NBAドラフト2019

2019/6/21 8:00スタート

八村塁 、1巡目9位指名でウィザーズに決定

総括

アダム・シルバーコミッショナーと握手を交わす八村(右)【写真:小永吉陽子】

史上3人目の日本人NBAプレーヤー誕生だ。八村塁(ゴンザガ大)が1巡目9位でワシントン・ウィザーズに指名された。日本人選手がドラフト1巡目で指名されるのは史上初の快挙だ。ジョン・ウォール、ブラッドリー・ビールといったオールスターにも出場している選手たちの中で、八村はどのような活躍を見せてくれるのか。

ニューオーリンズ・ペリカンズによる1位指名は、ザイオン・ウィリアムソン(デューク大)。メンフィス・グリズリーズによる2位指名はジャ・モラント(マレーステイト大)、ニューヨーク・ニックスによる3位指名はRJ・バレット(デューク大)と、トップ3は大方の予想通りの結果となった。

指名一覧

順番 チーム(八村との相性) 選手(所属)
1 ニューオーリンズ・ペリカンズ(◯) ザイオン・ウィリアムソン(デューク大)
2 メンフィス・グリズリーズ(◯) ジャ・モラント(マレーステイト大)
3 ニューヨーク・ニックス(×) RJ・バレット(デューク大)
4 アトランタ・ホークス(◎) ※トレードにより権利獲得 ディアンドレ・ハンター(バージニア大)
5 クリーブランド・キャバリアーズ(◯) ダリアス・ガーランド(バンダービルト大)
6 ミネソタ・ティンバーウルブズ(◯) ※トレードにより権利獲得 ジャレット・カルバー(テキサステック大)
7 シカゴ・ブルズ(◯) コビー・ホワイト(ノースカロライナ大)
8 ニューオーリンズ・ペリカンズ(◯) ※トレードにより権利獲得 ジャクソン・ヘイズ(テキサス大)
9 ワシントン・ウィザーズ(◯) 八村塁(ゴンザガ大)
10 アトランタ・ホークス(◎) ※トレードにより権利獲得 キャム・レディッシュ(デューク大)
11 フェニックス・サンズ(△) ※トレードにより権利獲得 キャメロン・ジョンソン(ノースカロライナ大)
12 シャーロット・ホーネッツ(◎) PJ・ワシントン(ケンタッキー大)
13 マイアミ・ヒート(◎) タイラー・ヘロ(ケンタッキー大)
14 ボストン・セルティックス(◯) ※トレードにより権利獲得 ロメオ・ラングフォード(インディアナ大)
15 デトロイト・ピストンズ(◯) セクー・ドゥムブヤ(リモージュCSP/フランス)
16 オーランド・マジック(◯) チュマ・オケケ(オーバーン大)
17 ニューオーリンズ・ペリカンズ(◯) ※トレードにより権利獲得 ニッケル・アレクサンダー・ウォーカー(バージニア工科大)
18 インディアナ・ペイサーズ(◯) ゴガ・ビタッゼ(KKドゥチノスト・ポドゴリツァ/モンテネグロ)
19 サンアントニオ・スパーズ(◎) ルカ・サマニッチ(ペトロール・オリンピア/クロアチア)
20 フィラデルフィア・76ers(△) ※トレードにより権利獲得 マティス・サイブル(ワシントン大)
21 メンフィス・グリズリーズ(◯) ※トレードにより権利獲得 ブランドン・クラーク(ゴンザガ大)
22 ボストン・セルティックス(◯) グラント・ウィリアムス(テネシー大)
23 オクラホマシティ・サンダー(△) ※トレードにより権利獲得 ダリアス・ベイズリー(プリンストン高)
24 フェニックス・サンズ(△) ※トレードにより権利獲得 タイ・ジェローム(バージニア大)
25 ポートランド・トレイルブレイザーズ(◯) ナッシャー・リトル(ノースカロライナ大)
26 クリーブランド・キャバリアーズ(◯) ※トレードにより権利獲得 ディラン・ウィンドラー(ベルモント大)
27 ロサンゼルス・クリッパーズ(◯) ※トレードにより権利獲得 フィオンドゥ・カベンゲレ(フロリダステイト大)
28 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(◯) ジョーダン・プール(ミシガン大)
29 サンアントニオ・スパーズ(◎) ※トレードにより権利獲得 ケルドン・ジョンソン(ケンタッキー大)
30 クリーブランド・キャバリアーズ(◯) ケビン・ポーターJr(南カリフォルニア大)

※八村とチームの相性:◎とても良い、◯良い、△あまり良くない、×良くない
※2巡目以降は、速報を行わない場合があります。

見どころ

前日会見に出席した八村(写真:小永吉陽子)

 6月21日(現地時間20日)に行われるNBAドラフト2019は、日本スポーツ界にとって歴史的な瞬間となるかもしれない。それはほかでもない、ゴンザガ大・八村塁の1巡目指名が確実視されているためだ。

 大学3年生の今季は、チームの中心選手としてNCAAウェストコースト・カンファレンス(WCC)のレギュラーシーズン7連覇に貢献。WCC最優秀選手にも輝き、大学3年終了後にアーリーエントリーを表明した。八村が指名されれば田臥勇太(2004年)、渡邊雄太(2018年)に次ぐ、史上3人目の日本人NBAプレーヤー誕生となる。1巡目指名となれば、もちろん日本人初の快挙だ。

 ドラフト1位が有力視されているのは、ザイオン・ウィリアムソン。エルトン・ブランド(1999年)、カイリー・アービング(2011年)らを排出したデューク大の1年だ。“次世代のレブロン・ジェームス”との呼び声も高く、1年生選手では史上3人目の快挙となるネイスミス賞(大学バスケ年間最優秀選手)を受賞した逸材だ。もう1人の有力候補もまたデューク大に所属するR.J・バレット。17年にはU19カナダ代表を世界選手権制覇に導き、大会MVPを受賞している。

 八村を含む未来のスタープレーヤーたちの行く末は――。この瞬間が、彼らの命運をにぎっていると言っても過言ではない。

関連リンク