連載:海外サッカー動画アーカイブ

【動画】バルサの新監督に就任したシャビ レジェンドの現役時代のアシスト集

YOJI-GEN


 1991年に11歳でバルセロナの下部組織に入団し、98年に18歳でトップチームデビュー。以来、17年間に渡ってこのカタルーニャの名門に在籍し、8度のラ・リーガ優勝と4度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献したシャビが、ついに監督として愛するクラブに戻ってきた。

 2019年の引退後は、現役生活の最後を過ごしたカタールのアル・サッドで監督を務めていたシャビだが、現地時間11月6日に古巣復帰が正式発表され、同8日には本拠地カンプノウで、およそ1万人のファンが見守る中で監督就任セレモニーが行われた。現在ラ・リーガで暫定9位に沈むチームを、このレジェンドがいかにして立て直すか、大きな注目が集まっている。
 現役時代のシャビは、バルサのポゼッションサッカーを操った名司令塔として知られるが、今回紹介する動画は彼のパスセンスが凝縮されたアシスト集だ。

 冒頭のセビージャ戦(14秒〜収録)から続く一連のアシストは、中盤の深い位置から繰り出す、シャビらしい球足の長いラストパス。とりわけ印象的なのが、09年5月のエル・クラシコでティエリ・アンリに届けたパスで、センターサークルから放たれたボールは、CBセルヒオ・ラモスの背後を突き、GKイケル・カシージャスの飛び出しも間に合わない絶妙な位置にピタリと落ちている(31秒〜収録)。ちなみにこの試合のシャビは、4アシストの大暴れ。敵地でのクラシコで6-2の圧勝劇の立役者となった。

 プレースキックの精度もピカイチで、ジェラール・ピケの頭に合わせたようなFK(44秒〜収録)やコーナーキックによるアシストだけでなく、柔らかなカーブをかけたFKで直接ゴールを決めることもしばしば。彼が右足で狙える位置なら、当時はリオネル・メッシも出る幕がなかった。

多彩なパスを駆使してチームメイトを自在に操った現役時代のシャビ。監督としても名スキッパーぶりを発揮し、不振にあえぐバルサを再建できるか 【DUGOUT】

 高度な足元の技術や視野の広さもさることながら、そのボールキープ力も特筆すべきだろう。身体は小さいが、ややガニ股の足で半円を描きながら、相手から隠すようにしてボールを懐に収めると、わずかにできたギャップを見逃さず、一撃必殺のスルーパスを送り込む。

 象徴的なのが、前述したクラシコでのチーム5点目のアシストだ(1分5秒〜収録)。ドリブルでマドリーDFを引き付け、エリア手前でフェルナンド・ガゴのチェックを得意のターンでかわすと、フリーで走り込んだメッシの足元に鋭いラストパスを通している。

 多彩なパスで数々のゴールを演出した名手シャビ。監督としてもチームを巧みに操り、再びバルサに黄金時代をもたらせるだろうか。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント