IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【動画】リベリがロッベンに絶品ラストパス
最強デュオ“ロベリ”が阿吽の呼吸で――


 フランク・リベリ、アリエン・ロッベンの最強ウイングデュオは、後者がバイエルンに加入した2009-10シーズンに誕生した。以降、両雄は同じ18-19シーズンをもって退団するまでバイエルン攻撃陣をけん引し、チャンピオンズリーグ優勝1回、ブンデスリーガ制覇8回など多くのタイトルをもたらした。


 大きな特徴は、右利きのリベリが左サイド、左利きのロッベンが右サイドに位置し、いずれも縦の突破だけでなく、逆足のウイングとして内に切り込む、あるいはゴールに向かい、決定的な仕事をしたことだ。


 独力で局面を切り開くことができるうえ、味方とのコンビネーションプレーで敵の守備を崩し、さらに質の高いラストパスも供給。そして、どちらも得点力も持ち合わせていた。ともにプレーしたのは10シーズン。その間、リベリは公式戦通算91得点・142アシスト、ロッベンは同144得点・101アシストを記録した。


 リベリからロッベン、もしくはロッベンからリベリと、一方のラストパスからもう一方がゴールを決める形も少なくなかった。当動画に収められているのも、リベリ→ロッベンというラインで奪った鮮やかなゴールシーンだ。


 2013-14シーズンのブンデスリーガ開幕戦、舞台はバイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナ。対戦相手はボルシアMGで、開始12分に生まれた先制ゴールだった。


 右サイドを視界に入れながら、敵陣でトニ・クロースからパスを受けたリベリが、すぐに右前方に柔らかいボールを送り込む。敵最終ラインのギャップを突いたパスは絶妙で、右寄りの位置から走り込んだロッベンが左足で合わせ、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの左側を抜いた。

13-14シーズンのリベリはブンデスリーガで10得点・12アシスト。3シーズン連続で得点、アシストとも二桁に乗せた
13-14シーズンのリベリはブンデスリーガで10得点・12アシスト。3シーズン連続で得点、アシストとも二桁に乗せた【DUGOUT】

 リベリがパスを受けた瞬間に走り出し、パスを呼び込んだロッベン。それに呼応し、完璧なタイミングで完璧なラストパスを供給したリベリ。バイエルンの攻撃陣を支えてきた最強デュオが、まさに阿吽の呼吸で奪ったゴールだった。

YOJI-GEN

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント