記事

ラグビー

競技概要

ラグビーのルーツは、18~19世紀にかけてイギリスのパブリックスクールで広まったフットボール。1823年にラグビー校で開催されていたフットボールの試合中、エリスという少年が突然ボールを手に持って走り出しゴールを駆け抜けるという出来事があり、それがラグビーの始まりとされている。その後ラグビー校が独自のルールを整備し、「ラグビーフットボール」として世界に普及した。1871年にラグビーフットボールユニオン(イングランドラグビー協会)が設立され、1886年に国際ラグビー評議会(IRB)が発足。現在はチームの人数やルールが若干異なる「ラグビーユニオン」「ラグビーリーグ」の2種類が世界各地でプレーされており、オリンピックでは7人制ラグビー(通称「セブンズ」)が実施されている。

オリンピックでのラグビーの歴史をひもとくと、パリ1900大会、ロンドン1908大会、アントワープ1920大会、パリ1924大会で15人制ラグビーが実施され、その後長いブランクを経てリオデジャネイロ2016大会より7人制ラグビーとして復活した。女子種目はリオデジャネイロ2016大会が初めての実施となった。

競技見どころ

ダイナミックかつスピーディ 広いフィールドで展開される激しい点取り合戦

ロイター/アフロ

チームで連携し、楕円形のボールを相手陣地一番奥のインゴールへ運ぶことを目指す競技。手に持って走る、投げる、足で蹴るといったさまざまな手段をとるが、投げる場合は目指すゴールと逆方向でなければならないという点は他の競技にないユニークなルールだ。

フィールドの大きさは、7人制でも15人制と同じ68メートル~70メートル×94メートル~100メートル。広いフィールドを少ない人数でプレーする分、一人一人の技術や俊敏性が一層求められる。またパスを多用してボールを大きく動かすためダイナミックな試合展開となるのも魅力だ。試合時間は15人制の80分に対して前後半合わせて14分と短く(※)、ハーフタイム2分間を挟んで全員が一瞬たりとも気を抜けないスピーディな戦いを繰り広げる。見る側も決して目を離せない。

得点方法は4種類あり、ボールを手に持ってゴールラインを超え、地面にタッチさせる「トライ」が5ポイント、トライ後にゴールポスト間にボールを蹴り入れる「コンバージョンゴール」が2ポイント、試合の流れの中でゴールポスト間にボールを蹴り入れる「ドロップゴール」は3ポイント、相手反則時に与えられるペナルティキックでのゴールが3ポイント。残り時間が短くなってくると、どのゴール方法を選択するかが勝負の分かれ目にもなる。チームの戦術も見どころだ。

チームはフォワード3人、バックス4人で構成され、1試合につき1チーム5人まで交代ができる。ポジションとしての呼び名はあるものの、7人制は全員攻撃・全員守備が基本となるため、全員がトライへ向かう意識を持って戦う。エキサイティングな点の取り合いを楽しもう。また、相手ディフェンスをかいくぐって長い距離を走るため、スピード自慢の選手が多いのも7人制の特徴だ。

大会には男女種目ともに12チームが出場し、メダルを争う。

※決勝戦のみ10分ハーフの20分間で試合が行われる。

・2020に向けたラグビーの展望(外部サイト)

引用:東京2020組織委員会

競技会場(外部サイト)

チケット情報

東京2020大会のチケットは現在販売中です

チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。
・チケット情報詳細(外部サイト)