IDでもっと便利に新規取得

ログイン

YouTube企画:アカイバ対談
落合語録「収穫は井端の併殺打」の真相
赤星憲広×井端弘和「アカイバ対談」#7

アプリ限定

落合野球の申し子だった井端(左)がその真髄に触れたのは、ファンの中で知られる「収穫はダブルプレー」発言の後だった
落合野球の申し子だった井端(左)がその真髄に触れたのは、ファンの中で知られる「収穫はダブルプレー」発言の後だった【写真は共同】

 スポーツナビ公式YouTubeチャンネルの特別企画として、赤星憲広氏と井端弘和氏の初対談が実現した。2000年代プロ野球の中心選手としてしのぎを削り合った2人が、「監督」をテーマに名将たちとの知られざるエピソードを惜しみなく披露。そして亜細亜大学の1学年差の先輩・後輩として、当時の思い出話にも花を咲かせた。濃密な90分を、全9回に分けてお届け!(12月の毎週火曜・金曜に公開)


 第7回も引き続き落合博満監督について語っていく。代表的な落合語録である「収穫は井端のサードゴロ(併殺打)」発言の裏にあった指揮官の意図、そこから訪れた井端の打者としての成長に迫る。

 なお本記事は、動画では編集の都合で割愛されたトークも含めた完全版として掲載する。

「聞きに言っても即答はなかった」

直接指導を受けることはあったが、井端いわく落合監督は「すぐに即答はなかった」そう。自ら考えて動く重要性を唱えたのだろう
直接指導を受けることはあったが、井端いわく落合監督は「すぐに即答はなかった」そう。自ら考えて動く重要性を唱えたのだろう【写真は共同】

赤星 僕は落合監督との接点はあまりなかったんですけど、ただ、対戦相手として見た時に、やっぱりやりづらかったのはありますね。そういう雰囲気がありました。


井端 ただね、聞きに言っても即答はなかったよ。


赤星 あ、そうなんですね。


井端 1回あったのが、就任して最初、俺は1番を打っていたの。2番が荒木(雅博)で。それで1カ月ぐらいした時に、荒木が1番になって俺が2番になったのよ。


赤星 はい。


井端 そしたら、どっか(の試合)で俺、8回かなんかの終盤に、追い込まれてダブルプレーを打っちゃったの。サードゴロ、そこそこの当たり。「うわっ、やっちゃった……」と思って、ちょっとうなだれるまでは行ってないかも分かんないけど(落ち込んで)帰って、朝起きて、新聞見たのよ。


赤星 はい。


井端 そしたら監督のコメントみたいな枠があって、それを見た時に「今日の収穫は井端のダブルプレー」って出てたの。「何言ってんだ、この人!?」って思うでしょ?


赤星 ハハハハハ(笑)


井端 だって、ゲッツーで負けたんだから、それを「収穫だ」って言われてさ、「え? ゲッツーで収穫!?」ってなって。(試合に向けて)球場に行ってもさ、よく分からないじゃん。


赤星 はい……。


井端 ん〜って考えてもさ、練習してもさ、「聞きに行ってもどうせ、すぐには答えてくれないんだろうな」と思って考えるしね、ずっと。とりあえずそのまま、次の試合を消化していって、やっていくうちに、ちょっと答えじゃないけど、「こういう感じかな?」みたいなものがちょっとピンときた時に、聞きに行ったのよ。


赤星 はい。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント