連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】チェコの巨人・コラーのモナコ時代  「ポストプレー→ヘッド」の十八番の形で

YOJI-GEN
 202センチ・108キロ。ヤン・コラーは規格外のサイズを誇るセンターフォワード(CF)だった。欧州のトップシーンで活躍したCFでは、おそらく歴史上でも最大級。ほぼ同時期にニコラ・ジギッチという2メートル超のCFがいたが、このセルビア代表のハイタワーはコラーほどの実績は残せなかった。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 チェコの巨人・コラーの全盛期といえば、2001-02シーズンから5年間にわたってプレーしたドルトムント時代だろう。ベルギーの中堅、ロケレンで飛躍のきっかけをつかんだのが20代半ば。1999年夏に移籍した同国の名門アンデルレヒトで評価を高め、その2年後、28歳のときにドルトムントに引き抜かれた。

チェコ代表デビューはロケレン時代で、26歳になる直前(通算91キャップはチェコ代表の歴代6位タイ)。このレベルの選手としてはかなり遅咲きだった。

 ドルトムントで一時代を築いた巨漢CFは、06年夏にモナコに新天地を求めた。当時33歳。すでにキャリアの下り坂だったが、それでもそのパフォーマンスはまだ高水準を保っていた。

 コラーは同じ超大型CFでも、ズラタン・イブラヒモビッチ(195センチ)のようなテクニックも、アーリング・ハーランド(194センチ)のようなスピードも持ち合わせていなかった。しかし、彼らを上回る圧倒的なサイズがあり、足元の技術は安定していた。できることとできないことを心得ていて、自分の役割に徹するプレーヤーだった。

 最大のセールスポイントは、破格のサイズとキープ力を活かしたポストワーク。ゴール前にデンと構えるだけでなく、状況に応じてポジションを下げてパスを引き出し、攻撃の基準点となった。自身は素早く動けなくても、速い展開でも攻撃のリズムを損ねることなく、重要なピースとして機能した。

コラーはモナコに2シーズン在籍。一度ドイツに戻ったが、その後フランスに帰ってきて3部のカンヌでキャリアを終えた 【DUGOUT】

 モナコ1年目の06-07シーズンのリーグ1(フランス1部)第20節、サンテティエンヌ戦では、得意の形からこの試合唯一の得点を挙げてチームを勝利に導いた。

 自陣からの攻撃で、コラーは敵陣センターサークル付近でキャメル・メリアムの縦パスを引き出す。2人の敵を背にしてダイレクトでメリアムにボールを返すと、そこからゴール方向へ向かう。味方が左サイドで攻略を図る間にゴール前に移動したコラーは、メリアムからのクロスにドンピシャのタイミングで合わせ、ネットを揺らした。

高く跳ぶことはできずとも、体の幅とパワーで敵を抑え込み、ヘディングでズドンと強いボールを撃ち込む。実にコラーらしいゴールだった。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント