28秒に縮める。鈴木の走りがやや重たくなる。

  • 40.0キロ

    きつい上り坂を力強く駆け上がり、先頭の前田穂が2時間17分19秒で通過。2位の鈴木は2分48秒遅れで走る。3位・小原は2位・鈴木と33秒差で懸命に追いかける。

  • 39.4キロ

    トップ前田穂が帽子を取り、最後の坂へ挑む姿勢を見せる。

  • 39.0キロ

    前田穂がこの1キロ3分49秒ペースで通過。2位・鈴木の足のピッチが上がり、表情も明るさを取り戻した。

  • 38.0キロ

    先頭の前田穂が暑さの中、肩を前後に振りながら上り路を駆け上がる。この1キロは3分43秒。

  • 36.0キロ手前

    3位・小原が目線を下に向け、やや苦しそうな走りを見せペースダウン。4位・松田との差は53秒ほど。また、上原美幸は31.0キロ地点で棄権した。

  • 35.0キロ

    先頭の前田穂が1時間58分54秒ほどで通過。この1キロの上りを3分34秒で走る。タオルを握りながら快走を続ける。2位の鈴木は帽子を取り、前田穂を追いかける。その差は2分。鈴木から40秒遅れて小原、小原から44秒遅れて松田が走る。

  • 33キロ付近

    3位争いは小原と松田に絞られたか。4位・松田は小原との差を36秒とし、帽子を取り懸命に追いかける。

  • 32.5キロ

    沿道は日傘を指す観客が目立ち、日差しはさらに厳しくなってきている。しかし、先頭の前田穂は給水を手に取らず、快走を続ける。

  • 32.0キロ

    依然として前田穂が独走状態。この1キロのペースは3分26秒。

  • 30.0キロすぎ

    気温はさらに上がって、選手の汗も目立つようになる。3位・小原はタオル付の給水ボトルを手にして、水を体にかける。

  • 30.0キロ手前

    2位・鈴木と3位・小原との差は27秒。4位・松田が小原との差を24秒に縮める。

  • 29.0キロ付近

    2位・鈴木と3位・小原の差は25秒に。小原と4位・松田の差が28秒となる。

  • 28.0キロ

    先頭の前田穂が通過。この1キロを3分24秒と安定したペースを刻む。

  • 26.0キロ

    先頭の前田穂が通過。この1キロは3分26秒ペース。鈴木との差を40秒以上に広げ、一人旅を続ける。2位・鈴木、3位・小原、4位・松田、5位・福士の順位は変わらず。

  • 24.0キロ

    先頭の前田穂が快走。2位・鈴木は30秒差で追いかける。3位・小原は鈴木との差が13秒となる。松田が福士をとらえ、4位に順位を上げる。

  • 23.0キロ

    先頭の前田穂が独走。2位・鈴木との差は17秒に広がる。3位・小原は10秒差で鈴木を追いかける。4位には福士、5位には安藤を抜いて松田がつける。

  • 中間点

    前田穂が1時間11分05秒で通過。2位・鈴木との差を9秒に広げる。さらに9秒遅れて小原が通過。4位につける福士と小原との差は3位・小原との差は17秒。

  • 20.0キロ

    先頭の前田穂が1時間07分分27秒で通過。鈴木が2秒差、小原が11秒差。さらに23秒差で福士、25秒差で安藤が続く。松田は52秒差で前方を追いかける。

  • 18.5キロ

    前田穂、鈴木が抜け出し、小原も引き離す。

  • 18.0キロ

    安藤も遅れ始め、先頭集団は前田穂、鈴木、小原の3人に。前田穂はこの1キロ3分19秒とペースを上げる。

  • 17.4キロ

    福士が口を開け苦しそうな表情を見せ、先頭集団からやや遅れる。先頭は4人に。

  • 16.3キロ付近

    前田穂を先頭に、鈴木、安藤、小原、福士の順番で一列となって先頭集団が走る。選手の体には汗がにじむ。

  • 15.0キロ

    5人となった先頭集団が50分40秒で通過。前田穂が先頭を引っ張る。松田が4秒差、一山が24秒差、上原が1分26秒差、岩出が1分29秒差で先頭集団を追いかける。

  • 14.0キロ

    この1キロは緩い上りのため3分30秒に。先頭は前田穂。松田が再び遅れはじめる。先頭とは2秒ほど。先頭集団は5人に。

  • 13.3キロ付近

    一山の口が開き、やや苦しそうな表情を見せる。先頭から4秒ほど遅れる。

  • 12.5キロ

    先頭集団は前田穂を先頭に、安藤、小原怜(天満屋)、一山、福士、鈴木、松田の順番で縦に一列となる。

  • 11.0キロ

    この1キロは3分20秒ペース。前田穂がやや縦長となった先頭集団を引っ張る。

  • 10.0キロ

    前田穂南(天満屋)を先頭に、7人の集団が33分34秒、35秒で通過。フィニッシュは2時間22分台のペース。直後の給水で松田、一山、鈴木らが無事にスペシャルドリンクを手に取る。

  • 10.0キロ手前

    先頭集団のペースが1キロ3分20秒ほどに落ち着く。スタート直後に遅れていた松田が先頭集団に追いつく。

  • 8.5キロ

    松田が先頭集団から遅れていた上原美幸(第一生命グループ)を追い抜き7位に。先頭集団からも8秒の位置につける。

  • 8.0キロ手前

    松田が岩出をかわし8位に順位を上げる。

  • 7.0キロ

    7人の先頭集団が通過。風はほとんど吹いてなく、強い日差しが照り付ける。直後の給水で一山が水を体にかける。

  • 6.0キロ

    岩出が先頭集団から4秒ほど遅れる。先頭集団は7人になる。

  • 5.0キロ

    最初の5キロは16分31秒、この1キロ3分18秒と速いペースを刻む。出場選手最年少の一山が先頭で引っ張る。先頭集団から11秒遅れて松田が追いかける。

  • 4.0キロ

    この1キロも3分18秒ペース。集団が緩やかな下りを駆け降りる。

  • 3.0キロ

    この1キロは3分18秒ペースと依然として速いペース。第一集団は一山を先頭に8人で形成。9位の松田との差は15秒ほど。さらに遅れて野上が追いかける。

  • 3.0キロ手前

    最初の給水地点。一山、岩出玲亜(アンダーアーマー)らが氷を手に取り、握りながら走る様子が見られる。鈴木は氷を手にできず。

  • 2.0キロ手前

    松田が集団から7秒ほど遅れ始める。

  • 1.0キロ

    先頭の一山が最初の1キロを3分17秒とやや速いペースで入る。安藤友香(ワコール)、福士のワコール勢が横並びで追いかける。野上恵子(十八銀行)が集団よりやや遅れる。

  • スタート

    号砲が鳴り響き、10人のMGCファイナリストが一斉に走り出す。
    一山麻緒(ワコール)がスタート直後に飛び出す。

  • スタート前

    先に男子がスタート。
    鈴木亜由子(日本郵政グループ)、松田瑞生(ダイハツ)、福士加代子(ワコール)ら選手たちはスタート地点周辺でウォーミングアップを進めている。午前8時30分時点の気温は24.8度。湿度69パーセント。天候は晴れ。

関連リンク