IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【動画】デ・ブルイネの絶品パスと強烈弾
ビッグチャンスを生み、最後も自らの一撃で

 2017年11月18日、プレミアリーグ12節。無敗で首位を走るマンチェスター・シティは、レスターの本拠地キングパワー・スタジアムに乗り込んだ。シティは9連勝中。インターナショナルウィークを挟んで約2週間ぶりの試合となったこの一戦でも勢いはそのままで、前半終了間際にガブリエウ・ジェズスのゴールで先制する。


 シティに追加点が生まれたのは、後半開始早々の49分。魅せたのはケビン・デ・ブルイネだ。


 大きなピンチを逃れた直後だった。相手のシュートがゴールポストを叩き、そのこぼれ球をフェルナンジーニョが拾うと、シティは瞬時に攻撃に転じる。フェルナンジーニョは走り出していた前方のデ・ブルイネにパス。デ・ブルイネはスピードを緩めることなく背後からのボールを右足でコントロールすると、左サイドを疾走するレロイ・ザネの前に広がるスペースに球足の長いスルーパスを送り込む。大ピンチから一転、ベルギー代表MFの右足が大きなチャンスをもたらした。


 快足を飛ばし、左サイドの敵陣深い位置でボールを受けたザネは、そのままペナルティエリアに進入。敵を十分に引きつけたうえで、密集地帯と化したゴール前ではなく、エリア外にパスを出す。そこに待っていたのはデ・ブルイネ。ゴールのほぼ正面、右足でボールを収めたデ・ブルイネは、その利き足でシュートを撃つと思いきや、左足のアウトサイドで左側に流して寄せてきた敵の逆を取り、左足を鋭く振り抜く。ボールはホップするかのような軌道で密集を貫き、ゴールネットを激しく揺らした。

17-18シーズンのデ・ブルイネ(中央)は8得点・16アシストを記録。チャンスメイクにフィニッシュと攻撃全般に渡って素晴らしいパフォーマンスを見せ、シティ優勝の原動力に
17-18シーズンのデ・ブルイネ(中央)は8得点・16アシストを記録。チャンスメイクにフィニッシュと攻撃全般に渡って素晴らしいパフォーマンスを見せ、シティ優勝の原動力に【DUGOUT】

 ビッグチャンスを作り出し、自身のゴールで速攻を締めくくったデ・ブルイネ。ザネへのスルーパスはコース、スピードとも完璧だったし、ミドルシュートは目の覚めるような一撃だった。だが、素晴らしかったのはそれだけではない。


スピードを落とさずに後方からのパスをワンタッチでコントロールした技術の高さ、ペナルティエリア内に入らず、その外で味方のパスを引き出した判断力、左足に持ち替えてシュートを放った発想力。わずか十数秒のカウンターアタックの中に、デ・ブルイネの傑出したタレントが凝縮されていた。

YOJI-GEN

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント