2018-19 GPファイナル・女子FS

2018/12/9 6:55開始

紀平梨花が初出場初優勝の快挙! ザギトワを抑える

順位表

${item.title}
${item.list_title_name} ${item.list_title_name} ${title.number} ${title.sub}

※各得点項目をタップで降順表示になります。

総括

初出場初優勝の快挙を成し遂げた紀平【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子フリースケーティング(FS)が日本時間の9日、カナダ・バンクーバーで行われ、16歳の紀平梨花(関西大学KFSC)が合計233.12点で初出場初優勝の快挙を成し遂げた。

平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は合計226.53点で2位。坂本花織(シスメックス)は合計211.68点で4位、宮原知子(関西大)は合計201.31点で6位に終わった。

今季SP世界最高得点を更新した紀平は最終滑走に登場。FSでも150.61点をマークしてザギトワを上回り、デビューシーズンでのファイナル初制覇を果たした。

見どころ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子フリースケーティング(FS)が日本時間の9日、カナダ・バンクーバーで行われる。日本勢は紀平梨花(関西大学KFSC)、宮原知子(関西大)、坂本花織(シスメックス)が出場する。

7日に行われたショートプログラム(SP)では、紀平が今季SP世界最高得点を更新する82.51点をマークし首位に立った。FSでも平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)らを抑え、初出場初優勝の快挙なるか。

4位の坂本はもちろん、6位の宮原も3位と3.13点差と十分に表彰台を狙える位置につけており、巻き返しに期待がかかる。

関連リンク

GPファイナル女子SP
GPファイナル 日程
2018-19シーズン 大会日程
2018-19 GPポイント表(女子シングル)
【Instagram】スポナビフィギュア(@sportsnavi_figure)