プレシーズンゲーム「巨人vs.マリナーズ」

2019/3/17 12:00 東京ドーム

マリナーズが逆転勝ち、イチローは3打数無安打

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
マリナーズ 1 0 0 0 0 4 1 0 6
巨人 0 0 1 1 1 0 0 0 1 4

バッテリー/本塁打

マリナーズ リーク、ゲアリン、ロスカップ、ストリックランド、エリアス-ナルバエス、フレイタス
巨人 今村、田口、宮國、中川-小林、大城
本塁打 坂本、ハニガー、ブルース、ゴードン

総括

【写真は共同】

MLB開幕戦のプレシーズンゲーム、巨人対マリナーズの第1戦が17日、東京ドームで行われ、マリナーズが巨人を6-4で下した。

マリナーズは初回、不安定な立ち上がりとなった巨人先発・今村から先制点を奪う。一方の巨人は3回に坂本、4回に中島のタイムリーで逆転に成功。5回には坂本にソロホームランが飛び出し、3-1とリードして試合を折り返した。

しかしマリナーズは7回、巨人の2番手田口を捕まえ、2本のツーランホームランで逆転。その後は1点ずつを取り合い、6-4で第1戦はマリナーズがメジャーの貫禄を示した。

注目のイチローは今村、田口の両左腕を相手にセンターフライ、セカンドゴロ、ショートゴロと快音は聞かれず。球場からは凡退でも大きな拍手が送られた。

第2戦は18日、19時から東京ドームで行われる。

・【連載】イチロー・アルバム 記憶を辿る旅

イニング速報

試合前

両軍の先発メンバー。

<巨人>
1番:吉川尚(二)、2番:坂本勇(遊)、3番:丸(中)、4番:岡本(三)、5番:亀井(右)、6番:中島(一)、7番:陽(指)、8番:石川(左)、9番:小林(捕)、投手:今村

<マリナーズ>
1番:ゴードン(二)、2番:ハニガー(中)、3番:サンタナ(左)、4番:エンカーナシオン(指)、5番:ブルース(一)、6番:ヒーリー(三)、7番:ナルバエス(捕)、8番:ベッカム(遊)、9番:イチロー(右)、投手:リーク

1回表

1番・ゴードンは外角いっぱいの直球に見逃し三振。2番・ハニガーはストレートの四球。3番・サンタナは詰まりながらライト前ヒット。一塁走者が三進し1死一、三塁。4番・エンカーナシオンは7球目の内角低めスライダーを見逃し、四球。

1死満塁から5番・ブルースはライトへの犠牲フライでマリナーズが先制。二塁ランナーも三塁へタッチアップ。2死一、三塁となって6番・ヒーリーは内角低めの真っすぐに見逃し三振。二者残塁。

今村の不安定な立ち上がりを捉え、マリナーズが先制に成功した。

1回裏

1番・吉川尚は内角のツーシームに詰まり浅いショートフライ。2番・坂本勇は真ん中のボールを打ちライトへの飛球。フェンスぎりぎりでイチローが抑えツーアウト。3番・丸は空振り三振。

ツーシーム、カットボールを主体とするリークの前に巨人打線は三者凡退に終わった。

2回表

7番・ナルバエスは内角直球を打ちライト前ヒット。8番・ベッカムはセンター前に抜けようかという打球。吉川尚が好捕するも、二塁への送球が悪送球となり無死一、二塁。

9番・イチローが打席に入ると場内大歓声。初球は外角低めのストレートを見逃しストライク。フルカウントから真ん中低めの直球を打ち上げセンターフライ。ベンチへ戻るイチローへ拍手が送られる。

1死一、二塁から1番・ゴードンはセカンドゴロで、打者走者のみアウト。2死二、三塁となって2番・ハニガーはフルカウントから高め直球に空振り三振。

今村はまたも満塁のピンチを迎えるがここは無失点。イチローの第1打席はセンターフライだった。

・【連載】イチロー・アルバム 記憶を辿る旅

2回裏

4番・岡本は1-2からスライダーに空振り三振。5番・亀井はフルカウントからツーシームを見逃して四球。6番・中島は真ん中高めのツーシームを捉えレフトフェンス直撃のツーベース。1死二、三塁から7番・陽はチェンジアップに空振り三振。8番・石川はツーシームを捉えるもセンター正面のフライ。

