連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】マンU退団のポグバは古巣に復帰? 4年間在籍したユベントス時代の華麗な舞い

YOJI-GEN
 マンチェスター・ユナイテッドは6月1日、契約満了に伴い、フランス代表MFポール・ポグバの退団を発表した。2016年の夏、ユベントスから当時の世界最高額を更新する移籍金1億500万ユーロ(約119億円=レートは当時)で、下部組織時代を過ごしたマンUに加入したポグバ。しかし、度重なるケガにも悩まされ、その移籍金に見合ったパフォーマンスを発揮できたとは言い難かった。

 そんなポグバの新天地として噂に上っているのが、古巣のユーベだ。在籍した12年からの4シーズンで、公式戦178試合に出場、34得点・40アシストの記録を残し、4度のセリエA優勝に貢献。当時の監督であり、現在もユーベを指揮する恩師マッシミリアーノ・アッレグリの下で、あらためて自らの価値を証明しようと、本人も復帰に前向きのようだ。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 そこで今回は、ポグバがかつてユーベに在籍していた頃のプレー動画をお届けする。

 映像を通して伝わってくるのは、マンUではあまり感じられなかった躍動感だ。190センチを超える長身ながら、足元のテクニックが抜群。大きなストライドと繊細で柔軟なボールタッチが融合したドリブルで、マーカーを文字通り手玉に取った。ダブルタッチ、足裏を使ったターン、ルーレットとフェイントも多彩だ。

 キック精度の高さも大きな魅力で、とりわけ中長距離の正確なパスとシュートは、彼の真骨頂と言えるだろう。

 この動画にも、ユーベ時代のベスト5に入るようなミドル/ロングシュートが収録されている。トラップで浮かせたボールの落ち際を強烈に叩いたナポリ戦のボレー(13-14シーズン/20秒~収録)、右足のアウトにかけた糸を引くような弾道を、クロスバーに当ててゴールの左隅に決めたウディネーゼ戦の長距離砲(12-13シーズン/40秒~収録)、味方の横パスを中央に走り込んで受け、小さな足の振りから沈めたトリノ・ダービーのドライブショット(15-16シーズン/53秒~収録)などがそうだ。

自身の価値を大きく高めたユーベ時代のポグバ。マンUでは批判の対象となることも多かったが、その古巣をはじめ、マドリーやパリSGも獲得に興味を示す 【DUGOUT】

 ただ、やはり注目してほしいのは、インテルDFを翻ろうするドリブルワーク(1分06秒~収録)など、その巨躯に似合わない華麗なボールタッチ。ユーベ在籍時、フィジカルとテクニックを高次元で兼備し、近未来のバロンドール候補とも呼ばれた大器は、30歳を目前にして、再びかつての躍動感を取り戻せるだろうか。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント