IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【動画】若きモドリッチのスーパーショット
記憶に残るスパーズ時代の5つのゴール

 今季でレアル・マドリー在籍9年目。すっかり“白い巨人”の象徴的存在となったルカ・モドリッチだが、彼の名が世界に知られるようになるのは、2008年から4年間プレーしたトッテナム・ホットスパー時代だ。


 高度なボールスキルと広い視野を備えながら、守備の労も惜しまない“走れるファンタジスタ”としての魅力は、当時も、35歳となった現在も変わらない。とはいえ、フィニッシュの局面での仕事は、やはり20代前半から半ばまでを過ごしたスパーズ時代の方が多かっただろう。


 今回紹介するのは、公式戦160試合で17得点・27アシストの成績を残したスパーズ時代のベストゴール5選。若かりしモドリッチのキレ味抜群のパフォーマンスを堪能できる。


 5つのゴールのうち4つが、彼の十八番とも言えるパワフルかつ正確なミドルシュートだ。名手ペトル・チェフの牙城を破ったチェルシー戦の一撃(ランキング5位)や、のちにマドリーでもチームメイトとなるガレス・ベイルのクロスを起点に、こぼれ球を強烈に蹴り込んだリバプール戦のゴール(ランキング2位/50秒から収録)など、印象的なミドルが並ぶ。


 そんななか異彩を放つのが、ストーク・シティ戦のアジリティーに富んだゴール(ランキング4位/16秒から収録)だろう。ロマン・パヴリチェンコの横パスを受けて、するするとエリア内に進入。相手DF2人をかわし、最後は左足でGKの股間を抜いている。

35歳となった現在も衰え知らずのモドリッチだが、20代のスパーズ時代は身体のキレが抜群だ。マドリーでも同僚となるベイルと見事な連携を見せていた
35歳となった現在も衰え知らずのモドリッチだが、20代のスパーズ時代は身体のキレが抜群だ。マドリーでも同僚となるベイルと見事な連携を見せていた【DUGOUT】

 そしてランキング1位は、スパーズでのラストゴールとなった、12年5月2日のボルトン戦のパワフルショットだ(1分12秒から収録)。CKの流れから、ゴール中央およそ30mの位置でボールを受けると、バウンドしたボールをきれいに右足で叩く。アウトにかかったシュートは、懸命に腕を伸ばしたGKアダム・ボグダンから逃げるようにして、右サイドネットを撃ち抜いた。


「ファンタスティックゴール!!」、「グレイトゴール!!」、「グローリアスゴール‼」


 実況アナウンサーの絶叫の数々が、モドリッチのフィニッシュの素晴らしさを証明している。

YOJI-GEN

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント