IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心を整える。
『競争は、自分の栄養になる』
藤枝東、浦和、ドイツで成長できた理由

アプリ限定

第5回

ドイツに移籍して1カ月が経った頃、チームメイトのジョスエ(左)とは紅白戦で激しくやり合った
ドイツに移籍して1カ月が経った頃、チームメイトのジョスエ(左)とは紅白戦で激しくやり合った【写真:アフロ】

 代理人(当時)のロベルト佃さんから、こう言われたことがある。


「ハセのいいところは競争を怖いと思っていないこと。まあ、ヨーロッパや南米の選手なら、それが当たり前なんだけど、日本人では珍しいね(笑)」


 ロベさんはアルゼンチン出身の日系人で、子どものときから本場のサッカーに触れてきたので、プレーを見る目がすごく肥えている。横浜F・マリノスの通訳や強化スタッフとして働いた経験があり、見た目は日本人なのだけれど、物の考え方とサッカーの見方は完全に“南米流”だ。常にレベルの高い要求をしてくれるので、すごく刺激になっていた。僕の他には俊さん(中村俊輔)や、アベちゃん(阿部勇樹)、長友(佑都)、岡崎(慎司)などの代理人を務めている。


 僕がドイツに移籍したときには、「Jリーグでは上半身から相手に当たっていたけれど、ヨーロッパでは下半身でぶつかるイメージにした方がいいよ」とアドバイスしてくれた。


 実際にドイツでそれを意識してみると、筋力トレーニングの効果もあって、だんだん激しいぶつかり合いでも耐えられるようになっていった。ブンデスリーガで2、3試合プレーしたとき、「下半身から当たれるようになってきてるね」と電話で言われたのが、すごく嬉しかった。僕が何を課題にしてプレーしているかも、いつも気がついてくれる。そういう観察眼を持ったロベさんが「競争を怖がっていない」と言うのだから、自分では意識していなかったけれどそうなのかもしれない。


 ドイツに移籍して、ちょうど1カ月が経たった頃のことだ。当時マガト監督は僕を中盤のいろいろなポジションで起用し、右MF、左MF、1ボランチで試していた。1ボランチのレギュラーを務めていたのは、ブラジル代表のジョスエ。身長は169センチないが読みが鋭く、足下に矢のようなスライディングを仕掛けられる、守備能力の高いボランチだ。左MFにはドイツ代表のゲントナーがいるので僕自身は右MFに落ち着くのかな……と考えていた。実際、時間が経つにつれて、右MFでの出場が多くなっていった。


 しかし、ある練習の紅白戦のとき、マガト監督は僕に1ボランチの位置に入るように指示した。僕はポーカーフェイスを保ちつつも内心驚いた。

 当然、そこが定位置のジョスエは面白くない。紅白戦が始まると僕の存在を無視するかのように1ボランチの位置に入り込んできた。あたかも、ここはオレの場所だ、とアピールするかのように。


「ふざけんな、絶対にどかないぞ」


 確かにジョスエは世界最高峰のボランチのひとりだ。ただ、いくら新入りだからといって自分からポジションを差し出すつもりはない。そんなことをしたら、ドイツに来た意味がなくなってしまう。それにこれは監督の指示でもあるから、僕から譲るわけにはいかなかった。


 しばらくの間、2人が同じ場所にいるという異常な状態が続いた。組織のバランスなんてもう無茶苦茶。勝たなければいけない敵は相手チームではなく、チームメイトだった。


 見かねたマガト監督が怒鳴った。


「ジョスエ! オマエのポジションはそこじゃない!」


 形としては僕に軍配が上がったが互いに譲らなかったのだから、痛み分けだ。


 その後、再びジョスエは1ボランチで起用されるようになり、僕は右MFが定位置になった。もしかしたらマガト監督は、僕を使ってジョスエに危機感を植えつけたかったのかもしれない。それでもあのときポジションを譲らなかったことは、「ハセベは頑固だ」と、チームメイトになめられないという意味で、すごく大きかったと思う。

長谷部誠

1984年1月18日、静岡県出身。3歳でサッカーを始め、青島東小のスポーツ少年団、青島中サッカー部を経て名門・藤枝東高校入学。2001年の全国総体準優勝。2002年浦和レッズ加入。2008年にドイツ・ブンデスリーガへ移籍。翌年、ヴォルフスブルクにてリーグ優勝を経験。現在はアイントラハト・フランクフルトの主軸として活躍している。2018年にはドイツカップ優勝を達成。ワールドカップでは、南アフリカ、ブラジル、ロシアの3大会連続でキャプテンを務めた。日本代表のキャップ数は114。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント