連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】メッシのアイドルだったアイマール バレンシアの黄金期を支えた天才のきらめき

YOJI-GEN

 母国アルゼンチンの名門リーベル・プレートで10番を背負い、リーグ優勝など数々のタイトル獲得に貢献したパブロ・アイマールが、スペインのバレンシアに引き抜かれたのは2001年1月、まだ21歳の時だった。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 身長170センチと小柄ながら、華麗なテクニックと豊かなイマジネーションでマーカーを翻弄し、その甘いマスクもあいまってサポーターを魅了したアイマール。5年半のバレンシア在籍期間には、2度のラ・リーガ制覇(01-02、03-04)とUEFAカップ優勝(03-04シーズン)をチームにもたらしている。

 小刻みなステップのドリブルワークと、足元に吸い付くようなトラップ、そしてクールに敵の急所を突く一撃必殺のスルーパス。まさしく天才肌と呼ぶべきそのプレースタイルに、少年時代のリオネル・メッシが憧れたという話は、あまりにも有名だ。

 センスの一端が垣間見えるのが、08秒からのシーン。ゴールライン付近への浮き球を足先で難なくコントロールすると、付きまとうマーカーの股の間に足裏を使ってボールを通し、鮮やかに抜き去っている。

 決してゴール数は多くなかったが、シュートセンスにも非凡なものがあった。16秒からの映像は、ダビド・ビジャが加入した05-06シーズンのエスパニョール戦でのゴールシーン。2列目から勢いよくエリア内に侵入し、ビジャのラストパスからフィニッシュに至っているが、結局この2人のコンビはアイマールが06年7月にサラゴサへ移籍したため、1シーズン限定となってしまった。

 小さな体には、意外なパンチ力も宿していた。01-02シーズンの第32節・テネリフェ戦では、スコアレスで迎えた76分、ハーフウェイライン付近から単騎ドリブルで持ち上がると、エリア手前から右足を一閃。矢のような一撃が、左のポストに当たってゴールに吸い込まれている(20秒〜収録)。

 さらに、映像のラストに収められた03-04シーズンのサラゴサ戦でのロングシュートも圧巻だ。ドライブがかかったボールが急激に落下しているのが、横からの映像でよく分かる。

2000年代前半のバレンシアを支えたアイマール。アルゼンチン代表ではリケルメらとともに97年のワールドユースを制し、02年と06年のW杯にも出場した 【DUGOUT】

 サラゴサを退団後、ポルトガルのベンフィカなどを経て、15年7月に古巣リーベルで引退したアイマール。現在はアルゼンチン代表のアシスタントコーチを務めながら、U-17代表監督も兼任している。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント