IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キズナ
近江高校一家で育った世代屈指の遊撃手
「ボールが友達」だった土田龍空の幼少期

初めてのショート挑戦は「毎日発見があった」

ボーイズリーグに入り、初めて遊撃手に挑戦。父のアドバイスを聞きながら次のステップに向けて修正を繰り返してきた
ボーイズリーグに入り、初めて遊撃手に挑戦。父のアドバイスを聞きながら次のステップに向けて修正を繰り返してきた【沢井史】

 中学に進むと湖国ボーイズに入り、硬球を握るようになった。最初に守ったのは外野だった。小学校では三塁と捕手だけをずっとこなし「正直、飽きていたのでやったことのないポジションをやれて、実は少し嬉しかったんです」(本人)。強肩を生かした守備力で、中堅手としてのスキルも上げた。違う景色から野球を見ることで新たな楽しみも増えた上に、ほとんどミスもなく、初めての外野手も全く抵抗はなかったという。その後、ずっとやってみたかったという遊撃手に挑むことになった。


「ショートは肩の強さもそうですが、守備範囲も広くないと守れない。でも、実際に守ってみて難しさを感じました。捕れそうなゴロが捕れないとか……。ミスがなかったらその時の自分に満足してしまう。ショートは守っていても毎日発見があって、ミスがあれば反省して考えて、また次のステップに進めていたと思います。中学のチームは父がコーチではなかったですが、行き帰りの車の中で気がついたことがあれば指摘だとかアドバイスはたくさんもらいました」


(企画構成:株式会社スリーライト)

沢井史

大阪市在住。『報知高校野球』をはじめ『ホームラン』『ベースボールマガジン』などに寄稿。西日本、北信越を中心に取材活動を続けている。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント