マラソングランドチャンピオンシップ

2019/9/15(日)8:50

中村と服部が東京五輪代表内定 大迫は3位

${title.title}

${thead.title01} ${thead.title02} ${thead.title03} ${thead.title04}
${item.rank} ${player.name} ${player.name} ${item.text03.name} ${item.text03.name} ${item.text04.point} ${item.text04.point_sub}

総括

終盤のデッドヒートを制し、両手を広げてフィニッシュテープを切る中村【写真は共同】

 2020年東京五輪マラソン日本代表選考レースの「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする42.195キロのコースで行われ、中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で優勝、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間11分36秒で2位に入り、ともに代表に内定した。日本記録保持者の大迫傑(Nike)は服部から5秒遅れの2時間11分41秒で3位となり、今大会での代表入りは逃した。

 レースはスタート直後から設楽悠太(Honda)が飛び出し独走する展開となった。一時は2位以下に2分以上の差をつけるが、25キロ過ぎからペースが落ち始め、37キロ過ぎに服部、大迫、中村らの2位集団が逆転。39.5キロには中村がスパートをかけて抜け出し、追う服部、大迫を振り切ると、最後は両手でガッツポーズを作りフィニッシュテープを切った。服部は先行する大迫を42キロ手前で抜き去り、2位で代表切符をもぎ取った。

 東京五輪の男子マラソン代表の残り1枠は、12月から20年3月にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」で派遣設定記録2時間5分49秒を切るランナーの最上位が選ばれる。記録を切る選手が現れなかった場合は、大迫が代表に内定する。

【関連リンク】
・東京五輪代表内定者一覧
・残り1枠の内定方法(マラソン選考基準)

テキスト速報

  • ゴール

    中村が2時間11分28秒の1位でゴール! 両手を広げてフィニッシュテープを切る。2時間11分36秒の2位で服部が入り、この2名が東京五輪のマラソン代表に内定。服部から5秒遅れの3位に大迫が入るも、今回での代表内定はならず。4位に大塚、5位・橋本、6位・竹ノ内、7位に鈴木、8位には中本が入った。スタートからトップを独走していた設楽は14位でゴールした。

  • 42.0キロ手前

    服部が大迫をかわして2位浮上。

  • 41.5キロ

    中村が大迫のやや前に出て必死に走る。大迫は中村との差がなかなか縮まらない。服部も大迫のすぐ後ろで追走。

  • 41.0キロ

    下り坂を使い大迫が中村に追いつく。服部は必死の形相で2人を追うが差が縮まらない。

  • 40.0キロ過ぎ

    中村を2秒差で服部、大迫が追走。大迫は体を大きく揺らしながら必死に前を追う。

  • 40.0キロ

    四谷のきつい上り坂に入り、中村が先頭で2時間5分10秒で通過。4秒遅れで服部、さらに1秒遅れで大迫が追う。

  • 39.5キロ

    中村がスパートを被せて集団が一気に崩れる。中村は帽子を取り後続を引き離しにかかる。その後方から服部、大迫が並走しながら追う。

  • 39.0キロ

    橋本がスパート! 2位集団から竹ノ内、中本、鈴木、大塚が遅れ、先頭集団は4人になる。

  • 38.0キロ手前

    先頭集団から藤本が遅れ、8人に絞られる。先頭集団にいるのは大迫、服部、鈴木、中村、中本、大塚、橋本、竹ノ内。いずれも表情はやや余裕があるように見られる。けん制し合う展開となり、横一列になる。

  • 37.0キロ過ぎ

    逃げる先頭の設楽はこの1キロを3分30秒かかる。直後の給水ポイントを越えたところで鈴木を先頭とする2位集団が設楽を抜き去る。設楽は集団に付くことができない。

  • 36.0キロ過ぎ

    飯田橋付近に入り、長い上り坂が始まる。設楽はこの1キロを3分22秒かかる。設楽が後方に目を見やり、後続との差を気にするしぐさを見せる。2位集団との差はみるみる縮まる。

  • 35.0キロ

    設楽が1時間48秒37秒で通過。この5キロはさらにペースが落ち、16分54秒かかる。直後の給水を手に取り口に含む。大迫、服部、鈴木ら9人の2位集団は35~36秒差まで迫る。

  • 34.0キロ手前

    2位集団を走る大迫が時折右わき腹を抑え、手で揉むようなしぐさを見せる。

  • 32.8キロ

    鈴なりの観客が声援を送る皇居・二重橋前の折り返し地点を設楽が通過。すれ違った2位集団の選手が設楽との差を確認。2位集団との差は56秒と、1分を切る。

  • 32.0キロ

    設楽がこの1キロを3分19秒で通過。足取りが重くなり、ペースがなかなか上がらない。

  • 31.0キロ

    2位集団の後ろから9位を走っていた中本が一気に追いつくと、そのまま前に出てペースアップ。2位集団の7人もついていく。

  • 30.0キロ

    設楽が1時間31分43秒で通過。この5キロは16分10秒とペースが大きく落ちる。 大迫、服部、中村、鈴木ら7人の2位集団が1分17秒遅れで通過。この2キロで設楽との差を15秒近く詰める。大迫は集団の中盤あたりという位置取りを変えることなく、淡々とペースを刻む。

  • 28.0キロ

    設楽は3分10秒を超えるペースとなり、ややペースダウン。日本橋付近を向かい風の中走る。大迫、服部、鈴木ら7人の2位集団が少しずつ追い上げ、設楽との差は1分30秒ほどに縮まる。

  • 26.5キロ手前

    2位集団に大塚、橋本が追いつき7人の集団となる。さらに後方から中本、竹ノ内がじわじわと追い上げる。

  • 25.0キロ

    設楽が1時間15分32秒で通過。この5キロは3分5秒前後のペースに落ち着く。直後の給水ポイントでスペシャルドリンクを手に取る。2位集団を単独で追いかけていた藤本が追いつき、5人で2位争い。この集団から服部がやや前に出て走る。さらに数秒後方では大塚祥平(九電工)、橋本崚(GMOアスリーツ)、竹ノ内佳樹(NTT西日本)、中本、佐藤が集団で追走する。

  • 24.0キロ

    鈴木、中村、大迫、服部の2位集団を6位の藤本が単独で追走。両者の差はほぼなくなる。

  • 中間地点

    設楽が1時間3分27秒で通過。鈴木、中村、大迫、服部の2位集団とは2分1秒差。そこからさらに14秒遅れで岡本直己(中国電力)、中本、藤本、佐藤、山本憲ら12人の6位集団が通過する。

  • 20.0キロ

    先頭の設楽が1時間0分4秒で通過。ほとんど汗をかいている様子はなく、スタートから表情を変えずに走る。鈴木、中村、大迫、服部の2位集団は設楽から1分56秒差。4人は1キロ3分ほどのペースで設楽との差を少しずつ詰める。井上は先頭から3分8秒差の23位。

  • 17.0キロ過ぎ

    集団から鈴木健吾、中村匠吾(ともに富士通)、大迫、服部が抜け出し4人で2位集団を形成。その後ろで神野が単独走で追う。さらに後続では中本健太郎(安川電機)、山本憲、佐藤らが7位集団を形成する。

  • 15.0キロ

    先頭の設楽が浅草の15キロ地点を通過し、44分59秒で通過。折り返し地点で13人で形成された2位集団の選手とすれ違い、差を確認する。設楽とは1分44秒差。15キロを通過した直後、2位集団に後続集団が追いつき、17人の大集団となる。井上がすぐ後ろから2位集団を追う。

  • 13.5キロ

    2位集団は10人程度の集団となる。集団を引っ張る山本憲、服部が言葉を交わす。2人は東洋大の先輩・後輩。

  • 13.0キロ

    先頭の設楽がこの1キロを3分5秒で走る。ややペースが落ちるも表情は変わらない。

  • 13.0キロ手前

    2位集団から山本憲と神野大地(セルソース)がペースを上げ、集団がばらける。大迫、高久龍(ヤクルト)らが冷静についていく。

  • 10.0キロ

    設楽が29分52秒という夏のマラソンとしては速いペースで通過。所属企業の応援団の声援に手を挙げて応える余裕を見せる。2位集団は設楽から1分40秒差と大きく遅れる。井上、宮脇千博(トヨタ自動車)、山本憲二(マツダ)らが集団前方で走る。大迫は集団の中盤から前方のあたりに位置取りをする。

  • 9.0キロ

    先頭の設楽が26分47秒で通過。この1キロは2分57秒と3分を切るペースを維持し、快走を続ける。

  • 8.0キロ

    トップを走る設楽が淡々とペースを刻みながら単独走を続ける。2位集団は25分18秒で通過。

  • 7.5キロ

    先頭から1分半ほど後方、2位集団は給水ポイントで藤本拓、堀尾謙介(ともにトヨタ自動車)らが前方に出る。藤本は氷の入ったビニール袋を首に当てて体を冷やす。

  • 5.0キロ

    先頭を走る設楽が5キロを14分56秒で通過。この1キロは2分59秒と3分を切るペースを維持。設楽と2位以下の大集団とは1分差。5キロの給水ポイントで谷川智浩(コニカミノルタ)が転倒し、集団から大きく遅れる。

  • 4.0キロ

    先頭の設楽は3分を切るペースで快調に走る。後続集団は1キロ3分10秒程度のペースで追う。

  • 3.0キロ手前

    最初の給水ポイントで多くの選手が給水を取る。後続集団は佐藤悠基、村澤明伸(ともに日清食品グループ)、大迫らが前方に付ける。3人はいずれも長野・佐久長聖高の出身。

  • 1.0キロ

    先頭の設楽が最初の1キロを3分で入る。後続の集団とは15秒差。

  • スタート

    30人のMGCファイナリストが一斉に走り出す。スタート直後、設楽が飛び出し、集団から抜け出す。

  • スタート前

    大迫傑(Nike)、設楽悠太(Honda)、井上大仁(MHPS)、服部勇馬(トヨタ自動車)ら出場選手が号砲を待つ。日差しが強くて照りつける中、多くの選手が帽子をかぶっている。
    8時のスタート地点の天気は晴れ、気温24.3度、湿度73%。

関連リンク