連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】若きファン・バステンが放った閃光 アヤックス時代の息を呑むビューティフル弾

YOJI-GEN

 第16節終了時点で首位と、今季のセリエAで好調なミラン。2010-11シーズン以来、久々のスクデット獲得に期待が高まりつつあるが、かつて1980年代後半から90年代初頭にかけてこの名門クラブに在籍し、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)連覇など数々のタイトルをもたらしたストライカーが、マルコ・ファン・バステンだ。
 そのミラン時代にはバロンドールを3度受賞(88、89、92年)。世界的な名声を得たファン・バステンだが、今回紹介する動画はイタリアへ渡る前の若かりし日、81-82シーズンから6年間プレーしたアヤックス時代のゴール集だ。

 188センチという長身で、もちろんヘディンシュートも上手かったが、ファン・バステンが「20世紀最高のストライカー」と呼ばれるのは、足元の技術とボディバランスが一級品で、実に多彩なシュートパターンを持っていたからだ。

 映像の冒頭にあるようなループシュートも得意技の1つだった。後方からのロングボールを強引に相手DFからもぎ取ると、飛び出してきたGKの頭上を悠然と抜いている。

 25秒から収録されている2つのゴールのように、緩急をつけたテクニカルなドリブルで相手を1人、2人とかわしてシュートに持ち込むシーンも珍しくなかった。特に足の長さを生かしたまたぎフェイントでマーカーを腰砕けにし、最後は左足のループで沈めた2つ目のゴールは、まさにファン・バステンの真骨頂だろう。

ミランでライカールト、フリットとともに“オランダトライアングル”を形成し、一世を風靡したファン・バステンだが、4年連続得点王に輝くなどアヤックス時代から傑出した存在だった 【DUGOUT】

 ペナルティアーク付近でボールを受けると、3人のDFをダイナミックな左右への持ち出しで手玉に取り、強烈に右足で突き刺したゴール(1分8秒〜収録)もスーパーだが、圧巻はラストに収録されているオーバーヘッドシュートだ。

 86年11月9日のエールディビジ第15節、デン・ボス戦の71分だった。右サイドからヤン・ボウタースが送った柔らかいクロスを捉えたのは、ファーサイドで待ち構えていた背番号9の、お手本のような美しいオーバーヘッドだった。シュートはGKが一歩も動けない完璧なコースに飛んでいる。空間認識能力に秀でたファン・バステンは、こうした難易度の高いボレーシュートも十八番にしていた。

 フィニッシュワークのみならず、ポストプレーや中盤に下がってのプレイメイクでも違いを見せつけたファン・バステン。まさに“ミスター・パーフェクト”と呼ぶべきストライカーは、このアヤックス時代に4年連続でエールディビジの得点王に輝き、ミランへと引き抜かれるのだ。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント