IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【桜花賞】プライド懸けた予想対決
ウイニングポスト開発陣vs.競馬AI

アプリ限定

3歳牝馬クラシック第一冠・桜花賞。今週はあの競馬ゲーム『ウイニングポスト』開発スタッフがAI打倒に名乗りをあげてくれた
3歳牝馬クラシック第一冠・桜花賞。今週はあの競馬ゲーム『ウイニングポスト』開発スタッフがAI打倒に名乗りをあげてくれた【©コーエーテクモゲームス All rights reserved.】

 緊急事態宣言が発令されたことで心配されたJRAの開催だが、引き続き無観客で行われるということで、競馬ファンにとってはひと安心の週末を迎えられることになりそうです。


 開催のために努力していただいている騎手、調教師、厩舎スタッフ、牧場スタッフ、馬主、JRA職員ほか、競馬関係者の皆さま、そして懸命に走り続けるサラブレッドたち、本当にありがとうございます。


 さて、競馬が予定通り行われるということは、日曜のメインレース・GI桜花賞の予想にもいつも以上に力が入るというもの。先週の大阪杯では競馬予想AI『VUMA(ヴーマ)』が、◎ダノンキングリーから3連複1,350円をしぶとく的中! 儲けは少なかったかもしれませんが、まずは「当てる」ことが何より大事なのです。


 その意味では、昨秋のGIシリーズで12戦7勝という高い的中率をマークしたVUMAの“目”は、この春も相変わらず鋭いまま。有力馬がひしめくこの桜花賞も大いに頼りになりそうです。


 一方、絶好調の予想AIに対し、今回立ちはだかる「人間代表」は、好評発売中の大人気競馬シミュレーションゲーム『Winning Post 9 2020』の開発スタッフだ。

“人間代表”は最新作が発売されたばかりのウイニングポスト。リアルでもゲーム内でも競馬漬けの開発スタッフがAIに挑む!
“人間代表”は最新作が発売されたばかりのウイニングポスト。リアルでもゲーム内でも競馬漬けの開発スタッフがAIに挑む!【©コーエーテクモゲームス All rights reserved.】

 プレーヤー自身が馬主となり自分だけの競馬世界を作ることができる『Winning Post(ウイニングポスト)』シリーズの最新作である本作には、アーモンドアイ、コントレイルといった現役馬からディープインパクトなど歴代の名馬まで、13,000頭以上の史実馬が登場。それらの馬でビッグレースを勝つもよし、ライバルとして自家生産馬で立ち向かうもよし、まったりスロー馬主ライフを送るもよし、それぞれの遊び方でリアルな競馬ライフを送ることができるゲームとなっている。


 そんな競馬の世界を研究し尽くしている『Winning Post』開発陣が導き出した桜花賞の本命馬とは!?


 競馬予想AI×競馬ゲームを作る人間、桜の女王を見抜くのは果たしてどちらか?

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント