アジア大会2018 女子マラソン

2018/8/26 08:00 インドネシア・ジャカルタ

チェリモが優勝 野上は2位で銀メダルを獲得!

${title.title}

${thead.title01} ${thead.title02} ${thead.title03} ${thead.title04}
${item.rank} ${player.name} ${player.name} ${item.text03.name} ${item.text03.name} ${item.text04.point} ${item.text04.point_sub}

総括

野上が2位でゴールし銀メダルを獲得【写真:ロイター/アフロ】

 アジア大会女子マラソンが26日に行われ、バーレーンのローズ・チェリモが2時間34分51秒で優勝。2位には日本の野上恵子(十八銀行)が2時間36分27秒で入り銀メダルを獲得した。田中華絵(資生堂)は2時間42分35秒で9位となった。

 朝6時のスタートで、朝日が昇る中でのレースとなり、徐々に気温は上昇していった。序盤からスローペースな展開となると、前半から野上が積極的に集団の先頭に立った。25キロの給水タイミングでチェリモがペースを上げると、先頭集団はバラけ始め、野上は2位集団を形成する。田中はここで集団からは遅れ始める。

 先頭はチェリモの独走となると、2位集団では38キロ過ぎに野上がペースを上げ、韓国のチェ・キョンソンが遅れ始め、また40キロ過ぎのペースチェンジでキム・ヒソンも突き放し、野上が単独2位となる。レースはそのままチェリモが最初にゴールテープを切り、野上は2位に入り、前日の男子に続き、女子もメダル獲得となった。

野上のレース後コメント

(銀メダル獲得となったが)目指してきていたので、メダルを取ることができて、本当にホッとしています。
(2位集団を形成していたが)絶対メダルだけは取ると思って、最後まで諦めないと思って走りました。
(チームメートには)苦しい時も乗り越えたらこういう素晴らしい結果を残すことができるのだと伝えたいです。
(今後については)銀メダルということでまだまだ課題はたくさんあるので、これをバネにして、また次のレースで、このレースを生かして戦えるように準備していきたいです。

速報

スタート前

日本の野上恵子(十八銀行)、田中華絵(資生堂)ら19人のエントリー選手がスタート地点へと集合する。現地の気温は27度、湿度76%。間もなく号砲が鳴らされる。

スタート

19人のエントリー選手が一斉にスタート。

1キロ

最初の1キロは4分近いゆっくりとしたペース。田中が先頭に出て集団を引っ張る。野上は集団の中盤に付けていたが、田中の後ろまで前に出る。

5キロ

最初の5キロは19分09秒。スローペースながら先頭集団はすでに13人に絞られる。2キロ過ぎから野上が先頭に立ち、その後に田中、キム・ドヨン(韓国)、ムンクザヤ・バヤルツォト(モンゴル)らが付いていく。

10キロ

先頭が37分31秒で通過。集団は11人に絞られる。10キロ手前でバヤルツォトが前に出て給水に対応する。先頭を引っ張っていた野上はそのままバヤルツォトの後ろに付ける。田中は集団の最後方に付け前の様子を見る。

13.5キロ

先頭集団に付けていた田中がいったん立ち止まり靴ひもを結び直す。やや集団から遅れる形になったがすぐに集団に戻る。

15キロ

先頭が56分48秒で通過。ローズ・チェリモ(バーレーン)が先頭に立ち給水に対応するがすぐに後に下がる。再び野上が先頭に立ち、田中も集団の前方に付ける。先頭集団に1人復帰し、12人の集団になる。

20キロ

先頭が1時間16分23秒で通過。チェリモが給水で前に出るが再び集団に戻る。再び野上が先頭で引っ張る形になるが、集団はやや横長の隊列で走る。

25キロ

先頭が1時間35分28秒で通過。先頭集団は10人に絞られる。野上が先頭でペースを刻むと、すぐ後にはキム・ドヨン、バヤルツォト、チェ・キョンソン(韓国)が付ける。田中もチェリモをマークしながら集団の後方を付いていく。給水で前に出たチェリモがペースを上げ後続との差を広げると、集団がバラけ始める。

26キロ

チェリモが後続との差を大きく広げる。2位集団ではキム・ドヨン、チェ・キョンソン、野上、キム・ヒソン(北朝鮮)が追いかける。田中は大きく離される。

30キロ

先頭のチェリモが1時間52分16秒で通過。野上ら2位集団とは34秒差を付ける。集団からはキム・ドヨンが遅れ始め、3人の集団となる。

35キロ

チェリモが2時間9分19秒で通過。2位集団とは1分27秒差を付ける。野上は2位集団の先頭を走り、チェ・キョンソン、キム・ヒソンが続く。

40キロ

チェリモが2時間26分7秒で通過。後続とは大きな差を付けて金メダルを確実なものとする。2位集団は野上が38キロ過ぎにペースを上げ、チェ・キョンソンが遅れ始める。キム・ヒソンとの2位争いが続く。

40.1キロ

野上が給水のタイミングでスパートをかけキム・ヒソンとの差を広げる。

ゴール

チェリモが2時間34分51秒でゴール。金メダルを獲得。野上はラストスパートでキム・ヒソンを突き放し2時間36分27秒でゴールし、銀メダルを獲得。田中は2時間42分35秒の9位でゴール。

関連リンク