IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心を整える。
『読書は自分の考えを進化させてくれる』
僕のオールタイムベスト5

アプリ限定

第6回

2010年南アW杯前、スイス合宿のためジュネーブ空港に到着した長谷部(右)。普段は大量の本を日本の空港でまとめ買いし遠征に臨むが、この時は……
2010年南アW杯前、スイス合宿のためジュネーブ空港に到着した長谷部(右)。普段は大量の本を日本の空港でまとめ買いし遠征に臨むが、この時は……【写真は共同】

 試合に負けて気分が沈んでいるときも、逆に試合に勝って高揚しているときも本を読むと心が落ち着く。


 負けたあとなら、乱れた気持ちを整えてくれる。


 勝ったあとには、浮わついた気持ちを抑制してくれる。


 本を読んでいるときはその世界に入り込みたいので、誰にも話しかけられたくない。自宅のソファに座って、音楽を消して読む。チームの移動中に本を読むときはそうはいかないので耳栓をするか、もしくはiPodで読書の邪魔にならないようなリラックス系の音楽を聴いている。


 幼少の頃から本に親しんできたわけではなかった。本を読み始めたのはプロになってから。きっかけは、とある先輩が移動中に本を読んでいる姿を見て、カッコいいなぁと思ったから……。プロサッカー選手というのは、長時間練習をするわけではないから、意外と空き時間が多い。そういう時間を有効活用するためにも、僕は本を読むようにしている。

 浦和レッズ時代は東野圭吾さんや宮部みゆきさんといった人気作家の小説を読むことが多かった。ドイツに行ってからは哲学系の本が圧倒的に増えた。それはデール・カーネギーの『人を動かす』という本に出会ってからだ。ドイツではひとりでいる時間が増えて、よりサッカーや人生のことを深く考えるようになったからというのも関係しているだろう。とはいえジャンルを限定してしまうと自分の幅まで狭めてしまうような気がするので、今はいろいろなジャンルの本を読むようにしている。


 ちなみに、ドイツではデュッセルドルフやハンブルクに行かないと、日本語の本は手に入らない。だから、いつも渡欧前の日本の空港でまとめ買いをする。機内持ち込みのスーツケースの半分くらいを本が占めてしまうこともある。


 ただ、ワールドカップのときには空港でまとめ買いという思惑が外れてしまった。合宿地のスイスに向かうフライト時間が深夜で空港のお店が軒並み閉まっていたのだ!(当然ですが……) その時点で僕が持っていた本はたった3冊だけ。結局スイス合宿からワールドカップまでの約1ヵ月間、この3冊だけで過ごすことになってしまった。


 そのうちの一冊が、『超訳 ニーチェの言葉』(ディスカヴァー21)だった。この厚い本をゆっくり読み込むことができたという意味では、逆に所有数が少なくて良かったかもしれない。

長谷部誠

1984年1月18日、静岡県出身。3歳でサッカーを始め、青島東小のスポーツ少年団、青島中サッカー部を経て名門・藤枝東高校入学。2001年の全国総体準優勝。2002年浦和レッズ加入。2008年にドイツ・ブンデスリーガへ移籍。翌年、ヴォルフスブルクにてリーグ優勝を経験。現在はアイントラハト・フランクフルトの主軸として活躍している。2018年にはドイツカップ優勝を達成。ワールドカップでは、南アフリカ、ブラジル、ロシアの3大会連続でキャプテンを務めた。日本代表のキャップ数は114。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント