体操(団体総合・個人総合、種目別)

選考方法

いつ決まる?

世界体操競技選手権大会 2019年10月4日~13日(ドイツ・シュツットガルト)
2020ワールドカップ個人総合シリーズ(2020年予定)
大陸間選手権(未定)

選考方法をもっと詳しく

団体出場枠は男女ともに1チーム4名
今大会から種目別に出場する「個人枠」が新設。最大で2名まで出場できる

●団体総合・個人総合
【男子】オリンピック出場枠(4名)が確定
・2020年ワールドカップ個人総合(4試合)に出場し、すべての選手の個人総合得点を並べ(2試合以上出場している選手は最高個人総合得点を獲得した試合のみを適用)上位3位に入ると1名決定
該当者がいなければ他の選考方法にて選考する。残り3名の決定方法は未定

【女子】現時点では、団体出場枠を獲得できていない。2019年の世界選手権で上位9カ国(昨年の上位3カ国を除く)に入れば、出場権を獲得することができる

●種目別
種目別のみ出場可能な「個人枠」は、個人総合や種目別のワールドカップシリーズなどの成績上位の選手が獲得でき、団体出場選手以外から選出される
①ワールドカップ種目別にて、各種目1位になった選手はその時点で内定する(男女各1名:選手名枠)
②ワールドカップ個人総合にて、ポイント合計の上位3か国(男女各1名:国枠)
③大陸選手権にて、個人総合決勝の結果をもとに各大陸ごとに獲得(男女各1名:国枠)
上記は時系列で決定し、種目の選択は不可

<団体出場枠を獲得できなかった場合の個人出場枠獲得条件>
①2019年世界選手権にて、個人総合予選上位者(男女各1名:選手名枠) 
②2019年世界選手権にて、種目別決勝の各種目上位者(男女各最大3名:選手名枠)
③大陸間選手権にて、個人総合決勝の結果をもとに各大陸ごとに獲得(男女各1名:国枠)

・上記で出場枠を獲得できなかった場合、開催国枠と第三者委員会枠として男女各1名が選出される
・出場選手の確定が最長で2020年5月になる可能性がある。出場人数決定後に、代表選考方法が確定する