巨人はチャンスを作ったが後続が続かず無得点。

3回表

3番・サンタナはスライダーを打ち三遊間へのゴロ。深いところから坂本勇が好送球を見せて間一髪アウト。4番・エンカーナシオンはレフト前ヒット。強烈な打球に球場がどよめく。5番・ブルースはストレートを打ち上げセンターフライ。2死一塁から6番・ヒーリーは三球三振。

マリナーズはクリーンナップに回る好打順だったが、ここは今村が無失点に抑えた。

3回裏

9番・小林はチェンジアップを引っかけてサードゴロ。1番・吉川尚はツーシームを捉えて左中間へのツーベース。2番・坂本は1-2からチェンジアップをうまく拾ってセンター前へのタイムリーヒット。巨人が同点に追いつく。1死一塁から3番・丸はセカンドゴロ併殺打。

巨人打線がリークに連打を浴びせ、同点に追いついた。

4回表

7番・ナルバエスは2球目の抜いたカーブを打ってライト前ヒット。8番・ベッカムは内角直球に詰まってライトフライ。

1死一塁から9番・イチローの第2打席。0-2から真っすぐを打ってセカンドゴロ。セカンドのみフォースアウト。1番・ゴードンは初球を打ってショートゴロ。走者イチローが二塁で封殺。

今村はこの回も無失点。イチローの第2打席はセカンドゴロだった。

・【連載】イチロー・アルバム 記憶を辿る旅

4回裏

4番・岡本はフルカウントから低めのツーシームを見逃して四球。5番・亀井は低めのツーシームを打って一二塁間を破るライト前ヒット。無死一、二塁となって6番・中島は1-2からレフト前ヒット。岡本が一気に生還して巨人勝ち越し。

7番・陽は三球三振。8番・石川はショートゴロも、ベッカムが弾いてエラー。1死満塁から9番・小林はショート正面への弱いライナー。一塁走者の石川が飛び出してダブルプレー。

巨人が1点を勝ち越したが、その後は拙攻が響き追加点には至らなかった。

5回表

2番・ハニガーは1-2から低めのフォークに空振り三振。3番・サンタナはフルカウントから外角のスライダーを引っ張りレフト前ヒット。岡本のダイビングも及ばず。4番・エンカーナシオンは2-2から低めのフォークに空振り三振。5番・ブルースはファーストゴロも中島が弾いてエラー。2死一、二塁となって6番・ヒーリー。初球を投げる前の二塁牽制でサンタナが刺されてスリーアウト。

今村はエラーで得点圏にランナーを背負ったが、牽制でピンチを脱出した。

5回裏

1番・吉川尚はチェンジアップに泳がされてセカンドゴロ。2番・坂本は0-2から甘い変化球を捉えて左中間スタンド中段へのホームラン! 巨人が1点を追加した。

3番・丸はチェンジアップを打たされてセカンドゴロ。4番・岡本は初球を打ってセカンドフライ。

坂本のソロホームランで巨人が追加点をあげた。

6回表

この回から巨人は2番手の田口が登板。

6番・ヒーリーは初球の外角低めストレートを打ち上げてライトフライ。7番・ナルバエスは2-2から外角スライダーに空振り三振。8番・ベッカムは四球。

2死一塁から9番・イチローの第3打席。初球、2球目と外角低めのストレートが外れてボール。3球目のストレートをライト線へ弾き返すがわずかに切れてファウル。1-2から4球目のストレートを打っていい当たりのショートゴロ。

イチローの第3打席はショートゴロとなり、ここでベンチへ退いた。巨人は代わった田口が無失点に抑えた。

・【連載】イチロー・アルバム 記憶を辿る旅

6回裏

マリナーズはイチローに代わってビショップがライトの守備位置へ。

5番・亀井は打撃妨害で出塁。代走に立岡が送られる。ここでマリナーズは2番手ゲアリンが登板。

6番・中島の打席で立岡が盗塁成功。無死二塁から中島はスライダーに泳がされてショートゴロ。7番・陽の代打マルティネスは空振り三振。8番・石川の代打ゲレーロはセンターフライ。

巨人は立岡の盗塁でチャンスをつかむが無得点に終わった。

7回表

巨人は代走で出場した立岡がライト、代打で出たゲレーロがレフトの守備に入る。

1番・ゴードンはセカンドへボテボテの内野安打。2番・ハニガーは真ん中低めのストレートを捉えてセンターへの豪快なツーランホームラン。マリナーズが同点に追いつく。

3番・サンタナは強烈な当たりのレフト前ヒット。4番・エンカーナシオンもスライダーを捉えてセンターへの大飛球。しかし丸がフェンス際でジャンプ一番好捕してアウト。

5番・ブルースも外角のストレートを捉えてレフトへの大飛球。今度はぎりぎりフェンスを超えてツーランホームラン。ホームラン攻勢のマリナーズが2点を勝ち越した。

巨人はここで3番手に宮國をマウンドへ送る。

6番・ヒーリーは1-2からフォークに空振り三振。7番・フレイタスは外角ストレートを見逃して四球。8番・ベッカムはストレートを高々と打ち上げてファーストフライ。

マリナーズは田口に2本のホームランを浴びせ、逆転に成功した。

7回裏

マリナーズはこの回からロスカップが3番手のマウンドへ。

9番・小林への代打、吉川大は四球。1番・吉川尚は3球目のスライダーに合わずセンターフライ。2番・坂本の4球目に吉川大が盗塁成功。坂本はライトフライ、吉川大がタッチアップし2死三塁。3番・丸は2-2から外角スライダーに空振り三振。

巨人はチャンスにあと1本が出ず無得点に終わった。

8回表

9番・ビショップは初球を打ってサードゴロ。1番・ゴードンは高めのストレートを引っ張り右中間スタンドへのソロホームラン。マリナーズがリードを3点に広げる。

2番・ハニガーへの代打ムーアはフルカウントから空振り三振。3番・サンタナは4球目の真っすぐに詰まってファーストゴロ。

宮國はゴードンにソロホームランを浴びて1点を失った。

8回裏

マリナーズの4番手はストリックランド。先ほど代打に出たムーアがライトに、ライトを守っていたビショップがセンターへ回る。ファーストにはボーゲルバックが入った。

4番・岡本は変化球を打ち上げてライト方面へのフライ。これがセカンド、ライトの間にポトリと落ちるヒット。ライトが弾く間に岡本はセカンドへ。5番・立岡は粘るも6球目の変化球に手が出ず見逃し三振。

1死二塁から6番・中島は0-2から高めの154キロ真っすぐに空振り三振。7番・マルティネスに代わって代打田中俊はセカンドゴロ。

無死二塁のチャンスを作った巨人だが、150キロ台後半のストレートを投げ込むストリックランドの前にあと1本が出ず、得点は奪えなかった。

9回表

巨人は4番手の中川が登板。

4番・エンカーナシオンの代打ロバトンはサードゴロも送球エラーで出塁。守備から出場の5番・ボーゲルバックはセカンドゴロ併殺打。6番・ヒーリーはファーストゴロ。

中川はエラーのランナーを出すも、三人で打ち取った。

9回裏

マリナーズは5番手エリアスが登板。

8番・ゲレーロは初球を捉えて左中間を破るツーベースヒット。9番・大城のファーストゴロでランナー三進。1番・吉川尚に代わって代打山本はフルカウントから変化球に手が出ず見逃し三振。2番・坂本は外角直球をライト線上に弾き返すタイムリーツーベース。

2死二塁から3番・丸は1-2から外角直球に空振り三振。

巨人は坂本のこの日3打点目で追い上げを見せるも及ばず。マリナーズが6-4で勝利した。

見どころ

 MLB開幕戦のプレシーズンゲーム、巨人対マリナーズの第1戦が17日、東京ドームで行われる。プレーボールは12時予定。

 7年ぶりの日本開催となったMLB開幕戦に合わせて開催されるオープン戦の注目は、なんといってもイチローだ。昨年5月に選手登録を外れ、“復帰”を果たした今シーズン。スコット・サービス監督はアスレチックスとの開幕カード(19、20日)で「彼はプレーをする」と明言している。しかしオープン戦ではここまで打率25打数2安打、打率.080と苦しんでおり、日本で復調の気配をつかむことができるか。

 迎え撃つ原巨人は、オープン戦で大江、石川ら若手の躍動も見られている。メジャーリーガーを相手に、腕試しの機会は与えられるだろうか。昨年までマリナーズに所属していた岩隈は開幕2軍が決まっており、登板の可能性は少なそうだ。

関連リンク