2018-19 世界選手権・女子FS

2019/3/22(金)17:30

ザギトワが大会初V 日本勢は紀平の4位が最高

順位表

${item.title}
${item.list_title_name} ${item.list_title_name} ${title.number} ${title.sub}

※各得点項目をタップで降順表示になります。

総括

【写真;坂本清】

フィギュアスケート世界選手権の女子フリースケーティング(FS)が22日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がFS155.42点、合計237.50点で優勝。自身初の世界選手権制覇となった。

2位には合計224.76点でエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)、3位には合計223.80点でエフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)が入った。

SP7位の紀平梨花(関西大学KFSC)は、FSで152.59点とザキトワに次ぐ高得点を上げ、4位と順位を上げた。SP2位の坂本花織(シスメックス)は5位、宮原知子(関西大)は6位に終わり、日本勢は表彰台には届かなかった。

詳細

24:エリザベート・トゥルシンバエワ

【写真;坂本清】

エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)の演技がスタート。
FS得点は148.80点(技術点78.97点、演技構成点69.83点)。SP、FSの合計224.76点。

23:アリーナ・ザギトワ

【写真:坂本清】

アリーナ・ザギトワ(ロシア)の演技がスタート。
FS得点は155.42点(技術点81.16点、演技構成点74.26点)。SP、FSの合計237.50点。

22:坂本花織

【写真:坂本清】

坂本花織(日本)の演技がスタート。
FS得点は145.97点(技術点72.71点、演技構成点73.26点)。SP、FSの合計222.83点。

21:イム・ウンス

【写真:坂本清】

イム・ウンス(韓国)の演技がスタート。
FS得点は132.66点(技術点67.71点、演技構成点65.95点、減点1.00点)。SP、FSの合計205.57点。

20:マライア・ベル

【写真:坂本清】

マライア・ベル(米国)の演技がスタート。
FS得点は136.81点(技術点69.15点、演技構成点67.66点)。SP、FSの合計208.07点。

19:エフゲーニャ・メドベージェワ

【写真:坂本清】

エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)の演技がスタート。
FS得点は149.57点(技術点76.60点、演技構成点72.97点)。SP、FSの合計223.80点。

18:紀平梨花

【写真:坂本清】

紀平梨花(日本)の演技がスタート。
FS得点は152.59点(技術点82.63点、演技構成点70.96点、減点1.00点)。SP、FSの合計223.49点。

17:宮原知子

【写真:坂本清】

宮原知子(日本)の演技がスタート。
FS得点は145.35点(技術点75.18点、演技構成点70.17点)。SP、FSの合計215.95点。

16:ソフィア・サモドゥロワ

【写真:坂本清】

ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)の演技がスタート。
FS得点は138.16点(技術点71.87点、演技構成点66.29点)。SP、FSの合計208.58点。

15:ニコル・ショット

【写真:坂本清】

ニコル・ショット(ドイツ)の演技がスタート。
FS得点は107.38点(技術点50.06点、演技構成点57.32点)。SP、FSの合計170.56点。

14:ブラディー・テネル

【写真:坂本清】

ブラディー・テネル(米国)の演技がスタート。
FS得点は143.97点(技術点75.69点、演技構成点68.28点、減点1.00点)。SP、FSの合計213.47点。

13:ガブリエル・デールマン

【写真:坂本清】

ガブリエル・デールマン(カナダ)の演技がスタート。
FS得点は123.48点(技術点60.26点、演技構成点64.22点、減点1.00点)。SP、FSの合計192.67点。

12:イー・クリスティ・レオン

イー・クリスティ・レオン(香港)の演技がスタート。
FS得点は118.62点(技術点64.94点、演技構成点54.68点、減点1.00点)。SP、FSの合計177.22点。

11:ダーシャ・ゲルム

ダーシャ・ゲルム(スロベニア)の演技がスタート。
FS得点は103.58点(技術点50.83点、演技構成点52.75点)。SP、FSの合計161.16点。

10:ルナ・ヘンドリックス

ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)の演技がスタート。
FS得点は123.69点(技術点66.07点、演技構成点58.62点、減点1.00点)。SP、FSの合計186.29点。

9:ホンイー・チェン

ホンイー・チェン(中国)の演技がスタート。
FS得点は99.06点(技術点50.21点、演技構成点49.85点、減点1.00点)。SP、FSの合計157.59点。

8:エカテリーナ・リャボワ

エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)の演技がスタート。
FS得点は122.70点(技術点69.62点、演技構成点53.08点)。SP、FSの合計179.88点。

7:エリスカ・ブレジノワ

エリスカ・ブレジノワ(チェコ)の演技がスタート。
FS得点は96.32点(技術点47.98点、演技構成点50.34点、減点2.00点)。SP、FSの合計153.45点。

6:エバロッタ・キーバス

エバロッタ・キーバス(エストニア)の演技がスタート。
FS得点は94.61点(技術点47.44点、演技構成点48.17点、減点1.00点)。SP、FSの合計149.99点。

5:イサドラ・ウィリアムズ

イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)の演技がスタート。
FS得点は88.02点(技術点39.66点、演技構成点48.36点)。SP、FSの合計143.22点。

4:アレイン・チャートランド

アレイン・チャートランド(カナダ)の演技がスタート。
FS得点は93.08点(技術点44.28点、演技構成点50.80点、減点2.00点)。SP、FSの合計148.97点。

3:ロリーヌ・ルカバリエ

ロリーヌ・ルカバリエ(フランス)の演技がスタート。
FS得点は113.78点(技術点57.05点、演技構成点56.73点)。SP、FSの合計170.59点。

2:アレクサンドラ・フェイギン

アレクサンドラ・フェイギン(ブルガリア)の演技がスタート。
FS得点は108.62点(技術点62.35点、演技構成点46.27点)。SP、FSの合計165.31点。

1:ナターシャ・マッケイ

ナターシャ・マッケイ(英国)の演技がスタート。
FS得点は95.16点(技術点46.00点、演技構成点49.16点)。SP、FSの合計151.56点。

見どころ

フィギュアスケートの世界選手権、女子フリースケーティング(FS)が22日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナで行われる。日本勢は坂本花織(シスメックス)、紀平梨花(関西大学KFSC)、宮原知子(関西大)の3名が出場する。

20日のショートプログラム(SP)では坂本が76.86点で2位発進。紀平は70.90点で7位、宮原は70.60点で8位となった。首位に立つアリーナ・ザギトワ(ロシア)は82.08点と日本勢との差は決して小さくないが、FSで巻き返しを狙いたい。

  • 【ファインダー越しに見た「坂本花織」】気持ちの切り替えの早さや、体の使い方や作りは、まさにスーパーアスリート。

    ((C)Yazuka WADA / JapanSports) 詳細を読む (アプリ限定)

関連リンク

世界選手権 日程

【選手プロフィール】紀平梨花

【選手プロフィール】坂本花織

【選手プロフィール】宮原知子

2018-19シーズン 大会日程

【Instagram】スポナビフィギュア(@sportsnavi_figure)