連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】バレンシアの新監督に就任した“闘犬”ガットゥーゾのシュートセンス

YOJI-GEN
 6月9日、ラ・リーガ1部のバレンシアが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督の就任を発表した。

 現役時代はミランやイタリア代表で、中心選手として活躍したガットゥーゾ。引退後は指導者の道へ進むと、ピサや古巣のミラン、ナポリなどを率い、2019-20シーズンには途中就任したナポリにコッパ・イタリアのタイトルをもたらしている。しかし昨シーズンは、フィオレンティーナの監督に一度は就任するも、選手補強を巡ってクラブと対立。結局1試合も指揮を執ることなく退任していた。

 来たる22-23シーズンから、初めて母国以外の欧州主要リーグで指揮を執ることになったわけだが、近年低迷が続くスペインの名門バレンシアを再建できるのか、その手腕に注目が集まっている。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 今回紹介するのは、そんなガットゥーゾが1999年から13シーズンにわたって在籍し、セリエAとチャンピオンズリーグをそれぞれ二度ずつ制した、ミラン時代の映像だ。

 ガットゥーゾと言えば“闘犬”の異名そのままに、ハードワークと強烈なボール狩りで知られたMFだった。とりわけカルロ・アンチェロッティ監督(現レアル・マドリー)が率いていた当時のミラン(01~09年)では、司令塔アンドレア・ピルロを支える名バイプレーヤーとして不可欠な存在だったが、その闘争心あふれるプレースタイルはサポーターからも愛された。

 もっとも、単なる汗かき役では決してなかった。キャリアを重ねるごとにプレーの幅を広げ、中盤から効果的なパスを供給するだけでなく、時折貴重なゴールも決めてみせた。ミランが7シーズンぶりのスクデットを獲得した10-11シーズンには、宿敵ユベントスを相手に敵地で値千金の決勝ゴールもマークしている(15秒~収録)。

現役時代はエネルギッシュなプレースタイルでミランの中盤を支えたガットゥーゾ。低迷する名門バレンシアを熱い指導で変えられるか 【DUGOUT】

 他にもフィオレンティーナ戦の強烈ミドル(24秒~収録)、パレルモ戦の振り向きざまの左足(35秒~収録)、相手DFの股下を通してニアサイドを抜いたペルージャ戦の一撃(44秒~収録)などがこの動画内に収められているが、いずれもストライカー顔負けと言っていいショットだろう。

 ちなみに、記念すべきミランでの初ゴールは、00年2月12日のボローニャ戦。味方のCKが跳ね返された浮き球を、丁寧な右足のインサイドキックで合わせている(56秒~収録)。“闘犬”ガットゥーゾの意外なシュートセンスが伝わる動画だろう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント