記事

アーチェリー

競技概要

アーチェリーは、的を狙って弓で矢を放ち、得点を競う競技。体力や技術はもちろん必須だが、わずかな雑念がミスにつながる競技であり、メンタルの強さが勝敗の決め手となる。一流選手たちが、重要な場面でどれだけ平常心を保って正確な矢が放てるかが見どころだ。

屋外の地面の平坦な射場で行うターゲットアーチェリー、森や山などで行われるフィールドアーチェリー、室内で行われるインドアアーチェリーなど競技の種類はさまざまだが、オリンピックではターゲットアーチェリーを実施している。

オリンピックにアーチェリーが採用されたのはパリ1900大会。パリ1924大会からしばらく外されていたが、ミュンヘン1972大会から再び正式競技として復活した。

オリンピックでは70メートルで競技を行い標的は直径122センチメートルの円で、中心に当たれば10点。以下、得点となる円の帯が並んでいて、9点、8点......1点と外側に向かって点数が小さくなる。1点の外側は0点となる。70メートルというとオリンピック競泳の50メートルプールよりさらに長い距離だ。そんなに遠くからCDと同じ大きさの中心の10点をめがけて矢を放つのである。まずはその壮大さ、高度な技に圧倒される。

競技見どころ

選手と一体になって味わう 張り詰めた緊張感と心地よい爽快感

ロイター/アフロ

64人の選手で行われる予選はランキング・ラウンドとも呼ばれ、トーナメントのランキングを決めるために行われる。1人が72射放ち、合計得点で1位から64位までの順位を決められ、1位対64位、2位対63位......とトーナメントでの対戦相手が決まる。

1対1で行われるトーナメントでは、1射ずつ交互に射(う)つ(1射の制限時間は20秒)。1マッチ6ポイント先取で勝利。1セット3射30点満点で得点の高いほうの選手に2ポイント、引き分けの場合はそれぞれに1ポイントが付与される。最大5セットまで行い、両者5ポイントの引き分けのときはシュートオフ(タイブレーク)を行い勝者を決定する。

予選と異なり1対1で対戦するので、勝つか負けるかの戦いになる。アーチェリーは自分との闘いというが、相手が高い点を出せばどうしても気持ちに影響するものだ。相手の得点によって、さらにいい得点を出すこともあれば、プレッシャーでミスしてしまうこともある。どれだけ相手に影響されず自分のパフォーマンスができるかが、一番の見どころ。シーソーゲームになることも多く、一射、一射、最後まで安心はできない。

矢をつがえ、引き、狙いを定め、引いた矢を離すまでの一連の動作を、選手は心を乱さず、集中力を高めて行おうとする。その時の心身の緊張は観る者にもはっきりと伝わってくる。観戦する時は、この緊張感をともに味わいたいもの。また競技場で観戦する場合は、矢が的に向かって飛んでいくスピード感や、矢が的に吸い込まれていく時の爽快感も、選手とともに感じることができるのが楽しい。

予選の合計点が上位の16カ国が出場し、1チーム3人ずつで行う。1エンドは3選手が各2射の計6射。これを4エンド行い、総得点の高いチームが勝ちとなる。1マッチ5ポイント先取で勝利。1セットは、選手が各2本射ち計6射60点満点で得点の高いほうのチームに2ポイント、引き分けの場合はそれぞれに1ポイントが付与される。最大4セットまで行い、両チーム4ポイントのときはシュートオフ(タイブレーク)を行い勝者を決定する。いい緊張感がつくられてパフォーマンスが上がる選手もいれば、失敗が許されないというプレッシャーで、ミスをしてしまう選手もいる。国を背負って一流選手たちが見せてくれる人間らしいドラマを楽しみたい。

・2020に向けたアーチェリーの展望(外部サイト)

引用:東京2020組織委員会

競技会場(外部サイト)

チケット情報

東京2020大会のチケットは現在販売中です

チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。
・チケット情報詳細(外部サイト)