連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】“エジプト王”サラーのローマ時代 覚醒を告げる「角度ゼロショット」は必見だ

YOJI-GEN

 年明けにエジプト代表としてアフリカネーションズカップを戦いながら、今シーズンのプレミアリーグですでに19ゴールを挙げ、得点ランキングのトップを走るリバプールの大エース、モハメド・サラー。

 スイスの名門バーゼルから2014年1月に加入したチェルシーで居場所を見つけられなかった彼が、その才能を全面的に開花させたのが、セリエAのフィオレンティーナを経て、15-16シーズンから2年間を過ごしたASローマ時代だった。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 それまでも若き快足ウイングとして注目されていたサラーだが、15-16シーズン途中に就任したルチアーノ・スパレッティ監督にセカンドトップ的に使われ、フィニッシャーとして覚醒。右ウイングをスタートポジションとしながら、積極的にゴール前のスペースに飛び込んで行くという現在のプレースタイルを確立している。
 ローマでの1年目は公式戦42試合で15得点・7アシスト、2年目の16-17シーズンは41試合で19得点・15アシスト。エディン・ジェコやラジャ・ナインゴランらとともに、中心選手として攻撃陣をリードした。

 この動画内でも、右サイドを自慢のスピードで切り崩し、体を開いて角度を作ってから、得意の左足でファーサイドに流し込む十八番のシュートパターンがいくつか見られる。なかでも、16-17シーズンのナポリ戦で名手ホセ・マヌエル・レイナの牙城を破ったコントロールショットは象徴的だろう(42秒〜収録)。

 体幹が強くなったこの頃から、エリア外からのショットも格段に決定力がアップ。16-17シーズンのペスカーラ戦で決めたミドル(37秒〜収録)も、フォームにまったくブレがない。

ローマではトッティとも2年間プレーし、メンタル面で多くを学んだ。引退したそのバンディエラと同じく16-17シーズン限りでチームを去り、リバプールへ 【DUGOUT】

 そして、サラーのスピードと技術、ゴールへの執着心が集約されているのが、映像のラストシーンだ。ローマ加入1年目、15-16シーズンの26節・パレルモ戦。ゴール前に抜け出したサラーが胸で弾いたボールはやや長くなり、相手GKにセーブされるかに思われたが、鋭い加速でこれに追いつくと、返す刀で“角度ゼロ”の位置から左足でシュートを放つ。きれいなカーブがかかったボールが、コースを消しにきたDFの背中を通って、静かにゴールマウスへ吸い込まれた。

 まさに覚醒を告げる一撃――。のちに“エジプト王”と呼ばれるサラーが、ワールドクラスへの階段を上り始めた時代である。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント