IDでもっと便利に新規取得

ログイン

矢板中央vs.青森山田 4つのポイント
堅守対決、ロングスローにも注目

アプリ限定

近年、高校サッカー界で好成績を収める青森山田と矢板中央が激突
近年、高校サッカー界で好成績を収める青森山田と矢板中央が激突【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 準決勝第2試合は昨年の準優勝校であり、過去5年間でベスト4が1回、準優勝1回、優勝2回という圧倒的な成績を残している青森山田と、2年連続4回目のベスト4となった矢板中央という、高校サッカー界きっての強豪同士の一戦となった。ここでは、この試合を4つのポイントから解説する。

1.堅守対決!

 両チームともに共通しているのが、全国トップレベルの守備力にある。矢板中央はDFラインとMFラインの2ラインで強固なブロックを構築し、進入してきた相手の縦パスやシュートコースを巧みに切る。相手が中央をこじ開けられず、サイド攻撃を仕掛けてきても、左の小出勇翔と右の山越桔平の両サイドバックは球際に強く、クロスを遮断できる守備も魅力だ。


 青森山田は前線からの連動したプレスと、“ゴールを隠す守備”は今年も健在。アタッキングサードまで持ち込まれても、DFが体を張ってシュートコースに飛び込み、ブロックしてピンチをしのぐ。


 今大会でも多くのチームがこの強固な壁を切り崩せずに敗れ去った。特に今年には関しては高体連ナンバーワンセンターバック(CB)の呼び声が高い浦和レッズ加入内定の藤原優大がいる。藤原の良さは空中戦の強さと、対人の強さはもちろんのこと、最後の最後で足が出てくる守備で、多くのストライカーを苦しめてきた。さらに、闘志むき出しのように見えるが、頭はクールで、守備の歪みに気付いてコーチングをしたり、スペースを埋めたりと知的なプレーも見せる。彼の存在によってその牙城はさらに強固なものになっている。


 ともに鉄壁の守備を持つだけに、ここをこじ開けることが勝負を分ける鍵となる。ここからはその攻守のポイントを詳しく見ていこう。

2.前線のトライアングルvs難攻不落の守護神・藤井陽登!

 青森山田において今大会、絶好調なのが安斎颯馬と松木玖生のツーシャドーと、2年生の1トップ・名須川真光の前線のトライアングルだ。松木と安斎は攻守においてインテンシティー高いプレーを連続してできる選手で、ドリブル、パス、そして裏への抜け出しとプレーのアベレージが非常に高い。2人とも昨年からチームのキーマンとなっていただけに、コンビネーションは抜群で、チームの心臓となっている。


 一方で今年は1トップの人材に当初は苦慮していたが、2年生の名須川が急成長。177センチと決して大柄ではないが、体をうまく使ってボールを収める技術に長け、鋭い反転からの突破や、ゴール前に飛び込む精度が高いストライカーに変貌し、準々決勝の堀越戦では2ゴールをマークしている。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント