記事

テニス

競技概要

テニスは1人対1人、または2人対2人で、ラケットを使ってネット越しにボールを打ち合い、得点を競うスポーツ。オリンピックにおけるテニス競技には、男子、女子それぞれにシングルス(1対1)と、ダブルス(2対2)があり、さらにロンドン2012大会からは男女ペアで行うミックスダブルスが加わっている。男子シングルスの決勝のみ3セット先取の5セットマッチ。それ以外の試合は2セット先取の3セットマッチ。負けたら敗退する「トーナメント方式」で行われ、一発勝負だ。準決勝敗退者だけは、あとに3位決定戦がある。

第1回のアテネ1896大会から正式競技だったテニス。しかしテニス界ではその後プロが参加するトーナメントが台頭したため、アマチュアリズムを重視していたオリンピックから長い間外されていた。再びオリンピックにプロ選手の参加が認められるようになり、ソウル1988大会から復活した。シングルスの出場資格は世界ランク上位56名などで、原則として近年の国別対抗戦で2年以上の代表経験があること。また、1国につき4人までとなっている。

競技見どころ

裏をかくなど「駆け引き」が見もの メンタルがゲームの流れを変えることも

ロイター/アフロ

試合開始前のトスで決まった一方のプレイヤーがサーバー、他方がレシーバーとなり、ゲームごとに交替する。スコアは、0ポイントがラブ (love、O)、1ポイントがフィフティーン (15)、2ポイントがサーティー (30)、3ポイントがフォーティー (40) と数える。4ポイント先取すると、1ゲーム獲得できる。3ポイントで並んだ場合はデュースとなり、以降2ポイント差がつくまでゲームは続く。先に6ゲームを先取した方が1セットを獲得する。ゲームカウントが5対5になったときは、先に7ゲームを先取した方が1セットを獲得し、6対6になったときは、最終セットを除きタイブレークが採用される。

テニスではサーブを打つ側が有利とされているため、サーブ権を持つゲーム(サービスゲーム)を獲得することを「キープ」と言う。一方、相手がサーブを打つゲームは自分には不利なため、このゲームを獲得することを「ブレーク」と言う。自分のサービスゲームを確実にキープしながら、相手のサービスゲームをどれだけブレークできるかが勝利の鍵。競っている試合では、ゲームを1つでもブレークすると、大きなアドバンテージとなる。

サーブやボレーを得意とする選手、ストロークのうまい選手など選手の個性を知って観戦すると楽しみが増す。ラリーが続いた時、どちらが先に攻撃を仕掛けるかも見ものだ。ライン際を狙ったショットやネット近くのドロップショット、左右の揺さぶり、回転やスピードを変えるなど仕掛ける技に注目したい。相手の裏をかくプレーが決まったときは大歓声が起こる。

テニスはメンタルが重要なスポーツ。とりわけ孤独な闘いであるシングルスでは、緊張や焦り、ネガティブな気持ちをどうコントロールするかが大切となる。選手のメンタルが影響し、試合の流れが大きく変わることもある。負けている試合でもうまく流れをつかんで逆転へと結びつけていける選手もいれば、プレッシャーやミスが原因で自分らしいプレーができなくなり自滅してしまう選手もいる。メンタルの戦いという視点は、テニス観戦の醍醐味の一つだ。

テニスのコートには土でできたクレーコート、天然芝のグラスコート、アスファルトを基礎としたハードコートなどがある。バウンドが低いグラスコートを得意とする選手もいれば、バウンド後の球速が遅いクレーコートを得意とする選手もいる。各選手のコートとの相性を知っておくと、より面白く見られる。オリンピックで使用するのはハードコートである。

・2020に向けたテニスの展望(外部サイト)

引用:東京2020組織委員会

競技会場(外部サイト)

チケット情報

東京2020大会のチケットは現在販売中です

チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。
・チケット情報詳細(外部サイト)