記事

バドミントン

競技概要

バドミントンは、1人対1人、または2人対2人で、ラケットを使ってネット越しにシャトルを打ち合い、得点を競うゲーム。オリンピックではバルセロナ1992大会から正式競技となり、男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスが行われている。バドミントンが他のネットスポーツと決定的に違うのは、丸いボールではなくはシャトルというまったく形の違うものを使うこと。シャトルとは、半球状のコルクに水鳥などの羽根を接着剤などで固定したもの。ラケットで打った瞬間の初速は、あらゆる球技の中で最も速いが、空気抵抗を大きく受けるため、初速と相手コートに届くときの終速は著しく違う。そのシャトルの特性により、バドミントンはストロークの種類が多く、ラリーがスピードや変化に富んでいることが特徴だ。

競技見どころ

ショットは多彩。スピードと変化を楽しみたい

ロイター/アフロ

バドミントンの試合はすべて2ゲーム先取の3ゲームマッチで、各ゲーム21点を先取したほうが勝ち。20点オールになったときは2点差がつくまで続く。ただし29点オールになった場合には、30点目を得点した方がそのゲームの勝者となる。

シングルスではそれぞれ3~4人の16のグループに分かれて総当たりのリーグ戦が行われ、各グループで1位になった選手が決勝トーナメントに進む。

ダブルスでは4人ずつの4つのグループに分かれてリーグ戦が行われ、それぞれの上位2人が決勝トーナメントに進む。

バドミントンの試合で強打されるスマッシュは、手元に届いた時にもかなりのスピードが残っているが、ヘアピンとよばれるネットプレーやドロップショットでは一瞬にして速度が落ちる。ラケットの握り方や力の入れ方、角度のつけ方などにより、緩急の差に加えさまざまな変化が生まれ、多彩なショットの打ち分けにつながるのだ。

一流選手は、ここに打ったらここに返ってくる、と2手、3手先を読んでプレーする。相手の動きを予測しあい、逆をつくプレーをしあう駆け引きもバドミントン観戦の面白さのひとつだ。

シングルスでは特に、相手を動かしてオープンスペースをつくり、そこを狙うと得点につながりやすい。いかにオープンスペースをつくるかが見どころだ。ダブルスでは、シングルス以上のスピーディーな展開が見もの。また一人一人の実力に加え、二人のコンビネーションが大きく影響してくる。ローテーションといわれるが、攻撃、守備、再び攻撃と二人の陣形は状況に応じてめまぐるしく変化していく。どんな球がきた時にどんなフォーメーションになっているのか、それがどう変化していくかを見るだけでも面白い。

ミックスダブルスでは、女子が集中攻撃を受けるのがパターン。女子が男子の強打をどれだけレシーブできるか。男子はパートナーの女子をどれだけフォローできるかが勝利のカギを握る。

・2020に向けたバドミントンの展望(外部サイト)

引用:東京2020組織委員会

選考基準

競技会場(外部サイト)

チケット情報

東京2020大会のチケットは現在販売中です

チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。
・チケット情報詳細(外部サイト)