IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山梨学院vs.帝京長岡 4つのポイント
決勝へ“陣取り合戦”が勝敗の鍵

アプリ限定

山梨学院vs.帝京長岡、決勝進出へのポイントを4つに分けて解説していく
山梨学院vs.帝京長岡、決勝進出へのポイントを4つに分けて解説していく【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 ついにベスト4が出そろった第99回全国高校サッカー選手権大会。1月9日に行われる準決勝第1試合は11年前の選手権王者・山梨学院と、2年連続ベスト4進出の帝京長岡との一戦になった。ここでは、この試合を4つのポイントから解説する。

1.ダブルボランチを中心とした堅守vs両サイドの技術と推進力を生かした変幻自在の攻撃

 山梨学院の今年の武器は長谷川大監督が徹底して構築してきた守備にある。【4-2-3-1】のフォーメーションで、強固なブロックを作るのではなく、奪うポイントを明確にして、ボールホルダーに対して、トライアングルを作って連続したプレスをかける。特に石川隼大と谷口航大の2年生ダブルボランチのインテリジェンスが高く、彼らがボールの動きに目を配りながらも、常に次の展開を意識して、チャレンジ&カバーを繰り返す。チャンスと見るや2人で一気に挟み込んでボールを奪い取って、素早い攻守の切り替えを見せる。


 このダブルボランチをいかに揺さぶれるかが、帝京長岡にとって山梨学院攻略の大きなポイントになる。帝京長岡の左MF上野一心と右MFの1年生・廣井蘭人の両サイドハーフは、サイドバックが高い位置に張り出したときに、サイドバックと2トップの間のスペース、守備側からするとボランチ脇のスペースにどんどん侵入し、相手の守備網にヒビを入れていく。


 この“陣取り合戦”でどちらが上回るかで、この試合の優位性は大きく左右されるだろう。もしかすると帝京長岡は今大会の基本布陣であるダブルボランチの【4-4-2】ではなく、キャプテンの川上航立をアンカーに置く【4-1-4-1】の布陣を敷いて、相手のダブルボランチとマッチアップをさせて前に圧力をかけてくるサッカーも選択肢にあるかもしれない。

2.サイドバックの裏のスペースの活用

 これは1つ目のポイントと連動することだが、帝京長岡は攻撃時に後ろを2枚にして、両サイドバックがワイドの高い位置を取る。そうなったときに山梨学院が狙うのはその裏のスペース。実際に準々決勝の昌平戦でも、帝京長岡と同じように両サイドバックが高い位置をとって攻撃に絡んでくる相手に対し、「局地戦に挑んでくる相手は得てしてサイドバックを高くしてくるので、サイドバックの裏を狙って、相手のベクトルをコントロールすることを意識した」と長谷川大監督が語ったように、奪ったボールを素早く展開し、トップ下の野田武瑠と両サイドハーフを走らせて、そこで起点を作った。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント