日本代表女子

ゲームスコア

大会名
ワールドカップ 第10戦
試合開始日時

日本

3

26-24

25-15

25-14

0

アルゼンチン

日本、アルゼンチンを下し連勝

ハイライト動画

【ワールドカップバレー2019・女子】9/28 今日のメガラリー[日本 VS アルゼンチン]

映像提供:

第1セット戦評

追い上げを見せた日本が第1セットを先取【写真:坂本清】

 日本は昨日のセルビア戦で活躍した芥川、鍋谷がスタメン入り。昨日はベンチアウトだった長内もスタートから起用する。開始早々、アルゼンチンに1-4と先行されるも、芥川のブロック、長内、古賀、鍋谷のスパイクで日本も得点を返し12-11と逆転する。しかしアルゼンチンも力の乗ったスパイクで得点し、ミスが続いた日本を再び逆転。14-16でアルゼンチンがリードする。

 ミスが目立ち、波に乗れない日本に対し、アルゼンチンはコート奥を狙ったスパイクで得点し、17-21と4点差をつけられる。しかし日本もここから反撃、2枚替えで宮下とともに投入された黒後のスパイクで猛追し21-21の同点に。終盤まで競り合いが続く中、宮下の好レシーブから黒後、鍋谷が決め、デュースの末、最後も鍋谷が決め26-24。第1セットは日本が逆転で先取した。

  • 石井選手、古賀選手は攻撃力が高いので、黒後選手も含めた3枚が一緒に入ると攻撃力も上がる

    大山加奈(撮影:熊谷仁男) 詳細を読む (アプリ限定)

第2セット戦評

第2セットも日本が奪取。ストレート勝ちなるか【写真:坂本清】

 第2セットは序盤から日本が先行。鍋谷、古賀のスパイクや芥川のブロックで8-2とリードする。アルゼンチンも追い上げるが、中盤も古賀、鍋谷のスパイクで得点を重ねた日本が16-10と6点をリードする。

 中盤、終盤にも古賀と鍋谷のスパイクで得点。第1セットと同様に2枚替えで投入した黒後のスパイクも決まり、鍋谷のスパイクでセットポイントとすると、最後は岩坂のブロックで25-15。このセットは大差をつけ、日本が連取した。

第3セット戦評

今大会3度目のストレート勝ちを収めた日本。次は29日、オランダとの最終戦に臨む【写真:坂本清】

 佐藤のサーブから始まった第3セット、アルゼンチンが先制するも日本は長内、古賀のスパイクで連続得点。8-3とリードする。中盤にも鍋谷の攻撃、佐藤のサービスエースで得点を追加、16-9と点差を広げる。

 さらに古賀、長内のスパイクで得点を重ねる日本。ミスが目立ち始めたアルゼンチンに追い上げのチャンスを与えず、最後も相手のサーブミスで25-14とし、セットカウント3-0で日本が勝利した。

日本代表メンバー

【写真:田村翔/アフロスポーツ】

■セッター
佐藤美弥
■アウトサイドヒッター
古賀紗理那、鍋谷友理枝、長内美和子
■ミドルブロッカー
岩坂名奈、芥川愛加
■リベロ
山岸あかね

  • チームが勝つことはもちろんですが、一人ひとり、選手たちにとっては必死で自分をアピールする大会

    大山加奈(撮影:熊谷仁男) 詳細を読む (アプリ限定)

関連リンク

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。