東京マラソン2019

2019/3/3 9:10スタート

堀尾、今井、藤川、神野がMGC出場権獲得

${title.title}

${thead.title01} ${thead.title02} ${thead.title03} ${thead.title04}
${item.rank} ${player.name} ${player.name} ${item.text03.name} ${item.text03.name} ${item.text04.point} ${item.text04.point_sub}

※記録は速報値です

総括

中央大の堀尾(写真)が日本人トップでフィニッシュ。学生初となるMGC出場権を獲得した【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 東京マラソン2019が3日、東京都庁から東京駅前・行幸通りまでの42.195キロのコースで行われ、ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で優勝。日本人トップは堀尾謙介(中央大)で全体5位に入った。初マラソンの堀尾は2時間10分21秒をマークし、日本人2位の今井正人(トヨタ自動車九州)、同3位の藤川拓也(中国電力)とともにマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を勝ち取った。また、神野大地(セルソース)もワイルドカードの条件を満たし、MGC出場権を獲得した。

 気温が10度を切り、冷たい雨が降る中で行われた今レース。中間点までは佐藤悠基(日清食品グループ)、中村匠吾(富士通)らが先頭集団につけていたが、終盤に脱落。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)は29キロ地点で途中棄権となった。レース終盤に日本人トップに躍り出た堀尾が、そのまま後続を振り切り、学生ランナー初となるMGCへの切符を手にした。

詳細

  • スタート前

    大迫や木滑、中村らがスタートラインに並び号砲を待つ。午前8時時点の気温は6.5度。湿度53パーセント。北西の風1.8メートルで天候は雨。

  • スタート

    エリートランナーたちが3万8000人のランナーたちと一緒にスタート。

  • 1キロ

    先頭集団が2分48秒で通過。設定タイムより速めのペースでペースメーカーが引っ張る。やや縦長となった集団後方に大迫や中村がつく。

  • 3キロ

    先頭集団が5分48秒、この1キロ2分55秒のペースで通過。先頭集団には佐藤悠基(日清食品グループ)や牧野冴希(DNPL釣り部)らの姿も見える。やや遅れて第2集団には大塚祥平(九電工)、福田穣(西鉄)、神野らがつける。

  • 5キロ

    12人に絞られた先頭集団が14分37秒で通過。大迫、中村が給水を手にする。

  • 7キロ

    先頭集団が20分22秒で通過。この1キロは2分55秒とペースが落ちついてくる。

  • 10キロ

    先頭が29分9秒で通過。世界記録からは8秒遅いが日本記録を大きく上回るペース。第1集団はディクソン・チュンバ(ケニア)ら海外招待選手と中村、佐藤、大迫ら13人ほどの集団が走る。先頭から50秒ほど遅れて第2集団が通過。今井、一色、下田裕太(GMOアスリーツ)らがつける。

  • 15キロ

    先頭が43分56秒で通過。日本記録を1分以上上回るペース。佐藤が給水に失敗するが、大迫からボトルを受け取る。第2集団との差は1分10秒ほど。

  • 16キロ

    20人ほどとなった第2集団から神野が遅れ始める。神野は苦しそうな表情を見せる。

  • 18.6キロ

    ややペースが上がり、先頭集団は縦長となる。中村、大迫、佐藤は後方から前をうかがう。

  • 20キロ

    8人の先頭集団が58分45秒で通過。2時間3分台ペースでレースが展開。

  • 中間点

    先頭が1時間2分2秒で通過。ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)、ビダン・カロキ(横浜DeNA)が先頭集団を引っ張る。佐藤が集団やや後方に、中村、大迫は集団最後尾につける。先頭から1分25秒ほど遅れて第2集団が通過し、設楽啓太(日立物流)、堀尾謙介(中央大)らがその前方につける。

  • 25キロ

    先頭が1時間13秒29秒で通過。先頭集団はチュンバ、レゲセ、カロキの海外招待選手3人に絞られる。先頭から21秒遅れて佐藤、46秒遅れて中村、53秒遅れて大迫が通過する。

  • 28キロすぎ

    大迫が失速し、堀尾、藤川拓也(中国電力)ら集団に追い抜かれる。

  • 28.8キロ

    大迫が走るのをやめ、歩き始める。

  • 29キロ

    大迫が途中棄権となる。

  • 30キロ

    ペースメーカーが外れる。先頭はカロキとレゲセ。チュンバは遅れ始める。日本人首位の佐藤はトップから遅れること1分6秒の1時間29分22秒で通過。佐藤から58秒遅れて中村も通過する。日本人3位以下は藤川、高久龍(ヤクルト)、堀尾、定方俊樹(MHPS)、今井と続く。

  • 32キロすぎ

    堀尾、藤川、高久が中村をとらえる。堀尾、藤川、高久はMGCファイナリストを除く日本人順位1~3位につける。このままの順位で2時間11分以内にフィニッシュすれば、MGC出場権獲得となる。

  • 33キロ

    堀尾、藤川、高久が中村を引き離す。

  • 35キロ

    先頭のレゲセが1時間42分57秒で通過。2位のカロキを19秒引き離す。日本人首位の佐藤は1時間45分55秒で通過。フィニッシュ予想は2時間7分台。後方の堀尾との差は38秒。堀尾、藤川、高久に加え、今井、定方、一色もMGC出場権獲得ペース。神野もワイルドカードでの出場権獲得圏内。

  • 37キロ手前

    初マラソンの堀尾が佐藤を追い抜き、日本人トップに躍り出る。藤川も同2位に順位を上げ、懸命に堀尾を追う。

  • 40キロ

    先頭のレゲセが1時間58分1秒で通過し、トップを独走。日本人1位は堀尾。今井、藤川と続き、ここまでMGC出場権獲得圏内につける。神野、一色もワイルドカードで出場権が獲得できるペース。

  • フィニッシュ

    レゲセが2時間4分48秒でフィニッシュ。日本人トップは堀尾で2時間10分21秒、今井、藤川、神野と続き、ここまでMGC出場権獲得。一色はワイルドカードでの出場権獲得にわずか4秒及ばず。

見どころ

 東京マラソン2019が3日、東京都庁から東京駅前・行幸通りまでの42.195キロのコースで開催される。

 木滑良(MHPS)や中村匠吾(富士通)といったマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナリストが多数エントリーする中、最注目は大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)だ。2017年のボストンでのマラソンデビューから、同年の福岡国際マラソン、そして日本記録を樹立した18年のシカゴマラソンと走るたびに自己ベストを更新してきた。東京は初参戦となるが、アップダウンの少ない“高速コース”が舞台となるだけに、記録更新に期待が膨らむ。

 なお、今大会はMGCシリーズの対象レース。2時間11分以内でMGCファイナリストを除いた日本人の中で3位まで、もしくは2時間10分以内で同4~6位に入ると、東京五輪選考レース(2019年9月15日)への出場権を得る。また、「ワイルドカード」でも出場権獲得の道が開かれており、まだこの切符を手にしていない今井正人(トヨタ自動車九州)や神野大地(セルソース)、一色恭志(GMOアスリーツ)らが条件を突破できるかも注目したい。

 レースは3日、9時10分にスタートする。

関連リンク