IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川島永嗣  耐心力
W杯ベルギー戦は勝てる気しかなかった…
「強気」を貫き通した結果、許した逆転

アプリ限定

第4回

「この試合の麻也ほど頼り甲斐を感じた選手はいない」と絶賛する川島。吉田は体を張ったプレーで何度も日本のピンチを救った
「この試合の麻也ほど頼り甲斐を感じた選手はいない」と絶賛する川島。吉田は体を張ったプレーで何度も日本のピンチを救った【写真:ロイター/アフロ】

 あれから4年の歳月が流れ、ブラジルで感じた世界との差を少しでも埋められたのか、それはわからない。ただ、ロシアW杯でベスト16に進出した自分たちに自信を持っていたし、それでいて謙虚さも失わなかった。FIFAランキング3位(当時)のベルギーと対峙しても、勝てる気しかしない。僕だけじゃなく、おそらく全員がそう感じていたに違いない。


 個人的には、運命のいたずらみたいなものを感じて苦笑いするしかなかった。ベルギーは初めての海外挑戦の舞台として選んだ国で、日本では感じられなかった充実感とともに、本当に何度も、とてつもなく苦しい状況や厳しい現実を突きつけられた。そんなめぐり合わせを思えば試合に対するモチベーションは最高潮に達した。

麻也の姿を見て勇気をもらった

 あの国で5年も生活した僕が知っているベルギー代表の特徴を考慮すると、試合の流れの中で彼らにとってネガティブなきっかけを与えることができれば、勝機は必ず自分たちの手に転がり込んでくるはずだと思っていた。


 そして、それは現実になった。


 前がかりになった相手に生まれたスペースを使って奪った(原口)元気の1点目、さらに(乾)貴士のミドルシュートが決まってリードを2点に広げた瞬間、イメージどおりの展開になったことを確認して拳を握った。


「勝負はここからだ」


 残り時間は十分にあった。「隙を見せればやられる」という危機感も、もちろんあった。


 2-0という日本にとって有利な状況とはいえ、ベルギーには乗せれば怖い選手が揃っている。


 猛反撃が始まった。アザールのクロスからのシュートは左ポストを直撃し、ルカクのニアサイドへのシュートはポストの横をすり抜けていった。


 どちらも決められてもおかしくないシーンだった。でも、このふたつのピンチに失点しなかったことで、僕らは自信を深めた。


「これが入らなかったらいける。流れはまだ自分たちにある」


(吉田)麻也が、(昌子)源が、自分の目の前のギリギリのシーンで何度もクリアする。この試合の麻也ほど頼り甲斐を感じた選手はいない。


 麻也とは、ずっと似たような環境で苦しみを共有し、互いに頑張ってここまで来た。センターバックとGK。ともに海外でプレーしながら、ポジション柄、得点はできないし、注目されるのはほとんど失点に絡んだ時くらいのものだ。


 それでも、そんな見られ方を変えたくて必死になってここまで来た。日本人のセンターバックだって、GKだって、世界でやれる。その思いを体現する麻也の姿を目の前で見て、勇気をもらった。ただ、それでも流れを変えてしまう出来事が起こってしまった。

川島永嗣

1983年3月20日生まれ。埼玉県出身。浦和東高校卒業後、大宮アルディージャに加入。名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレを経て、2010年にベルギー1部のリールセSKに移籍。11年から2年連続でチーム年間最優秀選手に選ばれる。その後、同1部の名門スタンダール・リエージュやスコットランド1部のダンディー・ユナイテッドを経て、16年にフランス1部のFCメスに移籍。日本人GKとして初めてヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグ予選に出場。18年8月、同1部のRCストラスブールに加入。W杯は、10年南アフリカ、14年ブラジル、18年ロシアの3大会連続で出場し、日本代表のゴールを守った。受賞歴は、09年Jリーグベストイレブン&フェアプレー個人賞など。英語・イタリア語・フランス語など、複数言語を話すことができる。185センチ、74キロ。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント