連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】規格外の“皇帝”アドリアーノ その短い全盛期に放った強烈なインパクト

YOJI-GEN


 アドリアーノ・レイテ・リベイロ──。かつてパルマやインテル、そしてブラジル代表のエースとして活躍した“皇帝”アドリアーノを覚えているだろうか。

父親の死や恋人との別れが原因でアルコールに溺れ、残念ながらキャリアのピークは長くなかったが、とりわけセリエAを席巻した2000年代前半のパフォーマンスは、まさに「規格外」と呼ぶにふさわしかった。
 今回紹介するのは、セリエA4連覇にも貢献したインテル時代のゴール集だ。

 まず冒頭にあるのが、フラメンゴからインテルに入団直後のプレシーズンマッチ、対レアル・マドリー戦(01年8月)で決めた弾丸FK。途中交代でピッチに立った当時19歳のアドリアーノは、自らが得たFKのチャンスに、クラレンス・セードルフを押しのけてキッカーを務めると、自慢の左足でいきなり衝撃弾を突き刺している。

 フィオレンティーナ、パルマでのプレーを経てインテルに復帰した03-04シーズンのペルージャ戦で決めたゴール(15秒〜収録)には、アドリアーノの突破力、テクニック、冷静なフィニッシュワークのすべてが凝縮されている。マーカーをスピードとパワーで置き去りにしてエリア内に侵入すると、最後は鋭いシザースフェイントからクールにネットを揺らしてみせた。

 そして、今も伝説として語り継がれるのが、翌04-05シーズンのウディネーゼ戦で披露した自陣からの独走ゴールだ(55秒〜収録)。1-0とリードして迎えた12分、単独カウンターを仕掛けたアドリアーノは、まず進路を塞ぎにかかった相手DFを鮮やかなボールタッチで転ばせると、さらに2人を手玉に取って得意の左足で強烈に仕留めている。

 03-04シーズンに古巣パルマを相手に決めた一撃(1分47秒〜収録)も含め、パワフルな直接FKからのゴールも少なくなかったが、映像にもあるように、力押しではない芸術的なコントロール系のFKもレパートリーにはあった。

失踪騒ぎなどもありインテルとの契約を解除された後、古巣フラメンゴで一時的に復調するが、以降もトラブル続きで16年に引退。皇帝アドリアーノの全盛期は短かった 【DUGOUT】

 とはいえアドリアーノの最大の魅力は、やはり他を圧倒するパワーだろう。象徴的だったのが、05年6月12日のコッパ・イタリア決勝第1レグで叩き込んだ、豪快なロングシュートだ(1分59秒〜収録)。30分、最終ラインのマルコ・マテラッツィからの縦パスを収めると、ターンしながら中央へ持ち出し、左足を一閃。無回転ショットがGKの手を弾き飛ばし、ゴール右隅を射抜いた。アドリアーノはその6分後にも、味方のFKを頭で合わせて追加点。実に23年ぶりとなるコッパ・イタリア制覇の立役者となっている。

 私生活の乱れによって、サッカー選手としてのキャリアは“短命”に終わったアドリアーノ。しかし、あの全盛期の強烈なインパクトは今も忘れがたい。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント