IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【動画】マドリー時代のV・ニステルローイ
流麗なパス回しから豪快なダイレクトボレー


 収録されているのは、レアル・マドリーの新旧スターによる3つのゴールシーン。いずれもバレンシア戦でのゴールで、見事なコンビネーションやパスワークで敵の守備を崩し、フィニッシュも素晴らしい見応えのある映像だ。

 1つ目のゴール(10秒〜収録)は2010-11シーズンの第33節。6-3とR・マドリー大勝した試合で、カカが61分に決めた自身2点目のゴールだ。


 ゴンサロ・イグアインの右からの折り返しはゴール前のカリム・ベンゼマに合わなかったが、左に流れたボールに追いついたベンゼマが後方から詰めていたカカにパス。カカは寄せてきたCBマリウス・スタンケビチウスの股を抜き、GKビセンテ・グアイタの動きを冷静に見ながらファーサイドに蹴り入れた。


 2つ目のゴール(26秒〜収録)は15-16シーズンの第18節。0-0の序盤戦に、R・マドリーが誇るトリデンテ「BBC」が魅せる。圧倒的な個人能力を持つ3人が、素晴らしいコンビネーションプレーで中央から切り崩した。


 ペナルティーエリア手前でこぼれ球を拾ったベンゼマが、華麗なステップで敵をいなしてガレス・ベイルにパス。ベイルがこれをヒールキックで前方に送り、クサビ役となったクリスティアーノ・ロナウドがベンゼマにはたく。パスに合わせて一瞬スピードを緩め、巧みにボールを収めたベンゼマがそのままゴール左隅に蹴り込んだ。


 極めつけが3つ目のゴールだろう(37秒〜収録)。2006-07シーズンの第31節、両軍ともスコアレスの試合序盤だった。


 前線から引いてきたルート・ファン・ニステルローイが、右SBのミチェル・サルガドからの縦パスを胸で落とし、これを右ワイドに開いていたイグアインが中央のマアマドゥ・ディアラに送る。ここからの展開は流れるようだった。


 イグアインがディアラからのリターンパスをダイレクトでさばくと、ロビーニョが後方にヒールパス。これを受けたフェルナンド・ガゴは、左前方の広いスペースにボールを送り込む。絶妙のタイミングで攻め上がってきたのはミゲル・トーレスで、この左SBの質の高いクロスボールをファーサイドでフリーになっていたファン・ニステルローイが右足で合わせ、強烈なシュートを叩き込んだ。

06-07シーズンのファン・ニステルローイは、リーグトップの25ゴールを記録。R・マドリー移籍1年目から、その傑出した得点力を見せつけた
06-07シーズンのファン・ニステルローイは、リーグトップの25ゴールを記録。R・マドリー移籍1年目から、その傑出した得点力を見せつけた【DUGOUT】

 ファン・ニステルローイのポストワークから、このオランダ代表ストライカーのボレーシュートまですべてダイレクトプレー。一流のタレントたちが織り成す流麗なパスワークと豪快なフィニッシュに、サンチャゴ・ベルナベウ(R・マドリーのホームスタジアム)のファンは酔いしれた。

YOJI-GEN

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント