IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地元を背負って戦うアスリートの誇り
水中vs.水上のアスリート対談 VOL.3

提供:BOATRACE

アスリートが語るイメージトレーニングの方法とは

【スポーツナビ】

DJケチャップ なるほどね。菊地さんは母校の野球部の子たちにイメージトレーニングを伝授したり、アドバイスをされたりとか。


菊地 ちょっとね、話はしたんですけど、21世紀枠で甲子園に出たので。まぁ単純にその時に話したのは、僕はとりあえず2通りでイメージするんですけど。例えば俯瞰でイメージする場合と……。


DJケチャップ 自分を客観的に見て。


菊地 そう。その時にちゃんと自分の目線のイメージも持っておくようにしようね、っていう話をしたんですよね。


松田 ふーん。


菊地 全体のイメージを見るときは俯瞰で考えるんですけど、例えばプレッシャーを感じられるときとかは自分の実際の目線で見た時をイメージしておいたほうが、その時の瞬間的に感じるプレッシャーが変わるんで。


DJケチャップ なるほど。お二人はイメージトレーニングとかはされたりしました?


松田 やっぱり現役の時はねぇ、レースのイメージはしてましたけど。今、菊地さんがおしゃったようにどちらかというと、こう俯瞰のイメージで考えがちな気がしますね。やっぱりね。

【スポーツナビ】

DJケチャップ 寺川さんは?


寺川 今初めて聞いてビックリしてます。その俯瞰でイメージトレーニングというか、イメージをしたことがなかったので。


松田 あぁ逆か。


寺川 その場にいて感じることばかりイメージしていたんで。実際に本番の時に「あぁこれイメージしてたときみたいな感じだな」って感じることよくありました。

【スポーツナビ】

DJケチャップ なるほど。まぁいろんなね方法、アスリートそれぞれによってイメージトレーニングの方法っていうのを持ってると思いますけれどね。


寺川 面白い。

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント