侍ジャパンシリーズ2019「日本vs.メキシコ」

2019/3/9 19:00 京セラドーム大阪

日本、メキシコに逆転負け

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
日本 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
メキシコ 0 0 0 0 0 1 2 1 × 4

バッテリー/本塁打

日本 今永、山岡、高橋、松永、梅野-甲斐、小林
メキシコ L・メンドーサ、C・エルナンデス、サマヨア、オイエルビデス、コータ、フィリップス、サンチェス-ソリス
本塁打

総括

メキシコに敗れた稲葉ジャパン【写真は共同】

侍ジャパンシリーズ・メキシコ戦の第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、日本はメキシコに2-4で逆転負けを喫した。

日本は初回、代表初招集のオリックス・吉田のタイムリーで先制。4回にはソフトバンク・甲斐のタイムリーで追加点を挙げ、試合を優位に進めた。

しかし、6回に1点を返されると、7回にはロッテ・松永が連続タイムリーを浴び逆転を許す。8回にはNPBでも活躍したクルーズのタイムリー二塁打で突き放され、終盤の戦いに課題を残した。

第2戦は10日、19時から京セラドーム大阪で行われる予定。

ダイジェスト動画

【侍ジャパンシリーズ2019】日本vs.メキシコ 3/9ダイジェスト

映像提供:

イニング速報

試合前

両軍の先発メンバー。

<日本>
1番:上林(右)、2番:西川(中)、3番:近藤(左)、4番:岡本(一)、5番:吉田(指)、6番:中村(二)、7番:村上(三)、8番:甲斐(捕)、9番:京田(遊)、投手:今永

<メキシコ>
1番:ロバ―ソン(中)、2番:ペーニャ(遊)、3番:V・メンドーサ(一)、4番:メネセス(右)、5番:フアレス(指)、6番:クルーズ(二)、7番:アマダー(三)、8番:アギラル(左)、9番:ソリス(捕)、投手:L・メンドーサ

  • 今回のメキシコ戦は試す意味合いが強く、若い選手がどんどん自分をアピールする場だとは思いますが…

    第1回WBC4番打者・松中信彦氏(写真:本人提供) 詳細を読む (アプリ限定)

1回表

メキシコの先発はかつて日本ハム、阪神でプレーしたL・メンドーサ。

1番・上林は初球をたたき、センター前ヒット。2番・西川は四球を選び、無死一、二塁。3番・近藤は5-4-3の併殺打。

2死三塁となって、4番・岡本は四球。5番・吉田は2球目をセンター前へ運び、日本が先制。一塁走者の岡本は三進。6番・中村はセンターフライ。

日本、初選出の吉田がタイムリーを放ち、先制に成功した。

【動画】5番吉田が侍初打席で先制タイムリー!

1回裏

日本の先発はDeNAの今永。

1番・ロバーソンは空振り三振。2番・ペーニャも外角低めチェンジアップに空振り三振。3番のV・メンドーサは145キロストレートを空振り三振。

今永、三者連続三振に抑える抜群の立ち上がり。

【動画】先発・今永が初回、三者連続三振!

2回表

7番・村上は8球粘るもセカンドゴロ。8番・甲斐は見逃し三振。9番・京田はレフトフライ。

日本、2回は三者凡退に終わった。

2回裏

4番・メネセスは左中間を破る二塁打。5番・フアレスは空振り三振。6番・クルーズはショートゴロ。7番・アマダーはセンターフライ。

今永は無死二塁のピンチをしのいだ。

3回表

メキシコは左腕のC・エルナンデスがマウンドへ。

1番・上林は2球目をセンター前ヒット。2番・西川はセカンドゴロでランナーが入れ替わる。

1死一塁から、3番・近藤はファーストゴロ。西川がスタートを切っていたため、2死二塁に。

4番・岡本の初球の後、C・エルナンデスが右脚を押さえてマウンドを降りる。そのまま3番手・サマヨアが登板。岡本は空振り三振に倒れる。

日本、この回は得点圏にランナーを進めるも無得点。

3回裏

日本はオリックスの山岡が2番手としてマウンドへ。

8番・アギラルはセンターフライ。9番・ソリスは外角150キロの直球を空振り三振。1番・ロバーソンはスライダーで空振り三振。

山岡は2奪三振をマークするナイスピッチング。

【動画】2番手・山岡が地元京セラドームで2者連続三振

  • 個人的に思うのは、甲子園で結果を残した投手や、社会人の都市対抗で活躍した投手は…

    WBC2度出場のサブマリン・渡辺俊介氏(写真:本人提供) 詳細を読む (アプリ限定)

4回表

5番・吉田はフルカウントから四球を選ぶ。6番・中村も四球を選び、無死一、二塁。7番・村上はレフトフライ。8番・甲斐はライト前へ運び、二塁走者の吉田が生還。日本が2点目を挙げる。

1死一、三塁でプレー続行。9番・京田はフルカウントから四球を選ぶ。ランナー満塁となって、1番・上林は空振り三振。2番・西川は見逃し三振。

日本は甲斐のタイムリーでリードを広げた。

【動画】甲斐のライト前へタイムリーで追加点

4回裏

山岡は2イニング目のマウンドへ。

2番・ペーニャはファーストゴロ。3番のV・メンドーサは9球目をセカンドフライ。4番・メネセスは初球を捉え、右中間フェンス直撃の二塁打。

2死二塁となって、5番・フアレスは115キロの変化球で空振り三振。

山岡はチームメートのメネセスに長打を打たれるも、後続を断った。

5回表

メキシコは4番手・オイエルビデスがマウンドへ。

3番・近藤は四球を選ぶ。4番・岡本は外角速球を見逃し三振。5番・吉田は6-4-3の併殺打。

日本、先頭打者を出すも無得点に終わった。

5回裏

日本は3番手でソフトバンクの高橋がマウンドへ。巨人の小林が捕手に入った。

6番・クルーズは初球をサードゴロ。7番・アマダーのサードゴロを村上が悪送球。

1死一塁から、8番・アギラルはサードゴロで二塁フォースアウト。9番・ソリスは2球目をセンターフライ。

サブマリン高橋は味方のエラーで走者を背負うが、無失点。

  • 高橋礼君には以前、スピードよりも、どうやったらボールが浮き上がるかという話をしましたね。日本のアンダースロー投手が国際大会で…

    WBC2度出場のサブマリン・渡辺俊介氏(写真:本人提供) 詳細を読む (アプリ限定)

6回表

メキシコはオイエルビデスが続投。

6番・中村はショートフライ。7番・村上は1ボール2ストライクからセンター前ヒット。8番・小林は初球を4-6-3の併殺打。

日本は村上の代表初ヒットが飛び出すが、後が続かず無得点。

6回裏

日本は高橋が続投。

1番・ロバーソンは空振り三振。2番・ペーニャはセカンドゴロ。3番V・メンドーサはフルカウントから四球。4番・メネセスはフルカウントからの10球目をセンター前ヒット。一塁走者は三進。

2死一、三塁から、5番・フアレスはライト前へ運ぶタイムリーヒット。メキシコが1点を返す。なおも走者一、二塁で6番・クルーズはショートゴロ。

メキシコはフアレスのタイムリーで1点差に迫った。

【動画】フアレスがライト前タイムリーを放ち、メキシコが追い上げ開始

7回表

メキシコは左腕のコータが5番手としてマウンドへ。

9番・京田はショートゴロ。1番・上林はライト前ヒット。2番・西川の打席で、上林がけん制で逆を突かれ二塁憤死。西川はサードゴロに倒れる。

日本は上林が本日3本目の安打を放つも無得点。

  • 五輪もWBCも日の丸をつけて戦うことに変わりはない。負けたらすごいバッシングだろうなと思ったこともありました。それでも…

    第1回WBC4番打者・松中信彦氏(写真:本人提供) 詳細を読む (アプリ限定)

7回裏

日本はロッテの松永がマウンドへ。

7番・アマダーの代打、I・ロドリゲスはセカンドゴロ。8番・アギラルは死球。9番・ソリスは右中間へタイムリー二塁打。メキシコが同点とする。

なおも1死二塁、1番・ロバ―ソンはレフトへタイムリー二塁打。メキシコが逆転に成功。2番・ペーニャはライトフライ。

2死二塁、3番のV・メンドーサはセカンドゴロ。

メキシコは連続タイムリーで試合をひっくり返した。

【動画】ソリス、ロバーソンの2者連続タイムリーでメキシコが逆転

8回表

メキシコは6番手で左腕のフィリップスがマウンドへ。

3番・近藤はセカンドゴロ。4番・岡本はファーストライナー。5番・吉田はセンター前ヒット。巨人の吉川が代走に入る。

2死一塁、6番・中村はショートゴロで二塁フォースアウト。

日本は2死から走者を出すも無得点。

8回裏

日本はヤクルトの梅野がマウンドへ。

4番・メネセスはセンターフェンス直撃の二塁打。メネセスは本日4安打。5番・フアレスはサードライナー。村上が横っ飛びでキャッチ。6番・クルーズはセンター左へのタイムリー二塁打。メキシコが2点差に広げる。

1死二塁から、7番のI・ロドリゲスはライトフライ。8番・アギラルは空振り三振。

メキシコはクルーズのタイムリー二塁打で突き放した。

【動画】クルーズがタイムリーツーベースを放つ!

9回表

メキシコは7番手・サンチェスがマウンドへ。

7番・村上はストレートの四球を選ぶ。8番・小林に代わり、広島の野間が打席へ。野間は空振り三振。9番・京田はレフト前ヒット。

1死一、二塁、1番・上林はライトフライ。走者2人がタッチアップを試みるも、一走の京田が二塁憤死。

日本は好機を生かせず無得点に終わった。

関連リンク