日本vs.韓国

第12回 BFA U18アジア選手権1次ラウンド

2018/9/5 18:00 サンマリンスタジアム宮崎

日本、韓国に追いつくことができず惜敗

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
韓国 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
日本 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

バッテリー/本塁打

韓国 キム・キフン、ウォン・テイン、ソ・ジュンウォン-キム・ソンジン
日本 吉田、板川、柿木、根尾-小泉
本塁打 キム・デハン(韓国)

5回15点差、7回10点差でコールド

侍ジャパン速報も対応! プロ野球速報アプリ

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

総括

野球の第12回U18アジア選手権は5日、宮崎で1次ラウンド第3戦が行われ、日本は韓国に1対3と惜しくも敗れた。この結果グループAは韓国が3連勝で1位、日本は2勝1敗で2位通過となった。

日本は先発に吉田を立てるも、初回に相手の4番キム・デハンに3ランを浴び、先制を許す。その後6回に相手のミスで1点を返し、以降も好機をつくるが、あと一本が出なかった。

決勝進出を懸けたスーパーラウンドは7日から始まる。

イニング速報

スタメン

日本のスターティングメンバー
1:小園(遊)、2:奈良間(二)、3:中川(三)、4:藤原(中)、5:根尾(右)、6:野尻(一)、7:蛭間(左)、8:小泉(捕)、9:日置(DH)
先発投手は吉田

韓国のスターティングメンバー
1:ユ・ジャンヒョク(左)、2:ユン・スンヨン(二)、3:キム・チャンピョン(遊)、4:キム・デハン(中)、5:キム・ソンジン(捕)、6:ロ・シファン(三)、7:アン・インサン(DH)、8:キム・ヒョンミン(一)、9:キム・ヒョンス(右)
先発投手はキム・キフン

1回表

日本は金足農・吉田がマウンドへ。

1番ユ・ジャンヒョクは2球目のスライダーをサードゴロ。2番ユン・スンヨンはフルカウントからの10球目を選びフォアボールで出塁。3番キム・チャンピョンは2ボール2ストライクからの7球目をショート小園がエラー。1死一、二塁。4番キム・デハンは初球のスライダーをレフトへ3ラン。韓国が3点を先制する。5番キム・ソンジンはサードゴロ。6番ロ・シファンはファーストゴロ。

韓国が吉田の立ち上がりを攻め、3点を先制した。

1回裏

韓国は左腕のキム・キフンがマウンドへ。

1番・小園は3球目を打ち上げセンターフライ。2番・奈良間は3ボール1ストライクからの5球目を見送りフォアボール。1死一塁、3番・中川は1ボール1ストライクからの3球目を打ち上げライトフライ。2死一塁、4番・藤原はフルカウントからの7球目、変化球にタイミングが合わず空振り三振。

日本、ランナーを出すも無得点に終わった。

2回表

この回も吉田がマウンドへ。球数は28球。

7番アン・インサンは初球ストレートに詰まりショートゴロ。8番キム・ヒョンミンは2ボール2ストライクからの5球目、スプリットに空振り三振。吉田は今日初の三振を奪う。9番キム・ヒョンスは初球をたたき、ショートゴロも小園がエラー。2死一塁、1番ユ・ジャンヒョクは2ストライクからの4球目を空振り三振。

吉田はこの回、2死からランナーを許すも無失点に抑えた。

2回裏

3点を追う日本は5番・根尾からの攻撃。

根尾は1ボール2ストライクからの4球目をセカンドゴロ。6番・野尻は初球を狙うもバットを折られファーストフライ。7番・蛭間は2ストライクからの3球目をセンターフライ。

日本はこの回三者凡退に終わった。

3回表

日本はこの回も吉田がマウンドへ。ここまで39球。

2番ユン・スンヨンは1ボール2ストライクからの4球目をショートゴロ。3番キム・チャンピョンは2ストライクからの4球目、高めのストレートをたたきセカンドゴロ。4番キム・デハンはフルカウントからの7球目、147キロのストレートが低めに外れフォアボール。2死一塁、5番キム・ソンジンは2ストライクからの3球目を見逃し三振。最後は外角143キロの真っすぐだった。

吉田はこの回もランナーを許すが、無失点で切り抜けた。

3回裏

韓国はこの回もキム・キフンがマウンドへ。ここまで26球。

8番・小泉はフルカウントからの6球目、内角高めを見送りフォアボール。無死一塁、9番・日置は3球目を送りバント成功。小泉を二塁へ進める。1番・小園は初球を打つもレフトフライ。2死二塁、2番・奈良間は1ストライクからの2球目、センターへの浅いフライ。

日本は得点圏にランナーを進めるも無得点に終わった。

4回表

日本はこの回も吉田がマウンドへ。ここまで57球。

6番・ロ・シファンは1ボール2ストライクからの5球目、低めスプリットを空振り三振。7番アン・インサンは1ボール2ストライクからの4球目、外角スライダーをショートゴロ。8番キム・ヒョンミンは初球を打ちサードゴロ。

吉田がこの試合初めて三者凡退に抑えた。

4回裏

序盤ノーヒットの日本打線、この回は3番・中川からの好打順。

中川は1ストライクからの2球目、変化球を捉えるもセンターフライ。4番・藤原は2ボールからの3球目、内角ストレートを引っ張りライトオーバーのスリーベース。日本はこの試合初めてのヒットが出た。1死三塁、5番・根尾は2ボール2ストライクからの5球目、低め変化球を空振り三振。2死三塁、6番・野尻はフルカウントからの7球目、外角ストレートを見送りフォアボール。2死一、三塁、7番・蛭間は1ボールからの2球目、ストレートをたたくもセンターフライ。

日本は藤原のスリーベースでチャンスをつくるも、後が続かず無得点。

5回表

吉田はこの回も続投。4回まで67球。

9番キム・ヒョンスは3ボール1ストライクからの5球目をセンターフライ。1番ユ・ジャンヒョクはフルカウントからの6球目、ショートゴロに打ち取るも小園がエラー。1死一塁、2番ユン・スンヨンの初球でユ・ジャンヒョクが盗塁を試みるも失敗。ユン・スンヨンは2球目をファーストゴロ。

吉田は2回以降無失点に抑えている。

5回裏

韓国はこの回もキム・キフンがマウンドへ。ここまで57球。

8番・小泉は1ボール1ストライクからの3球目をセカンドゴロ。9番・日置はフルカウントからの6球目、高めに浮いた変化球を見送りフォアボール。1死一塁、1番・小園は2ボール2ストライクからの5球目を捉え、一、二塁間を破るヒット。1死一、二塁、2番・奈良間は2ボール2ストライクからの5球目をファーストファールフライ。3番・中川はフルカウントからの6球目、低め変化球を打つもショートゴロ。ショートがセカンドベースを踏んでフォースアウト。

日本は3イニング続けて得点圏にランナーを進めるも無得点。

6回表

吉田はこの回もマウンドへ。5回まで80球を投じている。

3番キム・チャンピョンは初球をセーフティバント。一塁へ転がし内野安打。無死一塁、4番キム・デハンは2ボール2ストライクからの6球目、外角高めストレートを空振り三振。1死一塁、5番キム・ソンジンは2ボール2ストライクからの5球目、外角高めストレートをライトへの浅いフライ。根尾がスライディングキャッチで抑えた。2死一塁、6番ロ・シファンは2ストライクからの3球目、内角低めを打ち上げライトフライ。

吉田は先頭を出すも無失点で切り抜けた。

6回裏

3点を追う日本は4番・藤原からの攻撃。韓国は2番手として右腕のウォン・テインがマウンドへ。

藤原はストレートのフォアボールを選ぶ。無死一塁、5番・根尾の2球目、藤原が盗塁成功。根尾はフルカウントからの6球目、低めストレートをセカンドへ内野安打。無死一、三塁とする。ここで韓国はキム・ジュソンがレフトへ。6番・野尻の打席で牽制悪送球があり、ランナーそれぞれが進塁。藤原が生還し、日本が1点を返す。野尻はキャッチャーファールフライ。

1死二塁、7番・蛭間は初球をセンターフライ。8番・小泉は1ボール2ストライクからの4球目、変化球を空振り三振。

日本は相手のミスで1点を返した。

7回表

日本は2番手として横浜・板川がマウンドへ。吉田は6回3失点でまとめた。

7番アン・インサンは2球目をショートゴロ。8番キム・ヒョンミンは1ボール2ストライクからの6球目、低めフォークを空振り三振。9番キム・ヒョンスは2ボール2ストライクからの5球目、低めフォークを空振り三振。

2番手の板川、2三振を奪うなど三者凡退に抑えた。

7回裏

韓国はこの回もウォン・テインがマウンドへ。

9番・日置は1ボール2ストライクからの4球目、高めに浮いた変化球を捉えたがレフトフライ。1番・小園は1ボール2ストライクからの4球目、外角ストレートに合わせるもレフトフライ。2番・奈良間は1ボール2ストライクからの5球目、低め変化球を拾うもサードライナー。

日本は2回以来の三者凡退。

8回表

日本は3番手で大阪桐蔭・柿木がマウンドへ。

先頭のキム・ジュソンは2球目をファーストゴロ。2番ユン・スンヨンは1ボール2ストライクからの4球目、低めスライダーを振らせて空振り三振。3番キム・チャンピョンはフルカウントからの6球目、高めストレートを捉えるもライトフライ。根尾がウォーニングゾーンで捕球した。

柿木も板川に続き三者凡退に抑えた。

8回裏

2点を追う日本は3番・中川からの攻撃。

中川は2ボール2ストライクからの5球目を空振り三振。4番・藤原は1ボール1ストライクからの3球目をライト前ヒット。藤原は今日2本目のヒット。ここで韓国は3番手に右サイドハンドのソ・ジュンウォンがマウンドへ。1死一塁、5番・根尾はフルカウントからの6球目、フォアボールを選ぶ。1死一、二塁、6番・野尻が2ボール2ストライクからの5球目、ピッチャー返しを放つもショートゴロでセカンドフォースアウト。2死一、三塁、7番・蛭間はフルカウントからの7球目、ストレートを捉えきれずショートゴロ。

日本は1死一、二塁の好機をつくるも無得点に終わった。

9回表

日本は4番手に根尾がマウンドへ。峯がライトに入った。

4番キム・デハンは初球をセンター前ヒット。無死一塁、5番キム・ソンジンは1ボール2ストライクからの4球目、高めストレートをライトフライ。6番ロ・シファンの2球目、キム・デハンが盗塁成功。1死二塁となって、ロ・シファンは6球目の149キロストレートを空振り三振。

9回裏

韓国は3番手ソ・ジュンウォンが続投。捕手にキム・ドファンが入った。

日本は8番・小泉の代打に常葉大菊川の根来を送る。根来はフルカウントから内角低めストレートを打つもショートゴロ。続く峯は3球三振に倒れる。1番・小園は3球目の外角ストレートをレフト前ヒット。2番・奈良間の3球目、小園が盗塁成功。続く4球目、151キロストレートを見逃し三振。

日本は韓国に追いつくことができず、敗北を喫した。

関連リンク