IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【動画】バルサ復帰のダニエウ・アウベス
唸りを上げる超攻撃的SBのパワーショット


 ブラジル代表DFのダニエウ・アウベスが、5年半ぶりに古巣バルセロナに復帰した。


 ユベントス、パリ・サンジェルマンで活躍し、今年9月に母国の名門サンパウロを退団後はフリーの状態が続いていた38歳の大ベテランは、現地時間11月12日に今シーズン終了までの契約でバルサと合意。2008年から8年に渡って在籍し、23ものタイトル獲得に貢献したレジェンドが、再びカタルーニャの地に降り立った。

 バルサでは公式戦391試合に出場し、通算21得点・101アシスト。ここでは、この超攻撃的サイドバック(SB)が、かつてバルサでプレーしていた頃にマークしたスーパーゴールを紹介する。


 セビージャからの移籍後初ゴールは、08年10月26日のアルメリア戦。36分に奪ったトドメのチーム5点目は、強烈なFKによる一撃だった(08秒〜収録)。低弾道の無回転シュートが、GKの前でワンバウンドしてゴールネットを揺らしている。


 同じ08-09シーズンの第14節・バレンシア戦で決めたゴールは、その後のバルサで何度も目にすることになる崩しの必勝パターンから(31秒〜収録)。中盤でシャビがボールをキープし、右サイドを猛然と駆け上がったD・アウベスにスルーパス。ここから中央へ折り返すのが基本だが、この場面では自らフィニッシュに持ち込んでいる。


 武器の1つだったFKは距離を問わず、その球種はカーブ系、ストレート系、ブレ球と多彩。とはいえ、09-10シーズンのアトレティコ・マドリー戦(1分42秒〜収録)のように、30メートル級のFKでこそ持ち前のパワーは生かされた。

超攻撃的サイドバックとして、バルサに一時代を築いたD・アウベス。監督に就任したかつての盟友シャビとともに、悩める古巣を苦境から救い出せるだろうか
超攻撃的サイドバックとして、バルサに一時代を築いたD・アウベス。監督に就任したかつての盟友シャビとともに、悩める古巣を苦境から救い出せるだろうか【DUGOUT】

 中盤でもプレー可能なD・アウベスは、いわば現代版SBの走り。バイタルエリアに頻繁に顔を出して組み立てに参加し、ハーフスペースを突き、ときにストライカーのように振る舞う。


 相手のバックパスを予測して抜け目なく決めたセビージャ戦のゴール(2分31秒〜収録)や、中央に絞り込んだ位置からクリアボールを強烈に叩いたヘタフェ戦のボレー(2分52秒〜収録)などが、その攻撃性能の高さを物語っている。


 レアル・マドリーとのエル・クラシコで奪った唯一のゴールは、11-12シーズンのコパ・デル・レイ準々決勝第2レグ。1点リードの前半アディショナルタイム、D・アウベスの右足が火を噴く。左サイドでの味方のFKが壁に当たり、反対サイドにこぼれてきたボールを迷いなく撃ち抜くと、対角線に飛んだ唸るような弾道がゴール左上隅に突き刺さった(3分08秒〜収録)。


 映像の最後は、15-16シーズンのコパ・デル・レイ4回戦で、ビジャノベンセ相手に決めたロングシュート(3分28秒〜収録)。これが現時点でのバルサ・ラストゴールだ。


 契約上の問題で、バルサ再デビューは年明け1月になる予定のD・アウベス。シャビ新体制となった古巣の再建に一役買えるか注目だが、今度は監督と選手として、映像にあるような盟友シャビとの熱い抱擁が見たいものだ。

YOJI-GEN

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント